のびたとブレイク

生き生きと第三の人生を歩んでいます
うたごえ ウォーキング ボランティア 時々花と金魚

警察で雑談聴いてリラックス

2017年09月07日 08時27分51秒 | うたごえ

今週の月曜日 本所警察署に出頭した いや 犯罪は冒していない(笑)

免許証の更新の最後の砦だった いつ行っても警察署は入りづらい威圧感がある

高齢者自動車免許の更新は認知症のテストから始まって これをパスしないと進めない

 

自動車教習所の眼の検査 講習 実地運転テストをクリヤして 修了証を貰える

これを持ち警察署だが 受付に まず目の検査これを通らなければ更新出来ないとある

普通の視力検査だが この前の教習所の眼の検査で動態視力の衰えを指摘された

 

 

これだけが心配で落ちつかない 眼医者のテストではメガネ視力は 1.0もあるのに・・

後で考えた 動態視力の衰えは メガネの問題でもある

静止状態の視力にメガネを合わせているから 相手が動くと ピントが合わせづらいのだ

 

 

高齢者の男性が私の他に二人いた 知り合いと見えて雑談している

俺はね この間 運転中の携帯電話使用で 罰金7千円近く払わされた

手には持っていたが 話してはいないと主張をしても 聴いてくれないんだよ まったく~

 

俺たちは これから違反をすると 都度 認知症の有無を医師に判断されることになる

同じ違反をしても 高齢者でなければ違反の罰金だけなんだよ これって差別だよなぁ

なんて言っていた まさにその通り 違反によって医師の判断 時には免許停止だ

 

そうだねと心の中で相槌を打っていた やがて 時間が来ると眼の検査である

二人のうちの一人が不合格である 何回繰り返しても視力が達していないのだ

この場合 ぎりぎりなら 休憩したり もう一度来て受けなおすことが出来る

 

もう一人は ハイ 合格 この方 メガネ無しである 俺は眼だけは良いんだよ

う~ん羨ましい~ そして 私の番だ 若干不安がある でも ハイ 合格!

こうして 晴れて更新が出来た 違反が無ければ3年間は運転できる

 

 

ボランティアも下町のうたごえも 車無しでは活動できない

活動にピリオド打つときは 免許更新が出来なくなった時である

今日は下町のうたごえ テストが終わった学生の様な気分で行ける

 

 

ブログランキングに参加しています

                    ご支援に下のボタンをクリックして頂ければ励みになります 

 にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

  にほんブログ村

  コメントは伝言コーナーへもどうぞ!

 (メルアドは入力しなくてもOKです)

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加