被爆的症状(赤丸は死亡、黒丸は病状、白丸は関係記事)ツイッターより3月20日アップ

2016-03-20 09:57:34 | 日記

死者:

K-1 Krushのジャッジ崎田学氏(38)が、心不全により死去 http://silvershield.link/k-1-krush  #格闘技のレフェリー

会社の先輩の知り合いさんが30代前半で脳梗塞で亡くなったらしい
その人が睡眠不足だったかはしらないけどこの業界だしありそうだなぁって…

AP通信が特報:フクイチ核惨事6年目入り:南相馬の寺に除染作業員の無縁仏 6体の遺骨! http://bigstory.ap.org/article/8c755a99b83d40439b9d615373dbde2a/fukushima-clean-workers-bottom-contractor-system … #住職5年後も除染は続いているはずo作業員の無縁仏の骨壺はさらに増える

病気・症状

●軽い脳梗塞、初期のがん、原因不明の高熱、坐骨神経痛、などで休診するケースが昨年あたりから続いている。幸い重ならずにカバーしあえたけれど、手術の担当を直前に交代ということを今年は2回も経験した。 震災前、医師の病欠はほとんど無かった。(高熱でも薬のんで無理して出てきていた。)

●知人が猫と犬を多頭飼いしているんだけど、その動物たちが次々肝臓疾患になるようになり、主治医の獣医さんから布用消臭スプレーを使っていないかと指摘されたそう。多頭飼いなので、特有の動物臭を部屋から消すために多用していたとのこと。特によく聞くのはファブリーズらしい。

●頭に毛があろうと無かろうと肝心なのは頭の中身なんだ。 ユル・ブリンナー。65歳。

●メルトダウンしているのだから、臨界していて当然。 ヨウ素131はガス化して距離を伸ばす。 本来なら科学者や行政が「雨にあたらないように」と警告を出さなければいけないのに、不作為どころか作為的に隠蔽している。 子供達が雨に濡れている。 皮膚に付着したら危険極まりない。

●知り合いが、2人も白血病。しかも千葉県在住。 原発の放射線の影響としか思えない

重要情報: こちらの記事ですよね。昨日発売の「週刊現代」創刊57周年記念特大合併号。これはよ〜く覚えておかなくちゃと思いながら読みました。原発を止めようとした裁判官と、反対の・・。

重要情報:おしどりマコさんが言ってたような、ドイツの中学生が理想。彼等は既に支持政党を決めてて、普通に話題にしてる「選挙権が与えられてから支持政党を決めるんじゃ、遅いでしょ?」と言っていたのが印象的でした。日本も早くそうしたい

重要情報:「民進党」綱領案、民主の「原発ゼロ」消える

重要情報:---脱原発を決めたドイツと正反対のフランス フランス人記者  フランスの原子力産業には政府、産業界、メディアが強く結びついた「原子力ムラ」が存在し、強い力を持っているからだと思います。僕が子供の頃から、TVでは原子力発電をポジティブに宣伝するコマーシャルが流れていました。

重要情報:外国人記者 東電の嘘はもちろん、マスコミも嘘をついていたことが許せないよね。原発事故の直後、NHKは毎日のように東大などの専門家を番組に招いて「放射能の問題はないですから、パニックにならないで」と適当なことを言い続けていた。

重要情報:神奈川県 三浦市 下水道終末処理場における汚泥等の放射能濃度について 2月15日東部浄化センター ヨウ素131 32.0Bq/kg 検出 14日には相対的に大雨でした。 いつも同じです。大雨で検出される。

重要情報:東電によって情報が遮断された・・・。スリーマイルでは,事故から2日後に,知事が,女性と子供の自主避難を勧告しましたが,その時点で15万人が既に逃げていました。アーニー・ガンダーセン

重要情報:フレコンバッグについて。バッグは長期間に渡って紫外線にさらされていると劣化してくる。現在3千万袋を焼却しつつある。それらの灰は建設資材として使われると聞いた。(会場から驚きの声)焼却によって放射性物質の2次汚染を招く。 ガンダーセン

重要情報:綺麗な場所であっても、除染した場所であっても汚染されていく。 これは今後100年くらい続いていくだろう。 私は科学者というより人間としてこの問題に向き合いたいと思う。 アーニー・ガンダーセン

重要情報:報ステ、緊急事態条項、古館さん力が入っていた。 ヒトラーが国家緊急権を使って独裁を確立し、どうやって反対する勢力を弾圧していったかがよくわかる内容。彼の様々な手法が安倍政権と重なり、麻生氏の「ナチスに学んだらどうかね」を思い起こす。

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 被爆的症状(赤丸は死亡、黒... | トップ | 記事のタイトルを入力してく... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。