雑種犬「風(ふう)」のひとりごと

殺処分から救われた元保護犬、6歳の鈴(りん)の毎日を五・七・五で綴ります。天に旅立った風(ふう)の思い出写真も公開中。

空き缶の 苦手な音も もう平気!!

2016-10-18 10:51:56 | 優良家庭犬&セラピードッグ
昨日は82人の方から応援のポチッを押していただき
めっちゃうれしく思っています。

今日もぜひとも、ポチッポチッとよろしくお願いします。



←すみませんが両方押してください→にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いつも押してくださって、どうもありがとうございます。

高齢者施設での動物介在活動「アニマルセラピー」のポランティアに鈴ちゃんと行ってきました。



昨年までは、毎月一回一か所の特養でボランティア活動をしていたんですが

今年の6月から鈴ちゃんは2か所で活動するようになりました。


なので月2回シャンプーしてますよ。


ということで、昨日は前回とは違う高齢者施設でのアニマルセラピー活動で

10月はハロウィンということで、またもハロウィンコスチュームを披露してきました。



いっしょに活動したわんこさんたちです。




クララちゃん、グラサンも決まってますね。


鈴は、前回のところといっしょの帽子とマントです。


考えてみれは、大阪時代は風ちゃんと参加していた動物介在活動。


でも、風ちゃんは洋服も被り物も苦手でしたね。


だって風ちゃんったら、大好きなお散歩やお出かけで、

玄関にスタンバイしていたはずなのに

私が風の洋服を手にしたとたん、二階のクレートに入ってしまうぐらいでしたから。



あっ、そういえば「嫌なことがある、ありそうだと思う」と怒ったりせずに「とクレートに逃げ込む」というのは、風と鈴の共通点かもしれません。




だからクリスマスの時などは、写真撮影の一瞬だけ、サンタ帽をかぶらせ、マテをかけて撮影し

ご褒美のオヤツを与えて、ゴキゲンをとっていましたが

正直、風ちゃんは洋服も被り物も苦手だったですね。



風ちゃんは他人に撫でられるのも得意じゃなかったけれど、頑張ってママにつきあってセラピー犬をやってくれていたんだと思います。



その点、鈴は洋服はもちろん、被り物もこの程度なら大丈夫。


イヤがって自分で外そうとしたこともないですね。




新しい施設での活動は、昨日で4回目。


ここは、地下に駐車場があるんですが

実は、初めて連れて行った時には、やはり警戒して車からなかなか降りてくれませんでした。




だけど、4回目となる昨日は、地下駐車場に着いたとたん、キョロキョロあたりを見回して

車のドアを開けると、すぐに降りてきて、建物の中に入ろうとしました。



昨年から、活動をしている施設でもそうなんですが

鈴が自分から車を降りて、施設の中に入ってくれる。


それがひとつの鈴の心のバロメーターだと思っています。




鈴は、警戒心が強いけれど、ここでイヤなことをされた経験がない、安心できるところだという記憶は、しっかり残っているんでしょうね。


犬の性格や体質などによって、そのバロメーターになる行動は違っています。



社交的で動き回るタイプのワンちゃんで、活動中は尻尾も振っているし、楽しそうに見えていても

活動後、ストレスからか下痢しちゃう子だっているそうです。


活動現場でのカーミングシグナルやストレスサインもそのバロメーターになりますが


カーミングシグナルは、そのシグナルを自分で出すことで心が落ち着き、問題ない場合も多いもの。


現場で犬の出すサインに気をつけるのは、もちろんですが

現場だけでなく、家に帰ってからや次の活動の前などに、愛犬がどんな行動やしぐさ、体調になるのかといったことでも

犬の心理が読み取れたりします。




鈴は「こんなビビリの子に動物介在活動なんでさせて、ストレスがかかりすぎるんじゃない?」と心配される声もあったことは事実です。


もちろん、今もビビリだし、警戒心の強さは犬一倍あります。


でも、鈴のストレスを緩和させる努力は惜しまないし、鈴自身が活動をイヤがらない限り続けて行こうと思っています。





さて、そんなビビリで警戒心の強い鈴ちゃんですが、特に音に対する苦手意識はかなりのもの。

大きな立ち耳でよく聞こえるから、すごく反応してしまいます。



でも、ずっと苦手だった金属音に対して、かなり変化が出てきました。



フードを与えるだけでは、克服できなかった空き缶の音が、遊びとフードというダブルの楽しみで

かなり大丈夫になってきました。


3日続けて、空き缶フードにしていました。

そしてそろそろもっと音の刺激を強くしようと
私がオイデと呼んで、空き缶を床に落下させ、大きな金属音を立てたんです。

それでも鈴は、ママのところ、フードの入った空き缶で遊びだしました。


空き缶の音が入っているので音量注意です!!


雑種犬鈴。家の中では空き缶の音を完全克服!!



ときどき空き缶を取り上げて、ワザと大きな音が鳴るように投げてみたりしましたが

全然平気の鈴ちゃん。


まだ外やほかの場所で試していないのですが

安全だと思っている家の中では、空き缶の金属音も完全克服したと思いました。



次は、庭でかなー。


でも庭でやると音がうるさいから近所迷惑かなー。





最後まで読んでくださってありがとうございます。


在りし日の風ちゃんショットです。


これは、家の近くの貯水池の向こうの小さな広場ですね。

後ろ足に、包帯を巻いているということは、アスファルトは、カートで

草原は、ハーネスで引き上げて、風の歩行練習をしていたころだと思います。


この時は、再び歩けるようになるかもしれないと、一抹の望みをかけて、毎日頑張っていた頃だった・・・・。

願いは叶いませんでしたが、風ちゃん頑張ったよね。
今も大好きやで。
『犬』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 焼き秋刀魚 きのこの和え物... | トップ | 忍者犬 続きはいったい い... »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (mamehana)
2016-10-18 12:39:04
鈴ちゃん突然の缶の音でも平気になったんですね。
すごい!!
ママさんの地道な努力の賜物ですね!!
さすが!
うちはセラピーをお散歩と置き換えて・・・行く前、歩き出しはブルブル震えてます。
でも、だんだんノッてきて、帰りたくないって言い出します。
もちろん、徹頭徹尾尻尾たらりんもあります。
さいちゅう、帰宅後、いろんなところのサインを見逃したくないですね。

ぽちっ×2
Unknown (Coco)
2016-10-18 13:39:48
鈴ちゃん、すごい!!
鈴ちゃん、タスクや仕事が好きなタイプなのかなぁ。

ココは、最近、落ち着いてきたなぁと思っていたら、それで、怖いものに敏感になってしまったようで、オドオドが戻ってしまいました。

ジェイクは怖がりじゃないのでいろんなこと一緒にできるようになるかなぁと期待していましたが、好き嫌いはっきりしているし、ちょっとしたタスクも面倒くさいみたいでやる気見せてくれないんですよね・・・難しいですね。
お返事が大変遅くなりすみませんです。 (風ママ)
2016-11-13 21:35:30
mamehanaさん
今や、器で出すフードよりも、空き缶に入れたフードの時の方が喜ぶんですよ。この空き缶遊びで食べるのが大大大好きみたいです。


Cocoさん
鈴は、猫っぽいので空き缶を自分で転がすと
フードが出てくる仕組みにめっちゃハマっている感じです。
狩猟本能が刺激されるんでしょうね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。