猫録

猫たちの記録
ときどき庭の記録
by 新月

クラフト屋さんの爪とぎ

2017-05-27 12:25:13 | ネコの日常
大好きな猫ブログさんで紹介されていた、クラフト工房が作った爪とぎセット。

http://chobi020500.exblog.jp/24191386/

レビューもとてもよいので購入してみた。

レビューである程度覚悟していたが、まあ、それ並みかそれ以上の大きな箱が届き、

そして中には、大中小あわせて10個の爪とぎがぎっしりと詰め込まれていた。

その光景、写真撮っておかなくて残念。

マルが乗ってくつろいでいるこれはいちばん大きいサイズ。

我が家いち大猫のマルが寝そべってもまだ余る大きさ。

これ一つでも〇千円の価値。

このサイズが2個、中サイズ4個、小4個。

縦置きできるものとか、形が全部違って楽しい。

さすがクラフト屋さん、作りがしっかりとしていて、

段ボールの目が固め細かめでクズがあまり出ないし、

これ、本当によい買い物だった。


これ、ぼくの、専用だからね・・・

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

本領発揮

2017-05-25 23:17:06 | 
2番目に咲いたこの花は、

ジンジャーシラバブ本来の姿に少し近くなっている。

でも、まだま・・・花はもう一回り大きくて、花弁ももっと多いはず。


これはこれで楚々とシックに美しい。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

だれ?

2017-05-23 21:01:20 | ネコの日常
なんだか集まって外を見ている。


タロウだよ。

ほぼ毎日ごはんを食べにくる。タロウと呼んでいるが、2軒先の猫好きのお宅では彼はチョビである。

ほかに耳カットのキジさんも時々来る。

この近所の方がTNRされたようなことを聞いたが、定かではない。


ごはんだったらいつでもおいで。

というか、タロウ、来ないと心配になるから。



あいつ毎日来るよ。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ジンジャーシラバブ

2017-05-21 15:43:04 | 
昨年苗を購入、鉢で育てている。

株自体はよく育って、3倍くらいになっている。

花を見るのは初めて。

しかも蕾が開くまでに成長したのは4つほど。

本来の姿は八重の房咲きはず。

ターンブルー同様、1年目というのはこういうものか。

若い花は小ぶりで花弁数も少ない。

これはこれでかわいらしい。

しっかりと育てて、来年はどんな花を付けてくれるだろう。





Comment
この記事をはてなブックマークに追加

夏の蕾たち

2017-05-21 15:28:56 | 
夏の花たちがつを着けている。
これはアガパンサス(大)。
去年植え付けて、花はまだ見たことがない。



アガパンサス(小)
こちらは3年目。



エキナセア グァバ・アイス。
赤い花。
去年花が咲いた苗が届いて、2年目。



エキナセア 白
名前忘れた。
育成旺盛な、生命力あふれる植物。
Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ぼへーーー

2017-05-18 08:14:28 | ネコの日常
チー太、

この猫はなぜこんなにも、

ぼへーっとしているのか...

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

久々の箱ロッキー

2017-05-17 08:40:52 | ネコの日常
とても嬉しそうな顔、だね。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

そろそろお別れ

2017-05-16 22:20:44 | 
そろそろ花を摘まないといけない。

1年のうちほんの2週間ほど...

そしてまた、来年会えることを信じて。


ボレロ



ターンブルー


Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ビブラマリエ 

2017-05-16 22:00:35 | 
開いた姿はまたべつの美しさ。

花は2つしかついていない。

でも、このバラはたしか、今年の1月も咲いていた。

これからぼつぼつと咲き続けてくれるのだろうか。

Comment
この記事をはてなブックマークに追加

ピエール

2017-05-13 12:54:20 | 
ピエール・ドゥ・ロンサール

もうなんだか、このかわいらしさ、可憐さ、

とはいえ大輪なのでただかわいいとも言い切れない迫力・・

あちこちでよく見かけるのに見慣れた感を持たせず、必ず目と心を奪う魔力。






ルージュ・ピエール・ドゥ・ロンサール

こちらほうはそれとはちょっと違う、現実的で力強い存在感。

この強さに、なぜか安心させられる。


白や青や淡い桃色の幻想的な雰囲気に疲れると、このルージュ・ピエールの強い赤はかえって癒しになるという不思議。









Comment
この記事をはてなブックマークに追加