雑種犬「風(ふう)」のひとりごと

元保護犬の鈴(りん)7歳と風愛(ふあ)1歳の楽しい毎日を五・七・五で綴ります。
天に旅立った風(ふう)の思い出写真も。

ママ帰る だけどすぐさま いなくなる…

2016-11-02 12:32:11 | 【番外編】
とても長い一日でした。


もともと、その日に千葉に帰る予定はしていたんですが・・・・・・。




まずは、鈴ちゃんにポチっをお願いします。


←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。



大阪の実家で、母のベッドの横に布団を敷いて寝ていた私。


朝6時半ごろ、携帯電話が鳴って、とび起きて出たところ

千葉にいるお義母から「ゆき子さん、助けて」と涙声。


「部屋の中で転んで、腰を強く打って動けない。救急車を呼んで」との内容。


私に電話する前に、千葉の家にいる風パパにも電話したみたいですが、寝ているのか携帯電話を近くに置いていないのか、全くでないので

私に電話をしてくれたんです。


私もすぐに、風パパに電話をしたんですが、出ないので

119番をしました。



しかし、私のいるところは大阪の吹田市。


「はい、119番吹田救急センターです。火事ですが?救急ですか?」と応対されました。


「救急ですが、吹田ではなく千葉市にいる母の救急要請ですが、どうすれば良いでしょうか?
千葉市の救急に連絡する方法を教えてください」と伝えました。


すると「調べますのでしばらくお持ちください」とのこと。


5分ほど待って、やっと「この電話番号にかけてください」と教えてもらい

すぐにかけ直しました。


しかし、その番号は「今は時間外なので、救急の場合はこちにの番号に」というアナウンス。


すぐに番号をメモして、再度かけなおし。


そこで出てくれた人に内容を伝えたら、

「ここから千葉市の119番に回しますので、少しおまちください」とのこと。


そして、やっとの思い出、千葉市の119番につないでもらえました。


「救急ですね。場所はどこですか?」


「千葉市緑の〇〇町です。〇〇という建物の3階〇〇号室です。

 状態は、部屋で転んで腰を強く打って、痛みがひどく起き上がられない」と伝えました。


「近くに小学校があるところですか?」「はい」


「年齢は?性別は?氏名は?持病はあるのか?」など聞かれました

「87歳の女性です。名前は~~」と答えたけれど

持病に関しての詳細は、大きなものはないけいけれど、小さな疾患はあったはず。

帰宅してメモをみればわかるかもしれないけれど

そんなところまで覚えていない。多分、義母も覚えていないはず。


そのことを正直に伝えましたが、一刻も争うのに・・とちょっとイライラしてしまいました。


「では、救急車を要請しました。あなたのお名前と電話番号を教えてください。
 そして、このあとも、この電話をつながるようにしておいてください」と

言われ私の名前と携帯番号を伝えました。


「救急の方の娘さんなんですね」と言われたので「いいえ、嫁です」と。



そんなことで、その電話を切った時間を見たら、義母から最初に電話をもらった時間から10分も経っていました。



隣りで寝ていた私の母も心配して起きていました。




そして、その電話の後、風パパに電話したらつながり、義母からの着信履歴に気が付き、家を出るために着替えているとのこと。




その後、随分経ってから、風パパからメールが届いたのですが

ちょうとお義母のところに行ったら、救急車の中に運びこまれるところだったらしく、いっしょに乗せてもらって病院に行ったとのこと。

これから検査だか骨折してるとの連絡でした。


でも、命には別条がなかった。

それだけでもよかった。



私の実家から、千葉の自宅までは、最短でも5時間以上はかかります。




その距離を今回ほど長く感じたことはありません。



時折入る、風パパからのメールを見ながら、今頃どうなっているんだろうと心配でした。


いろいろな検査の結果、大腿骨の粉砕骨折と、右腕の骨折があったそうで


大腿骨の粉砕骨折は、午後3時ごろからの手術になったとのこと。




千葉の自宅に帰宅すると、鈴ちゃんは大喜び。

そのはしゃぎっぷりと、甘えっぷりがすごくて

私からまとわりついて離れません。



でもごめん。

鈴ちゃん、またお留守番ね。




義母の着替えやタオルなど、入院の荷物を用意して、入院した病院へ。



手術前に顔を見せることができました。



そして、手術。


実は、手術前に少しトラブルもあったんですが、17時頃に手術は無事に終了。



下半身だけの麻酔ということで、手術後のお義母さんと少し会話もできました。


「大阪に帰っていた、ゆき子さんにまで迷惑をかけちゃってごめんね」と謝るお義母さん。


「迷惑なんてことはありませんが、そう思う気持ちがあるなら、これからリハビリをしっかり頑張って

 早く歩けるようになってください。
 
 応援しているので、リハビリ頑張りましょうね。

 外に出られるようになったら、またいっしょにお出かけしましょうね。

 これからは、紅葉もキレイで見に行く予定もしていたんですよ。

 早く治して、あちこちお出かけしましょう」と励ましました。




もともと足が悪かったけれど、最近は姿勢も良く、ストックでスイスイ歩くようになっていたし

お出かけも楽しんでいた矢先だったので、本当に残念。



だけど、これからのリハビリの頑張り時代でまた歩けるようになる・・と信じて励ましていこうと思っています。




鈴ちゃん、結局昨日も長い留守番でごめんやで。





夜帰宅すると、鈴の興奮もMAX。


昨日はお散歩もナシだったしね。


夜だけは、たっぷり鈴ちゃんに甘えさせてあげましたよ。




『犬』 ジャンルのランキング
コメント (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ごめんなさい 緊急事態 休... | トップ | ロープウェイ 10kg以下で ... »
最近の画像もっと見る

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mamehana)
2016-11-02 13:13:13
わぁ、とても長い一日だったのですね。
考えたらそうですが、救急って、離れたところからだと呼べないんですね・・・
それにしても手の届くところに電話があって、命に別状なくて、よかったです。
リハビリを頑張ってもらって、また鈴ちゃんとみんなでお散歩に行っていただきたいですね。

ぽちっ×2
Unknown (ひなまま)
2016-11-02 15:05:15
なんということでしょう(汗)大変でしたね。でもママさんの機転で無事救急車を呼ぶことができてよかったです。リハビリも大変かと思いますが、またみんなでお散歩できるようになってほしいですものね。
Unknown (クリムー)
2016-11-02 20:12:07
おかあ様、大変でしたね。風ちゃんママさんの、救急車の手配に不安な様子が伝わります。間を介してスムーズにいかないと、焦りますよね!でも、きっとどこにでもありそうですよね。遠く離れた子どもに助けを求める独り暮らしの高齢者は。何かよい方法があるといいですよね。
おかあ様、お元気になりますように!
お見舞い申し上げます。 (JUNKO)
2016-11-03 03:12:11
初めてコメントいたします。
お母様の看護でもお疲れだと思いますのに、ゆき子さん、本当に長い・長い1日でしたね。
読み進むうちにあらー、何だか私宅と似ているなぁと驚きました。去年やはりゆき子さん宅と同様に93歳の姑が自宅で転び、息子に連絡するも不在で嫁の私に助けを求める電話がかかり9715、救急車を要請したことがありました。やはり大腿骨骨折で手術し入院でしたが、リハビリも頑張ったお陰で退院も早く今は杖で元気に出歩けるまでになりました。かたや、その姑と交代するかのように今度は8月に88歳の実母がやはり転んで大腿骨骨折で手術し現在入院中、リハビリを頑張っています。高齢者が転倒するとどうしても大腿骨骨折につながるようですね。術後のリハビリも高齢者には大変ですが、どうぞ一日も早いご回復をお祈りしております。 ゆき子さんもお姑さんとお母さんのお二方の看護、しかも遠距離間でのお世話で更に大変かと思いますが、くれぐれもご自身の体調にも気を付けられて頑張ってくださいね。そしてお留守番がチョッピリ寂しいけどファイト‼ 鈴ちゃん💕 鈴ちゃんも頑張ろうね‼ (長くなりごめんなさい)
お返事が遅くなってすみませんです。 (風ママ)
2016-11-23 20:09:51
mamehanaさん
119番は、最寄りのところにつながるので、こういう離れた場所では手配するのが大変でした。早朝だったし、手配に時間がかかって、もしものことがあったらと気が気じゃありませんでした。


ひなままさん
今は、リヒバリ専門の病院で、毎日頑張ってくださっています。順調に回復しているのでうれしいです。

クリムーさん
千葉の家は、お義母さんのところから車で5分で、実の息子である風パパが家にいたので、連絡さえついたらそっちの方が早かったんですが・・・。早朝で寝ていたの連絡がつかずで、私に電話が。めっちゃ焦りました。

JUNKOさん
まあ、JUNKOさんも救急車の手配をされたんですね。
千葉の呼び寄せた夫の母は、以前も反対側の大腿骨を骨折していて、骨が弱いんだと思います。
でも、リハビリを頑張ってくれているので
また杖であるけるようになると信じています。
今の病院は、土日もリハビリをやってくれ、平日は一日3回リハビリタイムがあるので、安心です。

コメントを投稿

【番外編】」カテゴリの最新記事