鮎と戯れて・・・魚族に感謝

東北地方を中心とした短い夏のあまり多くない鮎釣りの記録。家族に感謝して。近くの広瀬川の環境等にも拘るも、オフは時事問題も

きょうも暑いです、ダイワからの贈り物

2017-07-12 17:14:39 | 思いつくまま

 

       

 

              (以上の3枚はきょう午前のものです。)

 いやあきのうのプロ野球、東北楽天VSソフトバンクの試合、すごかったじゃないですか。則本が投げて、東北楽天としては必勝のパターンで試合に臨んだわけです。 それがあっというまに則本が打たれて4点も取られ、打線はさっぱり打てず、零点が続くだけでした。

 それが外国人の活躍で何とか同点まで持っていき、最後は銀次の決勝打で1点勝ち越し、何とか逃げ切りました。 前回の同カードの3連戦は、ともに1点差のゲームでしたが、きのうもそうでした。パリーグの首位攻防戦だけのことのある内容の濃い試合でした。 きょうは岸が投げます。果たして試合の結果は・・・・・。

  

 きのうのことの続きです。まずはダイワ鮎マスターズ南東北大会から。私の試合の模様はきのう書きました。きょうは参加賞としてダイワからいただいた物を紹介します。今年は結構いいものであったなあと思った次第です。

  (再掲です)

 シマノはいつもこれです。

               

  これは汗拭き用タオルでしょうか。

 これはバックです。

 財布と言った方がいいのかもしれません。なかを開いてみるとこうです。

  カードや現金が入れられます。

 小銭入れかなと思ったのですが、

 奥さんは名刺入れではないかといいます。大きさはそんなものです。

 これが小銭入れでしょうか。

 開いてみるとこうなります。 

  小銭入れは過去にシマノからもいただきました。これです。パピルス製品のようです。

   (シマノから)

 そしてそれらはすべてこれに収納 

 そしてお土産の一つはこういうサクランボです。ルビーの宝石ではありません。

  「月山錦」というようです・

 まだ食べてはいません。

 これは「月山錦」のうちでも一番安いサクランボのパックです。一応念のため。

 

 そしてきのうの夕方河原を歩きました。 そしたら分流に釣りをしてる若者たちがいました。 

  ハヤが釣れました。 

              こんな可愛いハヤです。

 餌は何かと聞いたら、パンだと言います。この前の女性も最初はパンでした。最初の頃はパンでもすぐに掛かったと言っていました。その後飽きたのかなかなか食いついてくれないと言っていましたね。 

 

 

 そして広瀬川本流には釣り人ではなく、男性の外国人が3人裸姿でいました。そのうちの二人はとっても気持ちよさそうに川に入っていました。浸かっていたと言った方がいいかも。

 

 まるで露天風呂気分じゃないですか。 これだけ広瀬川は減水しています。

 

 

 

 そうそうとっても珍しいトンボもいました。

 

 シオカラトンボ?でしょうか。であれば、であってもこういうトンボは何十年振りに見たのでしょうか?!

            

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« あの日から6年4か月、ダイ... | トップ | 折角の雨も・・・、分流の鮎 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

思いつくまま」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL