Neverending Cult

「ただのファン」で居続ける為のブログ

日ごろお世話になってるブログ等を紹介する~リンク集

2017-06-18 | リンク集









一度やっておいた方がいいような気がして。
専用のカテゴリ「リンク集」も作りました。
勝手に行うのでもし迷惑だったらコメント等で知らせて下さい
また、万が一「載せて欲しい」みたいな連絡が来たら考慮します。では以下。








戌年生の猫舌猫手

紅茶さんのブログ。
多分色々な意味合いでお世話になってると思うんですが、
なんでしょうね、個人的には前のブログでコメントを貰った後もずっと相様を眺めてて、
そしたらちょくちょく自分の名前がツイッターとかで出ていて、
中でも印象深かったのは強烈なアンチに絡まれてた時に本気で怒ってくれたのと
別館である日常ブログ「君は転んで血を流す」をロールモデルにしてると呟いてくれた事ですね
よく誰々に支えられた、救われた~みたいな言葉を記述する人がいますけど
自分にとってはこの2つが本当に大きくて、、、
未だに感謝してますね。

ブログなんて、自己満100%でやりたいようにやればいいんですけど、
それが誰かに影響を与えた~ってのを何となくではなく確実に得られると、
普段アクセス数云々そんなに気にしてない人間でも「お、おおう・・・(感激)」って気持ちになるものです
この数年で思い出そうと思えばいくらでも思い出せるくらいお世話になった記憶が強い方で、
今や自分のブログ人生を語る上では欠かせないお方であります
最近は更新頻度が過去最高に上がってるので、
是非遊びにいって欲しいブログです
漫画アニメラノベゲーム日常ネタなど多彩で、個人的には所々から感じられる哲学的なセンテンスに惹かれています。

あとRSSで登録されているブログが面白いとこばかりです。



あまぐりころころ

前のブログから見て下さってたみたいです。
主に「食戟のソーマ」の感想が中心、でも時折他漫画の記述もあり、ゲームや旅行記も、、、という感じですね

gooブログには同じgooブロガーが訪れた時にあしあとがつきます
そして、栗うさぎさんのあしあとがしょっちゅうついてるんですよね
前々から凄い有り難味を感じてたんですが、この間はコメントまで下さって凄い嬉しかったです

栗うさぎさんの文章はすごく独特で、
栗うさぎさんにしか書けないオリジナルの文体だと思います
たまにソーマが(栗うさぎさんの中で)イマイチな展開になった時には
容赦なくボロクソに書いてるんですが、そういう所も個人的には面白かったり・・・笑
取り合えず「ソーマの感想サイト」の中ではトップクラスでしょう。



社会の毒―少年漫画症候群(ジャンプシンドローム)―

アクセス解析を眺めてたら、
このブログから結構来てる時があって
「何かな?」と思いきやどうやらゆらぎ荘関連で紹介されてたみたいです
しかも、2回も。 知らない間にジャンプ感想チェックに登録されてたので、
そこから認知されたのかな・・・って思いましたが、何にせよありがたい話ですよね。

「優良ブログ」と紹介されてたものの、
自身では自分のブログを「優良ブログ」とはこれっぽっちも思わないし、思えません
理由は、あんまり読む人の事を考えて更新しているわけじゃないからです(笑
なんだろうな、自分は多分他の人と比べて(かなり)我が強い方なので
ぶっちゃけただただ暴走してるだけなんですよ
だけど、見る人によっては、そういう風に捉えてくれるんだな。ってのをそれを読んで実感しました

この方のブログ自体の印象は、とにかく求心力が高く、カリスマ性に満ちているイメージですね
どの記事を見ても熱いコメントがついているあたり、物凄く読者に信頼されているのを感じます
正に「ジャンプ好きが集まる場所」を自力で作れているあたり天才的だと言えます
自分はかなり選り好みが激しいので、(この方のブログみたいにやることは)絶対に無理だと言い切れます。



働いて飯を食いジャンプを読む、ついでに漫画やアニメも見る

ぱいなっぷるさんのブログ。
最近よくコメントを貰うんですが、
上記のブログで紹介されてたのを見て来てくれたらしいです
でも正直ほぼほぼ1作品しかジャンプ漫画の感想は書いてないんで、
若干申し訳なく思う気持ちもあります・・・笑

このブログを見てると、更新量が凄いですね
毎日更新は当たり前で、一日2~3記事がデフォルトと相当の努力の跡が伺えます
しかもほぼほぼ漫画の記事オンリーで狙いどころもはっきりしている辺りが素晴らしいです
自分はもう、ただただ好き勝手やってるだけだし、こういうやり方しか出来ないので。




ジャンプ系は以上ですかね
ここからはまた別の趣向のブログを。


Parad_ism

出会ったのが7年前くらいなんですが、
傍目から見ていてどんどん支持を得まくっていて、
今やカリスマ的な人気を持っている(ように思える)人気ブロガー及びツイッタラーのshiroooさんのブログ
表現力や細やかな考察、知識、知性、語彙力etc・・・褒めどころ「しか」ないような
完璧な文章やツイートをコンスタントにアップデートしている凄い人です
こういう事書くと持ち上げ過ぎに思われるかもしれませんが、
文章や表現のクオリティがずっと上がり続けてるんですよね
ほぼアニメ専というブレなさも素晴らしいです
ちなみに実際に会ったこともあります。


アニメな日々、漫画な月日

で、この方とも一度、、、いや、某合同ブログで活動してた時に2~3度会ったかな
上のしろーさんもそうなんですが、かつて自分を含めた3人が中心となってアニメの合同同人誌を制作した事がありました(確かシリーズ3冊目)
驚くべきことに、パソコン関係からっきしなのに考えもなく引き受けてしまって
一部の企画出しやあとがきの作成等文章を書くことばかり担当して
それ以外の部分はかなりこの方に任せてしまったんですよね 後しろーさんにも。
この方がその合同ブログを抜ける際もなんとなく力になれなかった後ろめたさがあったりして、
未だに後悔と申し訳ない気持ちが残ってたりしますね

ブログ自体はジャンプ系な部分もありますが、
基本的に色々な雑誌の漫画やアニメ、ラノベ、映画、フィギュア、ゲーム
または○○論みたいな主張記事もあったりして物凄く引き出しが多い印象ですね
更新頻度も高く、サブブログまで運営している辺り相当バイタリティのあるお方です。


くろくろDictionary

クロスケさんのブログ。
昔からちょくちょくコメントもらっていて
要所要所でお世話になっています

個人的にクロスケさんは初めて読んだ時からずっとピュアなイメージというか、
何者にも簡単に影響されない「自分」を持っている気がして
それが羨ましいですね
当人がどう思ってるのかは分かりませんけど、
誰かに影響されて「らしさ」を失っていく人が多い中で
驚くほどに自分の趣向を崩さず真っすぐに活動されている気がします
しかし、よくよく考えればそれこそが「正しい」って事なんじゃないですかね
自分的にはそう思います。そのブレなさはいつ見ても敬意を払いたくなります。



次はまったく何の面識もない方です。


かるたーさんとかのblog

まったく面識のない人を紹介してもいいんですかね・・・?
ぼくこどもだからよくわからないや(すっとぼけ)
でもこの方のツイッターを読んでると、
「ああ、分かる分かる」って事柄が多すぎて他人事とは思えない時があります
高校野球の予想を見ていても、地元勢重視みたいなありがちな傾向からは全く外れていて
物凄い独自の視点から、「他人と全然違う」切り口で攻めてるところに個人的に(勝手に)共感しています

あとこの方はまったく「茶化さない」のが見事だと思いますね
個人的に何かを茶化して笑いを取って人気を得るタイプのブロガーやツイッタラーが大嫌いなので、
そういう部分がまったくない公平・公正な視点を持ち得ているセンスは凄いと思う
この方のブログやツイッターに触れてれば、
「茶化さずにしっかりと向き合う」事の大切さがよく分るかと



最後に、更新停止中なんですが、どうしても紹介したいブログがあります。



炭鉱のカナリア

この方、何年か前に自分に会う為にわざわざ来てくれたらしくて、
しかもパニック障害が発生した為遠くから確認して(当時)手伝ってた同人誌をさり気なく買って、
帰ったそうなんですが、正直それ聴いて「自分から誘えば良かった。。」って死ぬほど後悔しました
前のブログでいきなり師匠扱いされたり、自分の事について書かれた記事を何度もUPしてくれたり、
正に恩人と呼べる人物なんですが、数年前からブログもツイッターもやめてしまって
残ってるのがリンクからの過去記事のみ。。という状態になってしまいました

度々「自死」に関する記事や記述をアップされてたので、
個人的に「もしや・・・?」って時折めちゃくちゃ不安な気持ちになるんですが、
それがまったくの杞憂でどこかで楽しく生活してくれてたらいいな・・・と願っています

