世界遺産ダージリン鉄道の魅力

Darjeeling Himalayan Railwayを隅から隅まで見てみたい・・・・・物好きオヤジのあくなき旅路

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Tindharia工場

2010年05月24日 | 旅行
 直しているのかどうかはよくわかりません.前回の時には元気よく動いていましたが,人間と同じで,動脈硬化もあれば心臓発作もあるでしょう.満身創痍の100年の鉄道です.今さら新造のSLなんてあり得ませんから,継ぎ足し継ぎ足しで生きながらえて現状です.それにしてもこのカマ直るの?です.
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ダージリン最高のホテルWinda... | トップ | チャパティ焼きの名人!! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
世界遺産が大スキ (KA0rinri(^ω^))
行ってみたい世界遺産など・・・