のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

君と刻む見えぬ時計の過去未来

2017年05月15日 07時43分04秒 | うたごえ

チクタクチクタク 休むことなく時は刻まれる あっという間にその刻は過去となって行く

その見据える刻も チクタクと近づき やがて 想い出の中に刻まれていく

その過去と これからの未来に君が居る なんと幸せなことか

 

私の場合の君は一緒にその刻を過ごす人 近くにいる人も 遠くに居てまだ見ないブロ友も居る

歌の絆で 楽しいひと時を過ごす 素晴らしい仲間たち 介護施設で笑顔を浮かべる方たち

みんな ある時 一緒に過ごす時間があることが嬉しい そして 感謝の日々でもある

 

 

一刻では変化も状況も掴み取れないが 重ねて行った一年くらいで見れば 良く見える

てんがらもんラジオの1年前の録画を見せて頂いた 川柳教室があり紅雀先生の笑顔も見える

前月もあったようだが 初めて私が 川柳に投稿したが 今まで見向きもしなかったものであった

 

ぐだぐだと書くブログのように 詩や短歌俳句は これまでの人生の別世界であった

それでも 入ってみようかと思わせて頂いたのが この教室である

初投句は 中8文字やら 何やら センスも何も無いもので 入り口探しであった

 

 

同じように リスナーさんなどともブログの交流を始めたのが その一年前後でもある

ブログでコメントを交わすようになったのは この方たちも含め 更に多く居る

そう 皆さんと同じ刻を刻み 半年の方 一年の方 10年になろうかとしてる方も居るのだ

 

 

下町のうたごえ 本所地域プラザの方たちと始めたのも一年前である

それまで 墨田のうたごえ講座で知り合っていた方を中心に 今は定着して今週も開催する

おかげさま・・みなさんが居て 私が居る いつも言うこと この時間を一緒に過ごす幸せなんだ

 

 

童謡唱歌うたう会 60歳の時に始めて13年 リーダーの座は譲ったが この方たちとも会う

下町のうたごえ亀戸は 来月で7年目を迎える 自信は無かったが皆さんの参加が後押しとなる

こうして あの日 この日 時を輪切りにしたら そこに誰かが居るのだ それが 君・・・

 

 

ボランティアに目覚めたのが 60年前になるだろうか

昼間 町工場で働いて 夜は4年間 定時制高校に通った日々

初めて働いて自分のお金が出来た歓び 何割かは母の生活費に入れた

 

そんな時に 孤児院施設を知った 両親が居ない子どもたち

手探りのボランティアは ただ給料日にノートやクレヨン 画用紙を買って届けること

時には奮発して 木琴 鉄琴 おもちゃに近いが買ってあげる位しか無かった

 

バンドを組んで 会社の中の行事に積極的に参加して 皆さんに喜ばれた

地域の町会行事や 老人ホームなどへ行き続けたのも この流れにあっただろう

常に誰かと 同じ時を刻む この充足感が毎日 パワーとなって私を支える

 

 

来月の川柳のお題 『時計』 ブログで練習 これが句にするとやっぱり難しいなぁ(笑)

 

        最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« お前だと思って見るよと母が言い | トップ | 風呂でコケ至福の時も顔歪め »

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いきなりの佳句 (太陽の陽子)
2017-05-15 09:14:26
いいですねぇ~
嬉しくなります❤
つくづく考えさせられます (屋根裏人のワイコマです)
2017-05-15 09:57:18
人間としてこの世の生まれた限りは・・
いろんな人間の関わりなくして生きられない
お互いに支えあって生きている・・その生き方は
それぞれ違っても、そしてその年代ごとに
支えあう人たちが違っても・・誰かが誰かを
私は何時も多くの皆さんに助けられています
もちろんのびた さまにも・・
こんにちは (kao)
2017-05-15 10:47:37
いい句ですね
きみと刻むときの流れ・・。・
悠久の時と人としての
永遠の前でははかない時間の
流れを感じさせます・のびたさん、
私も駄句ができたのですが、
どうやっててんがらもんにおくれば
いいのでしょうか?ちどりさまに
聴けばいいのでしょうか?
今日、コメント書いてみてお尋ねしますが\・・
もしお忙しくなければおしえてくださいませ。。
またおじゃyましました (kao)
2017-05-15 11:10:50
番組にメール送ったら
届いたようです、
自分でできました(^^♪ありがとうございました^^!!
おさわがせしました。
のびたさんへ (まりも)
2017-05-15 14:04:33
川柳で またまたのびたさんの世界が広がりましたね
いつも 皆さんと一緒に時を過ごし
共有する思い出も有りますね
これからも 楽しい時を過ごして 良い思い出がたくさん出来ると良いですね
あっ! その中にワタシも入れて下さいね
太陽の陽子さんへ (のびた)
2017-05-15 15:06:46

