のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

安全が 組まれ楽しい バスツアー

2016年10月16日 08時15分31秒 | うたごえ

バス会社からメールがあり 貸し切りバス料金が提示された

予想はしていたが やはり幾分高い それでも背景は理解するので納得である

来月末に私の住むマンション自治会の 日帰りツアー 企画から添乗までを引き受けている

 

11月末の日曜日 観光シーズンとしては 紅葉が終わりかけているが まだその範囲内だ

近場では 房総の養老渓谷 遠くは 愛知の香嵐渓 京都は東京からもバズが押し寄せる

これを料金的にはハイシーズンと呼び 一週間後には そのツアーも無くなり安くなる

 

私のお勧めは うまく行けば香嵐渓の12月初めである

気候によって 紅葉も色が鮮やかであったり 見ごろがずれることもある

もし 外れても 香嵐渓の近くには 足助と言う 塩の道の宿場町も静かで好きだ

 

 

バスツアーと言えば 関越道の大きな事故以来 観光バス会社も安全に対して厳しくなった

まず長距離の一人運転手は違反とされ 二人乗務体制となる

日帰りでも 距離と時間が考慮され 料金にも反映されるのは止むを得ない

 

添乗員を始めた頃のバスツアー 私の席は補助席に限定され 4日も座ると肩や腰が痛くなる

今では お客様と同じ席 それも運転士側直後の席が貰える

因みに外国では最前列は危険とされ お客様は2列目以降が多い

 

当時 バス会社に前日 配車確認の電話を入れると 代車になることがあった

これは  当該の会社のバスが足りなく 提携する他の会社からバスを回すためである

この中に 小規模バス会社が含まれており 安全も知識も不足のケースがままあった

 

観光バス運転の経験が浅い運転士になると 観光地で迷いだすこともあった

知らないなら私に聞けばよいものを プライドがあるせいか 交差点で急に聞く

そんな場所で突然聞かれても私は答えられない とりあえず前へ行けと指示し地図で探す

 

目的地を探してぐるぐる回ったり 引き帰すケースもたびたびある

都度 お客様に添乗員が事前に調べておけと お叱りを受ける

発車前に相談を受ければ 少しは補佐も出来よう 

 

添乗員が旅行会社から渡される次の予定は 皆様の旅程表と同じ 詳細は無い

添乗前日に打ち合わせで 初めて詳細も分かるのである

そこから先は 年配の私などが 持てる知識と技術?でカバーをしていく

 

 

二人乗務の長距離バスで 夜行があった トイレ休憩もあるので私は寝られない

ふと 見ると 運転スピードが落ちている 多くの車に抜いて行かれる 

時には 白線をはみ出しそうになっている

 

明らかに居眠り運転をしているのだ 運転士としてのプライドもあるから厳しく注意はしない

私はガイド席に座った そして 飴を差し出す 更に言う

ちょっとお疲れかな 次のトイレ休憩地を繰り上げて この先のパーキングにしようと提案する

 

替りの運転士になってホッとした 休憩地変更はお客様にも伝えたが 理由は説明しない

こんなケースもあるのだ 危ないと感じた時はガイド席に行って 言葉をかけたり会話をする

知らないお客様はアンケートに書く 添乗員が運転士に話しかけるのは安全上問題があると・・

 

 

日帰りツアーは以前は最長 山形さくらんぼ 香嵐渓弾丸ツアーなどもあった

今は 東京からだと 伊豆 諏訪 群馬あたりまで その先は敬遠されるか二人乗務もある

一泊二日でのケースは 東京から福井・永平寺 金沢周りや 岩手・盛岡から三陸もあった

 

弘前の桜も 岩手の八幡平も 青森ねぶたも 一泊二日 一人乗務も珍しいことではない

運転士を途中少し長めに休憩を取ろうものなら怒り出す 早く着いたり 帰りたいのだ

私は安全を常に心に置きながら 苦労をしたものだ

 

 

長距離になるにしたがってガイドは乗っていない

ガイドさんが居れば 運転士も少しは楽になるだろうにと思った

そして ガイドは私がする お客様に楽しい想い出をお土産にして欲しいためである

 

しゃべりと観光の知識は ガイドさんまで行かないが お客様がこの地方の出身ですかと聞く

雑学も自信がある 時には法話の様でも 私の歳ではお客様が反発無く聴けるのである

とっておきはハーモニカ 突然のサプライズでこの響きは お客様の心を和ませる

 

