傍観者の独り言・戯言

団塊世代の手前勝手な放言
ブログ「傍観者の独り言」の続編

混迷の豊洲市場移転の着地・収束について(雑感)

2017-02-09 10:24:02 | 雑感

豊洲市場移転問題は、地下水モニター調査結果データ値が専門家の推測の域を超え、想定外としモニター調査を追加しているが、追加モニター調査の結果データ値が想定外だったら専門家はどのような見解を述べるのでしょうか?
従来の想定範囲の結果値であれば土壌汚染は目的を到達し安全性は確保されたとし、移転は加速するでしょうが、結果値が従来想定より悪化値であれば土壌汚染対策は目標未達であり、移転は停滞し見直しの声が大きくなるでしょうね。
小池都知事にとって、想定範疇であれば手順に準じ安全性が検証されたとし移転にゴーサインし、悪化値であれば豊洲移転の決定経過の検証が不可欠とし、どちらにせよ都議選への好材料になるでしょうね。

傍観者の当方は、豊洲市場の決定経緯や市場建設の疑惑は官民の生存競争の他人事で、地下水管理・浄化システムの公表値と地下水モニター調査値を精査するほどエネルギーは無いが、1回~9回の地下水モニター調査の分析機関の有意差は別問題とし地下水管理・浄化システムの機能性能に関心がありました。
東京ガスの土壌汚染の跡地を、汚染浄化の先端技術で安全を実現できると、石原・元都知事が豊洲移転を決断し、専門家会議・技術委員会の専門家の意見を反映させ土壌汚染対策し豊洲市場を建設し、舛添前都知事が安全宣言し移転日を決定したが、その後の都知事選で小池都知事が守旧の既得権勢力が都政を歪めているとし東京大改革の錦の旗を掲げて都知事選を勝利し、オリンピック会場と豊洲市場を都政の硬直化の象徴としたのです。
オリンピック会場は、結果的には会場変更に至らなかったが、400億コストダウンの目途をつけたが、豊洲市場は、盛り土問題で都庁関係部門の宿弊を顕在化させたが議会を牛耳って勢力へには軽微でしたが、千代田区長選の勝利で守旧勢力に影響をあたえたのは事実ですね。
議会に影響力を持たない小池都知事には、来る都議選の材料を模索しており豊洲問題をどう料理するか熟慮しているでしょうね。
小池都知事は、豊洲市場混迷を石原元都知事の責任の有無を問題提起し様子見中に、地下水モニター調査データが想定外と明らかになり、豊洲市場問題で都政の宿弊の基を破壊するつもりでしょうね、
仮に、豊洲選定・決定に不透明さがあっても、市場建設に疑惑があっても、地下水モニター調査のデータに不正疑惑があり都庁担当部が関与して都庁の責任問題になっても過去の問題であり、小池都知事は豊洲問題疑惑を公した東京大改革の一環になるでしょうね。

要は、豊洲市場移設問題は、地下水モニター追加調査の結果が、専門家の言う想定内であれば移設時期を明示すれば良く、想定外でデータ不正疑惑になり土壌汚染対策が問題になれば豊洲問題は都政全体の問題になり、小池都知事の登場で官民の宿弊が顕在化したことになり、都政・都組織良化の契機になり都議選で小池都知事は優位になるでしょうね。


都庁内部組織の関与疑惑になっても組織良化の契機となり、謝罪し別途安全が確認されれば豊洲に移設するとし、追加モニター調査結果次第で移設時期を決定すれば良いことになり、石原元都知事の責任問題がウヤムヤになっても良く、小池都知事のスタッフは優秀ですね。
石原元都知事が参考人招致で“「困る人が出るかも知れない・・・」”の都庁内外に困る人が出ることは、小池都知事にはウエルカムでしょうね。過去の事案ですから。

傍観者にすれば、豊洲市場の落札率は常識の範疇でなく、モニター調査データ不正があっても業者と都の間で互恵関係があったと邪推するが、これは世の競争社会で下種の勘繰りしかなく、追加の地下水モニター調査データで豊洲問題は良くも悪くても収束すると推測しますね。
マアー、小池都知事の登場で既得権勢力は早期に結論を迫り小池都知事の足を引っ張ろうが見え見えですが、短絡的に結論を出さず上手に立ち回っている小池都知事及びスタッフの優秀さが際立っていますね。
東京都も新陳代謝の時期が到来しているのです。


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「未来世紀ジパング」:岡山... | トップ | クローズアップ現代+【家で最... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。