一番コメ 先生から貰って恐縮です そして嬉しいですね
なんだかまとまりのない句が連発で出来てきます
うん?・・添削無いですね(笑)
明日から お題の時計 駄作を連ねる予定です
屋根裏人のワイコマさんへ (のびた)
2017-05-15 15:08:28

私たちの生きてきた時代 その都度に支えられてきた方たちが居りますね
今は うたごえの仲間たちも大切ですが こうしてワイコマさんとも知り合えて何よりです
kaoさんへ (のびた)
2017-05-15 15:11:45

私の時間の流れの中に 必ず誰かが居ます
今はkaoさんもその一人ですよ

kaoさん素晴らしい!川柳にトライですね
その意気ですよ 川柳の世界でも仲間に成れるなんて私も嬉しいです
気楽に投句して下さいね
一緒に楽しみましょう!
まりもさんへ (のびた)
2017-05-15 15:13:54

川柳の世界でも 私の趣味が拡がり それとともにブロ友も拡がって行きます
嬉しいですね この絆!
毎日コメントを頂けるまりもさん! 一緒の時を刻みましょう!
こんにちは (かりん)
2017-05-15 17:11:37
今日のタイトル、素敵ですね。
いろいろ想像が広がりました。

その時々に多くの方々と時を刻んできたんですね。
これからも多くの方々と時を刻みながら、お幸せな
のびたさんでいて下さい。
かりんさんへ (のびた)
2017-05-15 17:56:57

時の流れ その時々の人との拘わりがあります
今は かりんさんもブロ友 こうして一緒に歩む時間が嬉しいです
こんにちは (ひろ)
2017-05-15 19:52:06
タイトルを見て私なりの想像しました。
それぞれの想像をを受け止めてくれる句・・・
川柳も句というのでしょうか?・・・いいですね・・・。

一人で生きてきた訳ではないと やっとこの頃少し気づきました。
少しは恩返しをしなければいけませんね。
ボランティア (吾亦紅)
2017-05-15 21:11:26
随分早くからボランティアをなさっていらっしゃるのですね。
今の音楽にしても、精力的になさっていらっしゃるようで、なんてすばらしいことなのでしょう。
ここまで、長く続けられることは珍しいのではないでしょうか。
ひろさんへ (のびた)
2017-05-15 21:29:10

川柳の上手な方が詠む句は 受け手がいろいろ想像できる楽しさがあると 先生が仰っておりました
私はまだ未熟で詠めません

いつも誰かに支えられている
その感じは歳を重ねてくると分かってきますね
大切にしたい その誰か・・です
吾亦紅さんへ (のびた)
2017-05-15 21:32:01

ボランティアは自然に身についてきたものですね
気取らず 自分の出来ることを続けているのが長続きすることでしょうか
それも楽しく ボランティア出来ることを感謝する心ですね
こんばんは (pooh)
2017-05-16 00:02:14
ボランティアをなさってる、のびたさん
本当にお優しいんですね。
そして実行力があって!
思ってもなかなか出来る事ではないし、
ずっと長く続けられていて素晴らしです。

心が洗われました。
ありがとうございます。
poohさんへ (のびた)
2017-05-16 07:21:28

特に気負って実行しているのではなく 自分のできることを ムリなく楽しくしていることが 永いお付き合いになりますね
皆さんの笑顔が何よりの対価です

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。