「flash+back」

私の愛車の「過去・現在・未来」

気持ち的に「ON」な車

2007-05-24 18:51:02 | Weblog
試乗したことが無い車含めて、雑誌の価格表を
眺めながら、私的にONな車を「ピックアップ」
してみました。

マークX・Sパッケージ
えっ?と、言われるかもしれませんが、私は認
めています。所有したいとは思わないけど、意
外に経年変化に耐える嫌味のないスタイリング
だと思います。・・ISどうしたの?ミニバン
否定の快いさを貫く、お父様への賛同&応援点。

マーチ12SR
メーカーチューンドコンプリート。楽しい数少
ないモデル。後期型はタコ足付きとか。スタイ
ルが惜しい(これは仕方無しですよね)。

Zロードスター
ロードスターのZは特に斜め後ろからの眺めは
雰囲気があって良いです・・ブルーが鮮やか。
(暫く並んで走行しながら見学・笑)

新デミオ
マツダの戦略車。存在感が浮き出る感じです。
アクセラのようにフォードにシャーシを提供?
スポーツモデルが出れば、反響ももっと凄い
かもしれませんね。

RX-8
コレだけ時間が経っても色あせないスタイルも
凄いけど、この車で水素自動車を製作する意向
に共鳴したいと思っています。水素ロータリー。

ロードスター
若い人やオープン好きの方に、楽しさをいつの
時代も提供しようとする姿勢はいいですね。

CX-7
SUV大嫌いですけどスポーツカーの味をこの
車で体現するのはありだと思います。スタイル
も個性的でダウンサイジングの知的思考を強調。

シビックタイプR
輸出用のフィットベースとは違う日本のタイプ
R。ヘタレで年寄りの私には無理ですけど、こ
ういう車が存在するだけで今や嬉しい。

インプレッサ1.5
ロングストローク設計の新水平対抗エンジン。
初めてでしょうか・・ロングストローク設計は。
トルクが強くて乗りやすい1.5Lとは思えな
い優秀で滑らかなエンジンでした(次世代用)。

スイフト1.3
この素の1300ccをマニュアルで乗った時
に、凄いと思いました。「外車と勝負できる」。

スイフトスポーツ
盟友ロバートさんが拘りぬいて選んだ車だから。
乗っているオーナーさんが幸せそうに見えるし
自分でパーツを組んでセンス良くモディできる。
走り好きの若い子たちでも充分手に届きそう。

今回は国産編

次回は外車編・・
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« B3 | トップ | 気持ち的に「ON」な車 (2) »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マツダ♪ (Alain)
2007-05-25 21:22:32
RX-8 と ロードスターは 心底 ドライビングを楽しむ
セッティングになっていますね。
限界を低めにして 何でも出来る足に仕上げてあるように感じます。
グリップは もちろん ドリフトも その気になれば簡単でしょう!?
対極に位置するのが ホンダと思います。
非常に ブレーキングが難しいので ミスをすると 途端に アンダーになります。
従いまして どちらが楽しいかは 一目瞭然でしょうね!?
断然 マツダ♪(笑) 本当に素晴らしい 魂 を注ぎ込んでいる貴重なメーカーですよね♪

あとは スイフトは 非常に興味はありますね。
よく すれ違いますので コーナーなどの 挙動を見ます。
ダンパーもコストがかなりかかっているようで しっかり吸収して バランスを保っていますね♪
デザインも高次元でバランスしておりますし。。。

個性 & 真面目に作っているメーカーは 素晴らしいですよね♪

B4 も♪ 
ロードスター (ryo)
2007-05-25 21:46:56
ロードスター3代目はそれほど売れてはいませんが、メーカーは計画段階で承知のことなのでしょう。このモデルは世界自動車社会の中の存在としては大きいですよね。

マツダやスバルは真面目なメーカーです。技術面を追い求める余り過去に失敗していますが、商売は不器用ながらも真面目なメーカーさんですよね。真面目で真摯。Alainさんのデミオもマツダ再生の立役者ですものね。

ロードスターの諸元で「MTモデルで1090kg」・・ここに感心&共感した次第です。スイフトのダンパーはモンローを使用していますね。乗り味とスポーツスペックを両立した製品です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。