自分の文章や趣向、スタイルが好きな方なら
間違いなくハマるのでは、、、と思えるくらい通ずる部分が多いブログです
本当に鬱に悩んでるみたいだったので、「自分で良ければ」と積極的に誘えば良かった。。と
未だに後悔してますね この方も自分のブログ人生に於いて忘れられない方の一人です。
今からでも彼のブログを読んで欲しいですね。本当に面白いので。









まとめブログばっかりが幅を利かせている世の中なので、
少しは個人の想いが詰まった純粋なファンブログがもうちょっと光を浴びてもいいのかな、と
紅茶さんなんかはその想いを運営方法からしても強く感じます
自分もそういう事をしたいな。と素直に思ったので今回こういう記事を制作しました
もし紹介の仕方が不愉快であったなら、ジャンピング土下座しにいくので取り合えず許して下さい・・・笑



ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 格ゲー修行日記PART2「ワンパ... | トップ | 格ゲー修行日記PART3「念願の... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
もはやどうしたらいいのか。 (栗うさぎ)
2017-06-18 10:37:42
 どうもお久し振りです。
 コメントはしばらく控えていたものの、ちょこちょこ訪問はさせて頂いていました・・・って。

 ぎゃーーーーー!!!

 ありがとうございます!ありがとうございます!
 本当に・・・ありがとうございます!!(もはやそれしか言えない)

 つい最近紅茶さんのブログで取り上げてもらうというとんでもない光栄を頂いていたんですが、まさか西京BOYさんの所でも取り上げて頂けるなんて・・・!
 良いんでしょうか、こんなに恵まれていて。(><。)

 この場を借りて打ち明けさせて頂きますが、私がブログを開設しようと決めたのは、西京BOYさんの前ブログのお陰なんですよ?
 この方みたいに私も『ソーマ』を多方面の視点で、かつ作品への敬意がしかと感じられる形で語ってみたいな、と。(^^)
 自分のスタイルを確立するまでに試行錯誤がありましたが、その中で参考にさせて頂いた幾つかのブログの中に、西京BOYさんのブログが、そして紅茶さんのブログがあります。

 なので、西京BOYさんは私にとって先生のようなものなのです。
 西京BOYさんのブログに出会えていなかったら、私の『食戟のソーマ』を見る目は全然違っていたと思いますよ。

 あまりの興奮につい思いのほどを爆発させてしまいましたが、改めて、本当にありがとうございました!!
 そして、これからも変わらず応援しています!!
 
Unknown (紅茶)
2017-06-19 14:21:08
聞けば聞くほど、人の出会いってホント奇跡の積み重ねだよなあと思ってしまいます。

ロールモデルの話も、そもそも、べるん様という懇意にさせていただいてるブロガーの方がロールモデルに関する記事を執筆されていて、それを読んだ自分が何気なくツイッターで反応した・・・感じだったので、まさか将来このツイートがキッカケで西京様と距離が近づくことになるとは一ミリも想像してませんでしたし、そもそもべるん様と知り合えたのもホントたまたまで、さらに言ってしまえばブログを一年以上続けてこられたのもたまたまで、それに加えて○○も偶然で・・・と、思い返すとあらゆることが強い必然的産物というより、偶然的産物なんですよね。

何もかもがたまたまなので、未だにこの「遠い存在だと思っていた方と、いつの間にかお近づきになっている状況」が現実感なくて、どこかフワフワしているのですが・・・ たまたまだろうが、その時その時できちんと行動を起こすことを厭わなかったから今の状況が出来ているのは確かだと思うので、行動を起こすことの大切さを身に沁みて感じる出来事でしたね。西京様と仲良くなれたことは(__)

>紅茶さんなんかはその想いを運営方法からしても強く感じます
ご明察です\(^o^)/

まとめはまとめで優れた面もありますが、結局ソースが別のものに依存していて、自分から捻り出すものが全然ないので、そういった意味ではつまらないんですよね。

個人ブログは個人ブログで、質がピンキリなので不便に思う点もあると思いますが、それでも、その人の人間性がにじみ出ているのはメッチャ面白いなあと感じます(^^)/
こちらこそありがとうございます・・・! (西京BOY)
2017-06-20 23:02:35
栗うさぎさん、コメント感謝です。


>私がブログを開設しようと決めたのは、西京BOYさんの前ブログのお陰なんですよ?
いやもう驚きましたよ
まさか自分のブログがきっかけだったなんて・・・。
しかも、自分をきっかけに開設なされたブログが、「ソーマの感想と言えばここ!」ってブログにまで発展されてる事も含めて嬉しいというか、胸いっぱいになりますね・・・!!

