あペ しんぞう   -つかれたもん(笑)-

お前はすでに死んでいる。
でも、長生きしてね、日本のために。
保守の「希望」が「黒いマント」になり果てた現実。

自由 小沢代表 首相の憲法改正めぐる発言は二転三転

2017年05月10日 | それ以外
自由 小沢代表 首相の憲法改正めぐる発言は二転三転
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170509/k10010975231000.html

「 自由党の小沢代表は記者会見で、

 「 安倍総理大臣の憲法改正をめぐる発言は二転三転している。

   そのつど状況を見て、都合が悪ければ、『こっちだ』、『あっちだ』と言っており、
  本当に憲法の問題を真剣に考えているのか疑わしい。

   こそくで、きちんとした議論ではない」

 と批判しました。」



 やっぱ、悪魔は悪魔のことを見抜いてるなぁ。。。

 そりゃその通りだよね。

 通常では、憲法のことを言えば、支持率が下がるので、そうしたことを言わない。

 それが、突然、言い出した。

 しかも、年を指定して「やる」とまで言っている。


 まぁ、目的は「森本そらし」、それ以外ないし、それだけのため。


 森本そらしができて、共謀罪が確定すればいいわけ。




 あとは、2017年を無事に過ごして、日本は我が物、となった。

 美しい日本。



 国家社会主義の到来。



『政治』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« 自民・石破氏 総裁選への立候... | トップ | 森友問題、安倍首相はケリを付... »