鮎と戯れて・・・魚族に感謝

東北地方を中心とした短い夏のあまり多くない鮎釣りの記録。家族に感謝して。近くの広瀬川の環境等にも拘るも、オフは時事問題も

解禁を迎えるに当たって、

2017-06-30 13:49:17 | 広瀬川

 きょうもいい天気です。雨は全く降りそうにないです。 きょうは”鮎の年度”で言えば「大晦日」で、あした晴れて「お正月」を迎えるとでもいうのでしょうか。 仙台は25.9度とか言っていました、ラジオです。

 

 右岸河川敷の広場では若者たちが野球?に興じていました。

 

 解禁を明日に控えて午前中牛越橋から澱橋までの約1キロの広瀬川の様子をご紹介いたします。明日の釣行の参考にでもしてもらえればいいですか。

 

 水力発電所からの放水量はいつも通りです。

 

 上の写真を見て如何に広瀬川が減水しているかお分かりになるでしょう。橋は牛越橋です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 どうでしたか?参考になりましたか? 水量が少ないでしょう。どうなるのでしょうね、このままでは。 ここに何人の釣り人が集まるのでしょうか?たまにはたくさんの釣り人でにぎわってほしいものです。何しろ盆と正月が一緒に来た日ですから。

 

 分流の様子も少し。

 分流の鮎は元気です!!

 

 この塊も小魚です。きのうは見なかったのですが。鮎よりもちょっと小さい魚の群れです。第2の群れ。何百匹いるか分かりません。 上を少し拡大したのが下の写真です。

 

 

 ではいよいよ最終準備といきますか。でもまだ何時に、どこに入るかは未定です。悩ましいですが、これも解禁前のドキドキ感、楽しみでしょうか。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私は鮎になりたい!? | トップ | 祝 広瀬川鮎釣り解禁! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

広瀬川」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL