GなLんAにSしS AよRうT 

海に帰りたい~@″
 

ナカジマ君と待っていた

2016年08月23日 | 音楽
おおよそ30年以上は折に触れ思い出しては待っていた。

10年が3回も巡ってしまうなんて、本当に大した時間だよ。
早死にする運命の人ならとっくに死んでいてもおかしくない。

大穴当てたみたいなもんや。


そやね。


猫やったらね、30年ももたんで、君、30年もあったらな、猫やったら10世代くらいは軽くイケるで!!


ホンマやね。














コメント

静かなお客様

2016年08月09日 | S-カル号(でんちゃん)
何か御用があるわけではない。そっと静かにやってきてみんなに混じって座っている。

話しかけられたら、受け応えするけれどあまり自分からは語らずお茶も少しだけ。
甘いものは苦手ではないが、お医者から止められているからと残念そう。
輪郭がぼやけたように、ここ一年くらいで一回りほども肥るというより膨れてきた。

荷物を置いたまま、いつの間にか姿が見えなくなっている。手分けして探したけれど見当たらない。
近隣をたずねて歩くと少し離れた道端で2つの影が見えた。お友だちと話し込んでいる。もうぼちぼち暗くなってきた。

荷物を見せると別に驚いた様子もなくお礼を言われた。辻褄はあっているのだろう。

それでも、自宅に帰りたい様子はうかがえず困ってしまった。ほんの目と鼻の距離まで快くクルマを出してくれる人がいて、案外すんなりクルマに乗り込む。
玄関は開け放たれ、窓にも施錠なく、これは此から先が思いやられるねと身内の人たちに連絡する。

静かなお客様が帰った後、大きなもうほとんど艶のなくなった夏眠中のクチベニマイマイを見つけた。

霧吹きで湿らせた葉っぱやなんかとプラスチックケースに入れたけれど、静かに眠ってる。


猫も眠ってる。


いつか自分もお盆には静かなお客様になって帰ってくるのだろうか。帰る場所は何処なのだろうか。帰り道はわかるのだろうか。
帰るも何もいったい何処から何処へ行ったり帰ったりするのだろうか。

どんどん膨れ上がって輪郭もどんどん曖昧模糊になり風景の影日向なくとけ込んでしまう。




そろそろ、おやすみなさい。




















コメント

夜想

2016年08月07日 | 音楽
7月らへん


夏はやっぱりスイカ!



イカすスイカ頭!








ヒーコと延々と松林の下にあったのカブトムシの幼虫の糞に紛れてしまったナートシのん探してた夏の炎天下の海に近い防風林。












コメント

ここんとこの此処らへんの個々問題

2016年08月06日 | S-カル号(でんちゃん)
ちょっとつらいなあ

なんでや?

うまくいかないから

なにが?

環境問題

ほへ?

実働時間50年とか単位の人間に何万年何臆年を把握して行動せよといわれてもなあ

虫とかもっと少ないんちゃうの?

あー虫の環境負荷めっちゃ少ないし

けど塵も積もれば山やん?

それ虫自体が環境負荷で人間とはかなり違うやん

エコとか?

エコ関係とかとは違うねん
プラケースの中の環境問題

それゃあんたぁありぞなぁの砂漠地帯でぇ賢い人らへんのスフィア計画※とかでさえ早々にぶっ倒れたんやからニャンニャンにゃん?

閉鎖されてませんねんけどアカンのはなあトホホ・・・

にゃんニャンニャンにゃんニャンニャンにゃニャンニャンにゃにゃにゃにゃにゃニャンニャン!!

シマネコにゃんにめっちゃ怒られたトホホ














※バイオソフィア2



コメント

天川・夏休み

2016年08月06日 | work room
7月の終わり頃




迷いなくPicasso!!






でも道に迷ってるPicasso!!














コメント

ノラ青紫蘇

2016年07月30日 | S-カル号(でんちゃん)
野生のノラ青紫蘇を刈っていたら飛び出してきた。

ここのところずっと暑さが籠もって少し動いてもふらふらっとなる。

3日前は完全に軽く熱中症。
天井が壁が床がゆっくり廻った。
メニエールのまわる感謝とはまた少し違って、じんわり回る。

水シャワー。

ああそうだ、水シャワー。

動けないなあ、でも水シャワーがいいと思う。
 
こんな感じでボンヤリとひっくり返ってた。

ボンヤリとひっくり返ってるのは楽しい筈なのに、とてもつらかった。
コメント

世界平和

2016年07月27日 | S-カル号(でんちゃん)
猫がさあ「にゃー」じゃなくてさあ、こうなんというか「おぞましい」鳴き声っていうかさあ

「ギーギーギーギー」とか?


そういう人間にとって耳障りな鳴き声だったら世界は平和だったろうになあ


・・・だね。

死んじゃったね。

ね。
コメント

台風1号【ホワイティ】

2016年07月12日 | work room



7月7日



水が欲しかった
けれど風が強い台風だった
雷鳴だとばかり思っていた地鳴りするほどの音は
波が打ち寄せる音だった
一晩中
窓から隙間風が入ってきていた
海の風








朝、2日遅れの朝刊を読む。

沖縄離島は島それぞれに言葉が違った。
方言が強すぎてお互いに話す言葉がわからなかった。
本島はもちろん離島同士でもお互いの言葉が通じなかった。
そういう頃の様子が紹介されていた。



















コメント

シゲ祭り 2016

2016年06月20日 | 音楽
毎年、巡ってくる太鼓屋さんのお誕生日

4バンド叩き続けて5時間








来年はもう1バンド増やすというタイコ男












渦巻き実験もさせていただきました

ポスカは油脂に負けて使いづら かった

絵の具を忘れたの


















コメント

重たいカラダ

2016年06月11日 | S-カル号(でんちゃん)
駅はまた、絶壁になっていた。この前より少し整備されていた。
けれど、到底わたしには登れない垂直の壁が立ちはだかっている。
この世界には階段はなく、ヤモリのように手に持った吸盤と特殊な吸い尽く靴をを駆使して登るか、バッタのようにバネ仕掛けの竹馬でビョヨーンと飛んで着地するしかない。
どちらもわたしには無理だ。
呆然と立ち尽くしながら諦めかけていると、横の壁から時々、人が現れてくる。
シュタッ!
チューブの滑り台。
緊急着陸した飛行機から滑り降りるように、駅の改札から直接に降りる道が開通したようだ。
横手に回って見ていると、滑り台の隣に縦穴がポツンと空いていた。
覗き込んでみようと近づくとシュボッ!
吸い込まれてしまった。
そのまま、改札を通って速度を落とすことなく行き先が頭からスキャンされ、どんどん速度が増していく。
突然、隣町の駅の改札を通過してチューブから吐き出された。
此処の駅もやはり垂直に切り立ったのっぺらぼう壁だった。
もう二度と何処へ行くという宛もなく電車に揺られて昼寝するのは無理な世界になったのかと、寂しくなる。
次に縦穴に吸い込まれる時は、出来るだけぼんやりとした朦朧とした気持ちで吸い込まれようと思うが、意識はどんどん明瞭になって朦朧から遠く離れてしまう。
やるべきこと、やりたくないけれどどうしようもないことに囲まれてしまって身動きとれない筈が、頭はシャキシャキ働き出して、物事がテキパキ動き出して、そこには明瞭な自分が明確な目的に向かって働いている。
またいつか真四角の駅の前で途方に暮れますようにと、うっすら願ってみる。
















コメント