鮎と戯れて・・・魚族に感謝

東北地方を中心とした短い夏のあまり多くない鮎釣りの記録。家族に感謝して。近くの広瀬川の環境等にも拘るも、オフは時事問題も

おっ ダイワからも!野球は?

2017-06-10 16:06:16 | 思いつくまま

    

 折角夫婦で見に行ったのに・・・・。 だからなのかなあ~いつも東北楽天は負けてしまう・・・。

 

 仙台にも強烈な個性集団”広島カープ”の大好き応援団がいるのですね。かくいう我々家族もセリーグでは昔から広島ファンなのです。 きょうの第2戦目はいまのところ1-1の同点ですね。(6回表) やはりいい投手が投げるときちんとした試合となります。

 球場の周りにはいろんな出店があり、いろんなものが売られています。もちろん広島ファンのためのグッズも。なかに入ってきました。市外にいる二男のために、広島ファンの息子のためにと何を買うか物色したのですが、子どものころから好きだったドラえもんのタオルがいいかなと買いました。

  

                  

   これで一枚のタオルです。

 またきのうのことです。ようやくというかはじめて見つけました、バッタの幼虫です。嬉しくなりました。   

  実物は写真よりも小さいです。 

 そして分流には小魚が一杯群れていました。

 

 

     これらは大きい方です。

  ちびはこんなものです。以上きのうのこと。

 

 この前はシマノから封書が届きました。きょうはダイワから来ました。 やったーと喜びましたが、なんか薄い。薄すぎる。いつもはもっと厚いはずなのに・・・・。もしかして落選通知かなと不安がよぎりましたが、・・・。

                      

 講習会、レベルアップのための講習会の案内でした。 過去の大会の成績でいつもパッとしないから、もう少し腕を上げてから大会に参加してはどうかということか?なんてことも思いましたが・・・・。

 

 でもこの文面を読むと、「マスターズに参加いただく方々を対象に」とあります。ということはマスターズの惨禍(いつもこういう状態なので、うまいこと漢字変換したな!?)ならぬ参加はOKと理解していいのでしょうか。

 

 でもそれは深読みしすぎのようですね。募集要項では「南東北地区参加申し込み者対象」となっていますので、単に申込みした人に送ったということになるのでしょう。

 

 不満なのは「ダイワ鮎テスター陣」の陣容が書かれていないことです。誰が来るのかによって行ってみようとなるじゃないですか。 瀬田匡志さんが来るのなら、参加してもいいなあと思うのですが。

 午前11時過ぎに河原へ行きました。

 

 河原はかなり除草されていました。きれいになっています。すぐに草は伸びるのですが、一時的にせよきれいさっぱりするのはいいことかなです。私も髪の毛を切りました。夏向きに短く刈っと(カット)しました。

               

 

              

 

        

 見てお分かりのように水量は減る一方です。

 

 

 今試合は7回の裏に入りました。東北楽天の応援歌とともに赤い風船が飛びあがります。上空を埋め尽くします。きのうも夫婦で風船を飛ばしました。ジェット風船ですか。でも悲しいことに私は肺活量がないために風船が膨らみません。我妻に膨らませてもらいました。いやお恥ずかしい限り、情けない。 赤と白の二つがあり、それぞれ4本入って200円でした。一応紅白の風船をかいましたので400円です。

 本流の右岸崖下です。

 何をしているのでしょうか?話し合っているのかな。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 広島は強い、もう眠い | トップ | あの日から6年3か月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思いつくまま」カテゴリの最新記事