鮎と戯れて・・・魚族に感謝

東北地方を中心とした短い夏のあまり多くない鮎釣りの記録。家族に感謝して。近くの広瀬川の環境等にも拘るも、オフは時事問題も

もしかして鮎?

2017-06-20 14:21:31 | 思いつくまま

   

                (午前9時10分頃)

 きのうは24度まで気温が上がりましたが、その割には河原の風は涼しく感じたのですが、きょうはあさから文句のない快晴となっています。あったかいです。

            

 

 いよいよみちのく地方も鮎釣り解禁まであと残すところ10日となりました。ようやく準備に取り掛かっています。 でも何回も言っているように、広瀬川は渇水に近い状態なのです。まだ渇水とまではいきませんが、このままいけばそうなってしまうでしょう。

 

 あさって当たりは雨模様で、そのころようやくみちのくも梅雨入り宣言かなとも思いますが、今週あたりそれなりの量の雨が降って欲しいです。雨が降って川底をきれいにして、その後強い陽射しも続いて、川底の石にコケが一杯付いてくれたら最高ですね。

      

 まあニンゲンの勝手な思いと自然現象はつながりませんでしょうから、あと10日後はどんな天気となるのか不安は尽きません。どう転んでも解禁日だからといって昔のように鮎が釣れるとはならないでしょう。残念ながら期待はできませんね。でもまあ何にしろ鮎釣りが解禁してくれないとその後が続きません。

 

 以下の3枚の写真は本流の様子です。水量が足りません。

 

 

 

 そんな中でも分流には魚が一杯群れています。たくさんの大小の群れをつくっています。

 

 

 魚に交じってこういう鳥もいました。この前のカモの子どもが大きくなったのかなと思ったのですが・・・・。

 かなり小さかったのです。

 でも飛び去りました。もう一人前でした。

 

 

 

 この群れが一番大きくかつ魚自体も大きいです。もうこの群れに敵対できる群れは分流にはいません。 カメラからパソコンへ取り込み、一枚ずつチェックしているときふと思いました。 この魚は当然ハヤ、アブラハヤであろうと思っていたのですが、拡大して見ると本当にそうかなと???に思ってしまいます。

 

 去年の9月以降長らくお目にかかっていない鮎ですが、この大きな魚の群れはもしかして”鮎の群れ”ではないか?と思ってしまった次第です。鮎か、鮎でないかもう見分ける力が無くなってしまったかのようで、誠にお恥ずかしい次第ですが。

 

 

 

                    

  

     大きさは12~15センチくらいかな  

  鮎です!よね?

 賢明な読者の回答をお待ちしています。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 咲いているところには、 | トップ | 予報どおり雨です、 »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
鮎でしょ!! (海坊主智)
2017-06-20 21:20:55
お久しぶりです。
どこから見ても立派な鮎に間違いないですね。今年は期待大ですね。
多分… (鮎川)
2017-06-20 21:31:33
鮎に見えますが… 今年もそれなりに天然遡上いるようですから、水量次第で良い釣り出来ると思いますが… 100匹は心・技・体揃わないと難しいですが、普通に30〜40匹は釣る予定です(笑)
海坊主さん、鮎川さんへ (newone)
2017-06-21 06:32:13
 早速のご回答ありがとうございます。心強いです。
 分流にでさえこれだけの鮎がいるとうことは本流はもっとすごいのでは・・・・と思ってしまいますが・・・・・

 
沢山居ますね! (Nokky)
2017-06-24 14:33:57
間違いなく鮎ですね!
何だか嬉しくなっちゃいます。
Nokkyさんへ (newone)
2017-06-25 07:13:29
 訪問ありがとうございます。

 みなさまのご返事でアユであろうと自信が付きました。

 本流で釣れるか?縄張りを持ってくれるか?と考えると???なところがありますが、何にしろどこであれ”鮎が居る”のは嬉しいですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL