被爆的症状(赤丸は死亡、黒丸は病状、白丸は関係記事)ツイッターより10月17日アップ

2016-10-17 10:14:50 | 日記

死者:

●最近のニュースがエグくないかい? この間は白バイに追われたバイクが対向車にぶつかり電柱を支えるワイヤーで上半身が千切れてぶっ飛び線路に転がるとか 今日はビルの改修工事の解体作業中に鉄パイプが落下、通行人の頭に突き刺さるとか…。

●妻運転の車、電柱や対向車に衝突 後部座席の夫死亡、妻は打撲/桶川(埼玉新聞) - Yahoo!ニュース

●私は宮城県に多くの親戚が住んでいますが、福島の原発メルトダウン事故以降4人心筋梗塞で死にました。これも偶々なのでしょうか?

●いつなくなるかわからんですね・・・・なお体重は120~130kgほど

●友人が親戚のお葬式に。退院するところだったのに、入院していた病気とは違う心筋梗塞で急死だった。家族も思いがけないことで戸惑っていると。

●なかなかガッツリ食べる人で・・・・死ぬ前はラーメン屋で特盛のラーメン食べて、その後家に帰って自分でやきそば作って食べたそうで。そして寝て帰らぬ人に。" #ラーメン線 #死亡線 37歳食死

●今年に入って親戚倒れるの3回目なんだけどやばいだろ... 親父も一回心筋梗塞なってるし俺の家系マジでやばいな、太ってる場合じゃねえ。

●今年に入り、もう10月間近。 半年の間に… ご近所&親戚&知り合いを含めて、ちょっとお亡くなりになられた方が多すぎる今日この頃です。 【生があるから死がある】 至極当然なんだけど… 心筋梗塞だの、孤独死だの、急死が多い…。 なんだかなぁ…。

●ホント最近、近いところでの訃報や病気を聞くことが多くなってきてるような気がする。遠縁の40代男性がつい2週間ほど前に脳腫瘍で亡くなっただとか、知り合いの親戚40代が心筋梗塞で倒れて入院中だとか…。

●フランスの核実験に1960年代にサハラとポリネシアで参加した男性、その後タヒチに移住するも、心筋梗塞を4回、2007年にリンパ腫で死亡。その方の奥さんは29歳で子宮がんを患う。娘さんも先天的腎臓奇形、その他自己免疫異常、その娘さんの長男は自閉症、二男は肺の疾患、三男は心臓疾患。

●旦那が1ヶ月以上連絡取れないって言ってた友達、家に直撃したら心筋梗塞で密葬されてたってゆう…衝撃的 信じられない" #死亡線 嘘みたいな本当の話

●かつての会社の後輩、一時部下だったこともあるが私より先に退職、先週フェイスブックで再会して友達になったばかりというのに、その数日後の朝に心筋梗塞で急逝した。

●凄いキュンキュンするような学ランきた友達だったんだけど。先日、心筋梗塞で亡くなったんだって。 体調悪いから仮眠してくるって職場で寝たまま。

病気・症状

●3年くらい前かなぁ 心筋梗塞でぶっ倒れて 27分くらい心臓止まってたらしいよw

●東京の駅は大きいとこだと大抵酔いつぶれて寝てる人がいるよね、最初見たときは驚いたけど。

●駅のトイレで立ちションしながら寝てる人が居た…

●普通の道で大の字で目開けて寝てる人いたから声かけて大丈夫か聞いたらバッチリ生きてた。ほっといていいのかな…

●今日歌舞伎町死んでる人だらけで笑った

●おじいが酔って道で寝てたから 起こして住所聞いたら寝てた所の向かいだったから家まで送ってあげた!あと少しだったねおじい(∩´﹏`∩) 沖縄の夏はゴキブリと酔ったおじいが風物詩!沖縄はまだ夏みたい

原発情報:これが効を奏した。民進カラーがなくなったことで、かえって再稼働反対の旗が立てやすくなったのだ。米山の選挙を支えた「市民の会」共同代表の磯貝潤子は、福島からの避難者だ。米山陣営のボランティアには原発避難者が少なからずいる。 午後9時02分、米山に「当確」が出ると、選挙スタッフたちと抱き合って喜んだ。原発事故の悲惨さを知る彼女のような人物が選挙の中心にいたことで、切迫した危機感が新潟県民に伝わったのではないだろうか。 原発避難者が新潟県に多いのは、泉田知事が「福島事故の検証無くして再稼働の議論はありえない」と強固な姿勢を貫いていたからだ。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 被爆的症状(赤丸は死亡、黒... | トップ | 被爆的症状(赤丸は死亡、黒... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。