 

       最後までお読みくだ-さいまして有難うございました m(_ _)m

 

 ブログランキングに参加しています

ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

にほんブログ村

 

コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

(メルアドは入力しなくてもOKです)

ジャンル:
ウェブログ
コメント (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 歯はいのち 知りつつ放置 50年 | トップ | 触れ合いは 下町文化 発信地 »

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おはようございます。 (mako)
2016-10-16 10:11:48
色々なご苦労がお在りなんですね。
目に見えないところで、実は・・・。
のびたさんの機知ある行動は経験がもの言い、
そのお人柄がもの言い、と
のびたさんの自治会の方はより楽しい旅となることでしょうね。

香嵐渓。
紅葉のメッカ、勿論バスツアーもありますし、
カメラマンさんたちが一度は立ち寄る所と聞いています。
お隣の県でありながら、
実は私まだ一度も行ったことがありません。
観光のメッカにマイカーで乗り込んでゆく勇気もなく^^;

楽しく安全な旅の為に、
のびたさんのご活躍がありますように^^♪



Unknown (そらママ)
2016-10-16 10:54:21
おはようございます、
香嵐渓の紅葉は素晴らしいですね、
以前はよく出かけていましたが凄い人出で
車が動きません、
最近は出かけておりません、12月では遅いのではないでしょうか?
まぁ中々バスの手配が難しいのでしょうね、
のびたさんとご一緒なら何処へ出かけても楽しい旅間違いないでしょう。
プロの添乗員・・ (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-16 11:26:50
さすがですね、本当にプロの添乗員でしたね~
プロ・・本物のプロとは、このようなのびたさまの
ような人のことを言うのでしょうね。
お客様は◎様とかそして、安全は全てにおいて
優先する・・口で言うのは簡単、でも実践してこそ
卒業なされても・・過去の実績は皆さんが知っていて
いつまでも頼りの綱・・ほんとご苦労さまです
素晴らしいバス旅行となることを祈っております
こんにちは (kao)
2016-10-16 11:34:57
大変なのですね。
気配りとか安全確保とか・・

アンケートに安全上問題が
ある、と書かれてしまったのは
残念です。本当にいつもあつかれさま
なんですね。のびたさん頑張ってくださいませね・
楽しいツアーになりますよう
心からいのっております。
こんにちは~ (蓮の花)
2016-10-16 14:09:26
最近は夕方から観光バスが出る頻度が多くなり
事故が多いですね。
中には休暇が取れないバスの乗務員もいるようです.。
安全にお客様を現地に連れて行くのが観光会社の
務めだと思います。
makoさんへ (のびた)
2016-10-16 14:26:25

添乗員の任務は旅程管理ですが 気配りはお客様へも運転手にも欠かせませんね
香嵐渓は 地図上 南から行くと大渋滞です
早めの時間に来たから行くと スムースなこともありますね
或いは足助で駐車場へ車を入れて 30分くらい歩いて香嵐渓も一つの案です
そらママさんへ (のびた)
2016-10-16 14:36:10

香嵐渓もたびたびご案内しました
渋滞に悩まされることも多かったです
12月に入ってすぐは 観光バスが殆ど行きません
一週まではやや見ごろを過ぎても 素晴らしい景観が見られることもあります
昔のバス会社は危ないところもありましたが 今は厳しくチェックされるので この点は大丈夫でしょう
屋根裏人のワイコマさんへ (のびた)
2016-10-16 14:38:56

添乗員に関しては 自信を持っていました
これを言えぬようではダメだと思います(笑)
本来は旅程管理だけですが ガイドをしたり 喜んで貰えるようにがモットーでしたね
kaoさんへ (のびた)
2016-10-16 14:41:19

安全確保も間接的にはしていかないと 大事故につながりますね
お客様は 眼に見えることしかわかりませんから 何を書かれても 仕方がありません
マンションツアーでも気が抜けないですね
コース設定から添乗まで受けています
蓮の花さんへ (のびた)
2016-10-16 14:44:27