なんかそれ聴いて、
はっきりと「やってて良かったなあ・・・。」と実感出来ましたね
こちらこそ、本当に自信に繋がるような秘話を教えて下さってありがとうございます・・・!
ちなみにソーマの感想で一番思い入れを込めて記事を書いたのは「失敗したっていう経験は~」って創真が言い放った33話ですかね
あの考え方、、、というか思想は未だにふとした時に脳裏に過る位役立ってるんですよ。

>なので、西京BOYさんは私にとって先生のようなものなのです。
マジっすか・・・
正直恐れ多いんですが(笑
でも事実であれば、ありがたく頂戴しておきます
やっぱりこうやって面と向かって「影響されました」ってニュアンスの発言をもらうと、
本当に堪らない気持ちになりますね・・・!


こちらこそ、すっげえ有難い言葉をいっぱい貰って興奮しちゃいましたよ(笑
改めて感謝です。そして、これからもお世話になります。
きっかけに感謝です (西京BOY)
2017-06-20 23:31:48
紅茶さん、コメントありがとうございます。


>自分から捻り出すものが全然ないので、そういった意味ではつまらないんですよね
>その人の人間性がにじみ出ているのはメッチャ面白いなあと感じます(^^)/
そうなんですよね、
それは自分も常々感じてました
所謂思い出語りだとか情熱的なファンメッセージを綴るような、
そういうブログやサイトは随分なくなってしまったなあ・・・と
逆に自分が始めた頃はむしろそういうとこばっかで凄く楽しかったんですけどね

あとは、何といっても「邪悪」なんですよね(笑
全部が全部そういうトコじゃないとは思いますが、結局多数決の世界というか、
マジョリティでマイノリティを圧し潰すような方法論ばかりで
「それぞれにそれぞれが~」って要素があまり感じられないのが残念ですね
まあああいうトコはあくまで情報源って割り切った方がいいのかもしれませんが・・・。

自分は評論家気取りがしたい訳じゃなくて、あくまでファン活動がしたいだけなんで・・・
そういう意味合いだと煽り煽られが目立つ今のネット社会は息苦しく映る場面も多いですね。勿論、そればっかでもないんですけど。


>まさか将来このツイートがキッカケで西京様と距離が近づくことになるとは一ミリも想像してませんでした
やっぱり「好きなものを好き」という事が重要なんだなあ。。って気はしますね
自分もファンレターやファン記事をきっかけにたまに気にかけてもらえる経験があったりしますし、
「好意を表に出す」事で生まれる何かがあるんじゃないかと・・・・・。

ただ、流石に本館よりもずっと読んでる人が少ないあそこに着目してもらえる事なんて殆ど無かったので(笑
分母が圧倒的に下な分、
「あんなとこまで見てもらえてたなんて・・・!」っていう個人的な感動が物凄く大きかったんです
未だに思い出して朗らかな気分になるくらいですからね
その他にも紅茶さんにはありがたい言葉を何度も頂いていて、本当に感謝しかないんですよね。

この記事だって、紅茶さんの最近のブログのスタンスに影響されて書いたものですからね。
いつの間にかまとめブログにゃ手も足も出ないな。って諦めてる自分が居た事に紅茶さんのブログを読んでいて気付かされたんです。
昔は連結する意味があまり良く分かりませんでしたが、
まとめブログに追いやられてる今ならむしろ「連結したい」と素直に思えたんですよね・・・・・
それもまた時代的、ですかね。


あと
>いつか西京さんとかともライブ行ってみたいな
って発言も嬉しかったです(笑
是非生でお礼言わせて頂けたら嬉しいです。これからも紅茶さんのブログ楽しみにしています!
遅ればせながら… (shirooo)
2017-07-04 22:38:53
こんばんは。今さらになってしまいますが、お礼のコメントをさせて頂きます。このような形で紹介して頂き本当にありがとうございます。
自分には余りある言葉ばかりですし、正直私自身は全くそんな風に感じていないのですが、そう思って頂けていること、素直に有難く受け取らせて頂きたいです。

