傍観者の独り言・戯言

団塊世代の手前勝手な放言
ブログ「傍観者の独り言」の続編

豊洲市場:土壌汚染処理が未達・未検証はお粗末ですね。(雑感)

2017-05-19 11:14:35 | 独り言

東京都は、豊洲市場は、三たび高濃度ベンゼンを検出と発表に、専門家会議は追加対策で、土壌の汚染を環境基準以下に抑える「無害化」を目指せるの見解に混迷中ですね。
当方は、豊洲市場問題は、他人事で、安全・安心には関心が無いが、土壌汚染処理が性能未達に未検証なのに、早期移転の情勢には違和感を持っていました。

時事通信の記事『豊洲市場、三たび高濃度ベンゼン=専門家会議「追加策で抑制可能」-東京都』(2017/05/18)で、

“「東京都の築地市場(中央区)からの移転が延期された豊洲市場(江東区)をめぐり、都は18日、11回目となる地下水調査の結果を公表した。前々回と前回に続き、環境基準を上回る有害物質のベンゼンを高濃度で検出。前々回は基準の最大79倍、前回と今回は同100倍だった。」”

と、地下水モニター調査結果は、前々回・前回・今回とも環境基準を上回る測定値を公表し、朝日新聞の記事『豊洲の追加汚染対策、工事費最大80億円 専門家会議』(2017.05.18)、NHKの記事『豊洲市場問題 専門家会議が紛糾 知事の判断時期遅れるか』(2017.05.19)では、安全性を検証する東京都の専門家会議の追加汚染対策で「無害化」の実現可能の見解に市場関係者は納得せず紛糾したと報道。

要は、豊洲市場は、汚染対策は目標未達で、石原元都知事が公言した「土壌対策の先端技術で無害化でき、豊洲市場は安全」が羊頭狗肉だったことで、豊洲市場は土壌対策が未達で未検証ということですね。

傍観者の当方は、本ブログ『豊洲市場:土壌汚染処理が未達の状況下では総合判断が妥当(雑感)』(2017-03-21)で、

“「石原元都知事は、百条委員会で“「豊洲市場は専門家が安全と言っており、即移転すべき」”と小池都知事を批判しているが、専門家会議は追加地下水モニタリング調査し“「土壌汚染処理は目標に未達」”と認めている現下は移転計画の総括が不可避ですね。
未検証・検収の地下水管理システム(地下水監視・浄化システム)の機能性能を検証し、目標を見直し、地下地上での安全を検証の上、移転計画を再策定すべきですね
。」”

と、石原元知事が先端技術で無害化できると公言し、豊洲市場移転を決定したが、土壌対策は目標未達の現下で、自民党、ワイドショーで豊洲移転を即決しないのは、小池都知事の政治判断できないと喧噪しているの散見するが、違和感をおぼえますね。

豊洲の安全性について、安井至 (持続性推進機構理事長、東京大学名誉教授)がWEDGE REPORTに寄稿『築地移転問題で置き去りにされた「環境基準」の本当の意味』(2017.05.12)で、豊洲市場は環境基準をクリアしており安全であり移転しないのは別の要因があると、小池都知事を暗に批判してるが、石原元都知事が公言した無害化は未達であり、地下水管理システム(地下水監視・浄化システム)の実効力が不十分で追加性能UPせざるをえない現状を鑑みすると専門家の見識に疑問ですね。

当方は、土壌汚染対策を施せば、安全性に大丈夫だろうと思っているが、99%台の落札率が問題で、入札要件に未達であれば、豊洲市場は未検収で未完成であり、追加費用は落札者が負担すべきと思うし、豊洲市場のビジネスモデルは疑問を持っているのです。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 森友学園事案:財務省説明に... | トップ | 豊洲市場:未完成の豊洲市場... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。