スキーツアーなどが問題視されていますね
実際に事故を起こしています
旅行会社募集ツアーでは バス会社とは安全も含め契約しているので 安心です
まだバス会社全体が 安全を徹底しているかは 課題がありそうです
追伸です (屋根裏人のワイコマです)
2016-10-16 17:03:24
いつもFMぎんがをご支援くださってありがとう
ございます、鹿児島のchidoriさまよりのご支持により・・放送を聞く・・見るのではなくて
聞く手段だけお知らせしておきます。

FMラジオは、いつもの通り・・CSRAです
http://csra.fm/stationlist/#kyushuokinawa
ここでFMぎんがをクリックして・・聞く・・だけです
http://csra.fm/blog/author/ginga/
いつでも全てのFMぎんがの放送が聞かれます
但しウィンドウズのメディアプレーヤーが
稼働するマシンでないと聞くことはできません
簡単なコメントですが・・参考になさってください
屋根裏人のワイコマさんへ (のびた)
2016-10-16 17:38:39

お手数おかけします
CSRAは 私も生放送で聴いています
今回は 途中で切れてしまいましたが 通常は よその放送局も楽しんでいます
再放送の時間ですが 月曜日の午前10時でしょうか?
明日は聴いてみたいと思います
ご丁寧に有難うございました
こんばんは。 (macaron)
2016-10-16 18:27:27
えっ!? 香嵐渓ですか?
人混みが苦手で紅葉の時期に行ったことがないのです。
12月の第一週、カレンダーに印をつけました(笑)

バスツアー、のびたさんのトークで楽しく、
そして和む旅になるでしょうね~♪
まだまだこれから計画を立てるのが大変だと思いますが
頑張ってくださいね(*^-^*)
のびたさんへ (まりも)
2016-10-16 18:28:05
香嵐渓 足助 岐阜に住んでいた時に行きました
綺麗ですよね
今年は こちらは少し遅れているようですから
香嵐渓も 運が良く綺麗な紅葉が見れますように!!
のびたさんは ガイドもやり 運転手さんのケアもして お疲れですが
皆さんの笑顔で 疲れも消えますね
macaronさんへ (のびた)
2016-10-16 19:45:38
あの~香嵐渓は例えで地名をあげただけです(笑)
でも行かれる方には お勧めで気象情報 紅葉情報をチェックしておくことですね
大手の旅行会社は香嵐渓ツアーは11月末で終わるから
人出も少ないです
私の立てた自治会ツアープランは これから自治会役員会で承認が必要になります
まりもさんへ (のびた)
2016-10-16 19:48:48

香嵐渓は参考までにあげました
アナ情報としては12月に入ってすぐが 人出も少なく見ごろの終わりくらいは見られますね
私のプランは静岡・清水港周辺です
住民の皆さんに頼りにされています(笑)
のびたさんへ (chidori)
2016-10-16 20:36:35
企画立案実行・ガイド・もう何でもやってのけるのびたさん。まだまだ現役以上の働きですよ。
今日はゲストきめの詰めなどそれなりに働いていましたのでコメント遅くなりましたが、お尋ねの件をワイコマサンが丁寧に教えてくださってありがとうございます(ワイコマサンにですね)声だけのほうがいいですよ。ブログで数枚い写真見せているのも押し付けで見たくなーいという方もいるのではと思います。やはり声だけでもその画の空気雰囲気伝わりますから、陽子さん先生の皆さん方の句への一言のつぶきくも楽しいですね。
cihidoriさんへ (のびた)
2016-10-16 20:47:29

ワイコマさんを通じてお世話になりました
今回は何故か 生放送も中途 録画も数分 でしたので 余計に聴きたく思っていました
なつめさんからも 声を寄せて頂き 嬉しく思っています
明日 もう一度聴いて見ます
のびたさんへ (マリババ)
2016-10-16 22:42:49
マリババの会社もいろんな部門があって、旅行会社もやってました。
マリババ達は、環境燃料部でしたが、社員旅行の添乗は、社員です。
ガイドさんは、バス会社の新入社員で、マニアル本を見ながら案内され読んでる時に通り過ぎたり、人が相手の商売は、大変いろんなことがありますね。
のびたさんもいろんなこと経験されてますね。
マリババさんへ (のびた)
2016-10-16 22:57:04

大きな会社でしたね
バス会社の新人ガイドさんには ずいぶん気を使わせられました
止むを得ないのですが 居ない方が良いと思う時もありましたよ(笑)
サービス業は難しいですが その分 人生に役立ちました

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。