のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

認知症いずれは我が身支え合い

2017年05月26日 06時22分29秒 | うたごえ

或る有名な医師の言葉があった あえて がんと認知症 どちらも避けられないとして選択するとしたら?

彼は言う がんを選びます それは人間としての尊厳を保ちながら 人生の終焉を迎えることが出来るから

私も 介護施設を幾つか音楽訪問して歩き 認知症の実態を垣間見るにつけ そうありたいと思った

 

認知症は誰でもなる可能性の脳の病気 脳細胞が壊れて情報分析や記憶など 認知機能が低下していく

85歳以上では 4人に一人 認知症の症状があると言われる

最近では 交通事故の原因にもなったり 免許書き換えでも高齢者はこのテストが求められる

 

 

昨日のてんがらもんラジオのゲストは 認知症サポーター養成講座の講師 水流(つる)涼子さんであった

認知症の初期では 物忘れから始まる 本人も気づいていて内心では 悩んでいたりするものだ

何もわからない 出来ないのではなく こうしたことの積み重ねで進行していく 本人は心の葛藤がある

 

忘れる 思い出せない 自尊心は傷つけられている これが ついには 他人のせいにしたり怒りに変わる

周囲の人は 何をしているんだとなじったり 何度も失敗すると叱ってしまう

これが認知症の進行を早め 家族の心はかい離して ともに疲れ果てて行く

 

本来は 住み慣れた家 環境で生活をしたい させたいものである

この時点で早く気づき 相談や診療を受けると まだ対処の方法は残されているのだ

認知症のことについて 正しい知識と理解を示す方が周囲に あるいは地域に増えて行くことが大切である

 

 

認知症サポーターは 誰でも一定の講習を受けて 目印としての オレンジリングを付ける

全国では現在 883万人の方が研修を終え 認知症になっても安心して暮らせる街を目指している

活動としては 認知症を正しく理解をし 偏見を持たず 認知症の方やその家族を温かく見守ることだ

 

 

 

認知症の家族の苦しみも多い 頑張りすぎて共倒れになるケースも聴く

そうなる前に どうかSOSを発信して欲しい これに対応できる施設や相談窓口もある

そして周りの方は 本人へ挨拶したり 家族への見守り をさりげなく続けて行くことだ

 

悲惨な例は 老老介護 介護をしている方が突然死 そのことも知らずに何日かして後を追う

或いは一人暮らしの方が 回覧板でさえ断り 誰とも接しない 外へも出ない そして孤独死

これでは人として哀しすぎる 何とか地域との繋がりを持って欲しいし 地域は見守りたいものだ

 

 いつかは自分もと不安だけの生活は避けよう 正しい知識を持ちなってから考えても遅くない

健康寿命 これが大切である いつも笑顔を忘れず 前向きな考え方 人への接し方をして行くことでもある

テクテク カミカミ ニコニコ どきどき わくわく 良く歩き 良く噛んで 笑顔で 素直な感動にときめこう

 

 

てんがらもんラジオの録画中継です スタジオの風景もご覧ください

http://www.ustream.tv/recorded/103641753

 

 

 

 最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

 にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (22)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青春の残滓ふつふつ歌で燃え | トップ | 思い切って朝寝朝風呂気持ち... »

22 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます (kao)
2017-05-26 07:37:00
私も拝聴しました、
くわしくはchidoriさんの
記事の感想に書いた通りですが、
私の両親もこの問題に
頭悩ませ疲れ果てています。
辛くてたまりません、せめて
父がデイケアの間母に電話をかけ
悩みをともにします。病気しないで
お金も稼いでいればもっと手助けできるのにと
哀しいです。
でも両親のためにも明るく朗らかに
気持ちをもっていって二人のつらさの
荷を分け持とうと思います。のびたさんは
ずっとお元気でいられますように・・。
簡潔なまとめに (chidori)
2017-05-26 08:31:38
のびたさんにいつも、たくさんの方への拡散かんしゃにたえません。

本番で紹介が時間の都合などもあり、かなり一方的に割愛させてもらうことを心苦しく思っています。

さっそくkaoさんがいの一番にコメントにも、脱帽です。

のびたさんのお仲間のコメントがますます増えてありがとうございます。

こうして丁寧なまとめが皆さんを惹きつけてくださっているのだと思います。

川柳も新しい仲間が増えてうれしいです。

ありがとうございます。

8時に温泉から帰ってきて「はやっ」でした。

認知症も他人事でなく (屋根裏人のワイコマです)
2017-05-26 09:35:23
決して他人事でなく、身近に感じますが
自分自身も、明日は我が身と思えど・・
自分で、自分が認知症だと認識も判断も
出来ない所が、辛い所ですね。
家族や周りの人が判断して??又は
医療機関での、診断によるので・・対応は
更に難しい、認知症の入り口を少しだけ
学ぶことが出来ました。
kaoさんへ (のびた)
2017-05-26 10:14:22

認知症の方が家族に居ると その心労は計り知れないものがありますね
ここまで育てて頂いたご両親 老後は穏やかな人生を歩んで欲しいと誰でもが思うものです
それでも僅かにはディも利用されておりますし 地域のお世話にもなれることです
お母さまへの電話での励ましも力になっていますよ
kaoさんが体調回復されていくことも お母さまへの恩返しです
そして取り巻くレストランの方 最近知り合えたcihidoriさん 更にはのびた(笑) みんなが心で寄り添っています 笑顔を忘れないようにね
cihidoriさんへ (のびた)
2017-05-26 10:18:52

私の長々とした てんがらもんラジオのまとめ たとえ一人でも読まれて参考にされたり リスナーになってくれたら良いですね
すーちゃんさんも川柳の仲間入り kaoさんも新しい仲間になりました
ますます 音楽やブログの縁を感じます
陽子先生も喜びますね(笑)
屋根裏人のワイコマさんへ (のびた)
2017-05-26 10:25:18

認知症だけは 誰でもがなり得るものですね
私の亡くなった姉二人とも 最期の姿は認知症でした
とりあえず 健康の私たちは 今を大切に生き 恵まれなかった方たちへの理解 痛みを知っておくことですね
こんにちは (ひろ)
2017-05-26 10:49:02
世の中の皆さんが認知症を理解して受け入れてくださるように
番組やブログでも広まっていくといいなと思います。
認知症なのでとお話ししただけで避ける方、積極的に声をかけてくださる方 
いろんな方がいらしたけれどみんなが当たり前に思えるようになればと願います。

とりあえず私は テクテク カミカミ ニコニコ どきどき わくわく したいと思います。
のびたさんへ (まりも)
2017-05-26 16:07:34
我が両親も 老々介護です
なので 昨日の内容は 他人ごとではなかったですね
誰にでも いずれ・・・
そう思うと 今から何を!と思うことも有りますね
のびたさんの様な方が居る地域に住めると
楽しい老後が送れそうですね
恥ずかしがらずに堂々と。 (くーばあちゃん)
2017-05-26 17:35:50
のびたさん、こんにちは。
雨は止み晴れ間ものぞいていますが
まだ雲の多い名古屋です。

認知症は病気です。恥ずかしい病気では
ありません。今は理解が進んでいます。
「みっともない」と以前は隠していましたが..

学区の広報などを読んで、利用できるものは
利用して、自分だけで抱え込まない方が。
ひろさんへ (のびた)
2017-05-26 17:40:10

認知症の正しい知識 それを支える家族や地域 こんな思い遣りの風潮が拡がれば良いですね
予防はある程度効果が期待できます

テクテク カミカミ ニコニコ どきどき わくわく
私たちも 毎日 こうありたいですね
まりもさんへ (のびた)
2017-05-26 17:43:46

まりもさんのご両親も 老老介護ですか?
ご本人も まりもさんも心の中は不安と焦燥があるでしょう
せめて まりもさん そして 私たちは 今を大切に生き 元気と笑顔を廻りの方に分けて行きましょう
くーばあちゃんさんへ (のびた)
2017-05-26 17:46:47