西京さんとは、随分と長いお付き合いになりましたよね。
最初どのアニメで以前のブログを知ったかははっきり覚えていないのですが…

覚えているのは自分がブログを始めた年の秋、『FORTUNE ARTERIAL』の記事でとても素敵な記事を西京さんが書かれていて
それに自分がとても共感したことがコメントする切っ掛けだったかなあと記憶しています。
(間違っていたらすいません…)
あの作品は当初、あまり周囲のブログでの評判がよくなくて、西京さんの記事を読んだ時とても救われたような気持ちになったのを今でも覚えています。

それから、何度もお互いのコメント欄で色々なやり取りをしたこと。
アニメブロガーサークルで色々なやり取りをしたこと。
同人誌を作ったこと。打ち上げで焼き肉屋に行ったこと。
ビッグサイトから出たあと少しだけですが初めて並んで会話できたこと。
本当に全部が私にとって嬉しいできごとでした。
なにより、そうして西京さんとたくさんの感じ方を交し合えたことは間違いなく今の自分を形作っていると思います。
大袈裟に聞こえるかも知れませんがこれは本当です。

ですから、もし自分の文章に好意を抱いてくれているのでしたら、それは西京さんのお陰なんです。
あの時期、まだアニメを観始めて間もない頃に、西京さんの文章に触れられたこと。
そして何度もやり取りを交わさせて頂いたこと。
好きなものを好きというスタンス、好きにかける情熱。
大切なことをたくさん教えて頂きました。本当にありがとうございます。

今はまとめブログ主流で、ツイッターなどのSNSなどもありますからどうしてもブログは下火になってしまっています。
それが時々歯痒かったり、もうブログもさすがにだめかなあなんて思うこともあるんですが、、
でもやっぱり素敵なアニメや話に出会うと、真っ先に浮かぶのはブログで書きたいってことなんですよね。
だから敢えてツイッターでは言及しなかったり、なんていうのも今ではよくあります。
そういう時に、どこまでいっても自分はブログの人間なんだなと実感させられますし、
もし今後誰もブログを書かない、読まない時が来ても、自分は死ぬまで書き続けていたいなあなんて…そんな風にも思ってるんです。

まただからこそ。あれから、今でもずっと、ブログをコンスタントに更新してる西京さんは本当に凄いなあと思いますし、
それと同時に(本当に勝手ではありますが)自分がブログを続ける支えにさせて貰ってまいます。
もちろん勝手にそう思っているだけなので、プレッシャーとかは感じないんで欲しいんですが…
それでもやっぱり、あの頃から懇意にさせて頂いていたブログがどんどん消えていく中で
今も続けている西京さんは本当にあれから変わらずずっと、自分にとって大切な存在だと思っているので…

とまあ纏まりなく長々と書いてしまいましたが、、
色々なことに関して、本当に感謝していますと、、
それを伝えさせて頂きたかったのでコメントさせて頂きました。
改めて本当にありがとうございました。お互い頑張りましょう。では。
いやいやいや (西京BOY)
2017-07-09 10:06:09
shiroooさん、コメントありがとうございます。



>正直私自身は全くそんな風に感じていないのですが
いや正直文章の細やかさとか、
そんなとこまで見てるんだ・・・!っていう気付きの鋭さが半端ないです
記事を発表した時のリアクションも自分とは全然違いますし、
やっぱり「信頼」を置かれているんだなあ・・・ってのが如実に伝わって来ますよ
いつも「凄いなあ。」と思いながら観させてもらってるのが正直なところです。お世辞とか抜きで。

>あの作品は当初、あまり周囲のブログでの評判がよくなくて、西京さんの記事を読んだ時とても救われたような気持ちになったのを今でも覚えています
そうなんですよね
今考えると自分は「それ」に大分悩まされてきた気がします
本当に精神病むんじゃないか、ってくらい(笑
身を切ってレビューを書いて来た感覚がありますが、
それと全く同じ感情をしろーさんの「夢喰いメリー」の感想で思ってたりもしました
やはり流れに逆らって生きるのはいつの時代も大変なんですよね。
しかも、それが自分にとっての「自然」や「本音」であるならば尚更。

>本当に全部が私にとって嬉しいできごとでした。
そういう風に感じて頂けてたなんて・・・と思うと
正直実直に感動してしまいますね
最近、よくあの頃の事を思い出すというか、
「今ならもっと器用にやれてたかな。」とか
「今ならもっと面白い事出来たかな。」とか
そういう事を考えたりもするんです
楽しかったと同時に、
ちょっとした後悔や未練に似た感情も残っていて・・・。

個人的にはしろーさんが抜けられた時点で興味を失くしてしまったんですが、
それでも「人に歴史あり」というようにあの頃頑張ってたなあ、とか
同人誌完売したよなあ、、、とか、
そういう事を思い出してふとしみじみとした気持ちになったりもしますね。
やっぱり何だかんだで楽しかったんでしょうね。きっと。

>もし自分の文章に好意を抱いてくれているのでしたら、それは西京さんのお陰なんです。
そうですか・・・
自分自身では気が付けば自虐的な事ばかり考えてしまうのですが、
そう言われるとちょっとは頑張れたのかな。と誇らしい気分にもなってきますね
ここまで心のこもったコメントを貰えて本当に幸せだなあ。。と実直に感じてます
初めて読んだとき、ちょっと涙出そうになったくらい・・・・・笑
つくづく、感謝感激です。


>それが時々歯痒かったり、もうブログもさすがにだめかなあなんて思うこともあるんですが
そうなんですよね
特にアニメの感想で検索すると、個人ブログなんて全然出て来ませんもん(笑
同じような人の言葉が並んだ同じようなブログが羅列されてるのを見て、
正直閉口してしまう事もあります・・・けど、
そんな中で「まともに」「正しく」頑張ってるしろーさんのブログは本当に魅力的だと思います
どんどん簡略化されて熱を失っていくブログ情勢とは真逆の熱量でもって魅せてくれてますもんね
敢えて書きますが、やっぱりしろーさんのようなオリジナリティ溢れるブログは「あって欲しい」と心から思いますね
今「サクラクエスト」の感想で検索したら本当にまとめとかtoggetter云々しか上位に出てこなくて苦笑しちゃいましたもん笑

>もし今後誰もブログを書かない、読まない時が来ても、自分は死ぬまで書き続けていたいなあなんて…そんな風にも思ってるんです。
大丈夫です、
自分がずっとしろーさんのブログ読み続けますから!
いや、自分だけでなく他の人もあのクオリティならきっと読み続けますよ
自分は感想更新しても特に無風で反応の無い時も多いんですが(笑
しろーさんは必ずRTだったりいいねが付きますから、
それこそが色々な読み手の心を掴んでいる証だと思います
これからもこうやって目に見える形でも応援させていただければ、、、と思います

>それと同時に(本当に勝手ではありますが)自分がブログを続ける支えにさせて貰ってまいます。
マジですか・・・
ありがとうございます!!
本当に、素直に嬉しいです。
プレッシャーどころか、そういう言葉が目に見える形で確認出来ると「やってた価値あったかな。。」と
純粋に思えるのでありがたいです
ちょっと最近アニメ感想が少なくなっているのが申し訳ないんですが(汗)
その辺ももうちょっとバランス良く動かしていけたらな、、、と最近思ってます
っていうか、折角ツイッターやってるのに呟きが少なすぎですよね笑
改善すべき事柄に向き合いつつ、これからも頑張ろうかな、と。

>今も続けている西京さんは本当にあれから変わらずずっと、自分にとって大切な存在だと思っているので…
いやあ、嬉しいです。
本当に嬉しい。
でも自分もしろーさんのブログやツイッターを毎回チェックしていて、
観る度に「おお・・・」って唸らされてますよ
最近だとらんま関係のツイートを眺めていて「着眼点が凄いなあ、、、。」と唸りました
らんまは世代でもありますし、だからこそ、ああいうオリジナリティ溢れる視点で魅力を語られるとハッとしちゃいますね


>とまあ纏まりなく長々と書いてしまいましたが
いや・・・
個人的にはこの「長さ」が一番嬉しかったです
長い文章を自分の零細ブログの為にわざわざ書いて下さった、、、と思うと
本当にちょっと涙が出そうになるんで笑
この「長さ」に心から感謝したい気持ちになりました
しかも、纏まりなく~と記述されてますが、しっかりと自分の賞賛に対するアンサーを出されている構成力が既に半端ないですよ!
いや~、本当に素晴らしい、永久保存レベルのコメを頂いてしまいました

今はアニメ生活というにはやや物足りないインプット&アウトプットの量なんですけど、
また色々な意味で復帰するつもりなので、
それまではウチのブログの読者さんにはしろーさんのアニメ感想を読んでいて欲しいです。
そう本気で思えるブログなんですよね。これからも是非よろしくお願いします・・・!

コメントを投稿

リンク集」カテゴリの最新記事