「flash+back」

私の愛車の「過去・現在・未来」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

比較・・・

2017-07-06 18:58:13 | Weblog

マツダロードスターが家に来てから

7か月ほど経過した。

 

足回り、そしてエンジンやミッションなど・・・

各部が自分の一部になった感はある。

 

ひとことで印象を述べれば

『真摯』

 

・・ひたすら真面目に拘り抜いて、この車を多くの

エンジニアたちが関わって作り上げてきたたことが分かる。

 

オーナーになって、いろいろなシチュエーションで

走り抜いてみると・・・形而上的な意味合いで

 

メカニズムの暖かみを

感じ取ることができる。

 

同時に・・

メカニズムのクールさを

仔細に感じとることも出来る。

 

 

車が好きで好きで乗り継いできた方には、絶対に、すぐに

受け入れられるスポーツカーだと思う。

 

暖かみはエンジン。

熱さににも繋がる「情」熱的な印象。

 

クールさは、スタイリング。

ラインから醸し出されるものは、

理想的オープンスポーツ像の体現。

 

 

その存在に限っては・・国産車、外車の分水嶺などは

それほど、

意味のないものとさせている。

 

 

今回は、

数値で情熱の『熱源』エンジンフィールを、兄弟たちと

比較してみたい。

 

・・5点満点。

 

    極低速   低速      中速      高速     高速+        フィール

   ~1500rpm  1500~3000rpm  3000~5000rpm  5000~6500rpm  6500~7500rpm

ND  3      3       3       3       4        5

RF  4      4       4       4       -        4

124 3      4       5       3       -        3

 

愛機  3      3       4       4       5        5

※ECUチューン  吸気変更  超高性能添加剤NC-80  ICE  FUSE  SEV・・・

 

 

 

『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オイル交換に対する見識 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。