東京の雨も昼過ぎには止みました
大相撲が終わったら 夕食や買い物に出かけたいと思っています
認知症は確かに病気です
恥ずかしくはありません
自分達だけで苦しんでいないで 地域や施設にお世話になることも必要ですね
介護ヘルパーさんなども居られます
認知症の方も自尊心はありますね (スーちゃん)
2017-05-26 17:47:56
てんがらもんラジオ、私も拝聴していました。
私もオレンジリング持っているんですよ。
傾聴ボランティアをしています関係で、この手の講座は度々受けています。
先日も障害者サポーター養成講座を受けて、キーホルダーをもらいました。
来月からは、音訳講習を受講する予定です。
認知症の方々とは、常日頃よくお話させていただいていますが、(こういう言い方はご本人やご家族には大変失礼かもしれませんが)とても可愛いのです。
その方の「今」思っておられること、お話しされていることに頷きや、お付き合いしています。たとえそれが矛盾していたりしていても、です。 
周囲が「間違っている」と感じることでもご本人は理由があってのことだと理解していますので・・
とはいえ、これは私がわずかの時間のボランティアですから、ニコニコやさしくできるのでしょう。
毎日介護されているご家族にとっては本当にお辛く、イライラされることおありでしょう。お察しします。
言われていたように、100%一人で頑張らないで、行政や色々なものを利用されるといいですね。
のびたさんへ (そよかぜ)
2017-05-26 18:06:43
こんにちは

認知症の方が増えていて様々な問題提起していますね
何とか最後まで認知症にだけはならないように
頑張りたいと思っています
スーちゃんさんへ (のびた)
2017-05-26 19:35:13

スーちゃんさんも長い間 傾聴ボランティアに拘わって居られますね
サポーター講座 に加えて 障害者サポーター講座を受けるなど その積極性に感銘です
認知症の方の自尊心 感じますね
軽度のうちは 更に強く その分 自身が葛藤していると思われます
これからも優しく寄り添って下さい
そよかぜさんへ (のびた)
2017-05-26 19:37:35

高齢化が進むにつれ 認知症の方も増えています
願わくば 最期まで尊厳を持って生きたいもの それまでは予防にも力を入れ 笑顔の毎日を送りましょう
スーちゃんさんへ (chidori)
2017-05-26 21:23:21
川柳頂いて・・このコメントもいただかせてくださいね。

こそ泥のちどりより。ありがとうございます。

素敵なボランテイアされているんですね。

きっと全国にたくさんいられると思います。私たちもオレン

ジリングもっているのに、身につけるのを怠っています。

いつか来る道 (鈴音)
2017-05-26 21:58:43
最近、毎日何か探し物・・・これはやばいぞと思います。
そう話すと「いやいやそれは単なる物忘れよ」と言う。
あぁ~よかった、そっと胸をなで下すけれど・・・
本当に大丈夫なのか誰にもわからない。
そういうお勉強でもあれば受けたいとおもいます。
ありがとうございました。
のびたさんへ (マリババ)
2017-05-26 22:25:48
ホントだね、どちらもとりたくないけど、最後もいろいろ考えらさせますね。
マリババも認知症サポート講習会受けオレンジの冷蔵庫につけてます。
少し考え方も変わりましたよ。
鈴音さんへ (のびた)
2017-05-26 22:26:55

私も最近大事なものの物忘れが増え 若干気にしています
まあ 他人に迷惑をかけるのではないからと おおらかに考えていますが そろそろかな? 時には思ってしまいます
認知症サポーターの講習は自治体の方で講師派遣などしています
気にして見ていて下さい
マリババさんへ (のびた)
2017-05-26 22:32:00

がんも認知症もどちらも避けて通りたいものです
サポーター講習を受けたのですね
知識だけでも参考になります
おはようございます (スーちゃん)
2017-05-27 07:09:59
chidoriさんへの↑のお返事、
cdhidoriさんのブログへ書かせていただきました。
のびたさん (返信がないことを)心配されるといけないので・・^^

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。