Neverending Cult

「ただのファン」で居続ける為のブログ

格ゲー修行日記PART2「ワンパターン病が直らない」@津田沼エース 17.6.17

2017-06-17 | 格闘ゲーム
                                      
                                      なりたけもキメました











いずれ大会に参加する事を見越して(下手なのに笑)、
筐体で少しでも慣れる為に今日も津田沼でシコシコ決めてきました
ここはちょっと前のゲームならば50円で遊べるので3~4時間くらい居座っても1000円にも満たないんですよ
それがいいよね。。と思いつつ、今日もせっせと連敗記録を伸ばして来ました(笑


今日は「ヴァンパイアセイヴァー」中心にプレイ
主にバレッタ・レイレイ・リリスでノーコンクリアを試みるもいずれも途中で負けてしまう微妙なプレイでした
そんな中で、1回だけ乱入して来てくれた人が居たので、「今回こそは」と気合入れて対戦。
その時はバレッタでプレイしてたので必然的にバレッタで勝負って事になりました。


相手はアナカリス。
津田沼エースのセイヴァーの筐体に行くといつもスコアランキングの最上位にアナカリスがいるので
多分その人だと思う 自分的には意気込みつつプレイしたつもりだったんですが、
結果的には1ライフ目の三分の二くらい削ったところで敗退
すぐに実力の差を察した為潔く引きましたが、
もしかしたら連コインすべきだったのかも・・・と今後悔しています・・・笑

敗因は、やっぱりワンパターン病
バレッタだとどうしてもピストルと爆弾でボコボコにするのが楽しすぎるので
そればっかりになってしまい、新しい手を出せずに完敗しちゃいました
なんでしょうね、
個人的にはやたら緊張してしまうというか、
初めから「負けるかも。。」って弱気な姿勢なんで
それがいけないのもあるかもしれません
っていうか、
もうやってる途中でいっぱいいっぱいになってしまうんですよ
気付いたら頭が真っ白というか・・・笑

どうしてもっと冷静になれないのかな、
落ち着いてプレイ出来ないのかな。って考えると
ただでさえテクニックに乏しく反応も悪いという下手さを背負ってるのに
よりどうしようもない感じというか、、、まあ、楽しくはあったんですけど笑
うーん、でも、もっともっと練習しなくちゃ!って気分にはさせられました
研究も怠りたくないし・・・
まあ、研究してても実際に出来ないパターンのが多いですけどね笑
もう元々「下手」って十字架を背負ってる訳ですからね
運とかじゃない、正真正銘「下手」なんです
下手が上手に勝つ方法を編み出してこれからも頑張ってゆきたい・・・本音を言えば、ただそれだけです。


ちょっと疲れた時に他のプレイヤーのプレイを色々な筐体で眺めてたんですが
どの人も手つきが滑らかで、正確で、出したい技を出したい時に上手く出せてる風に見えるんですよね
どれも自分には出来ないことなんで、正直「羨ましいなあ。。」って気持ちで眺めてました
自分なんて最近超久々に、、、ガキの頃以来に再開したばかりのブランク持ちですからね
普段からしっかりとやり込んでる人やセンスのある人に勝てるわけがないし、
これから先上手くなる保証もどこにもないんですけど
せめて善戦くらいは出来るようになりたいですね


ZERO3もかりんで数回プレイしましたが、
ソドムに連敗食らったりベガの前で力尽きたりこっちもイマイチ上手く決まらず・・・笑
アーケードのコントローラーと家庭用では勝手が違うので、どっちでやっても同じくらいにならなくちゃ。。と思いつつ
まあじっくりとゆっくりと成長を目指したいと思う 戦闘スタイルに答えはないですしね・・・。









★通算対戦成績@津田沼エース

【ウル4】キャミィ×—○(相手)セス 備考:1ラウンド勝利からの3連敗
【ウル4】キャミィ×—○(相手)リュウ 備考:3連敗
【ウル4】コーディ×—○(相手)リュウ 備考:3連敗(パーフェクト含む)

【セイヴァー】バレッタ×—○(相手)アナカリス 備考:1ライフ半分以上削るもそれが精一杯のコンプリート負け


通算勝敗数:0勝4敗


▼本日の感想

連敗記録を伸ばしただけ。
相変わらずのワンパ野郎で成長は見られない。
もうちょっと考えてプレイすべき。以上。





ジャンル:
格闘
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« syrup16gの「センチメンタル... | トップ | 日ごろお世話になってるブロ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL