雑種犬「風(ふう)」のひとりごと

元保護犬、6歳の鈴(りん)と子犬の風愛(ふあ)の毎日を五・七・五で綴ります。天に旅立った風(ふう)の思い出写真も公開中。

退院よ 手術の上手さ 差が出るね

2017-03-30 11:16:15 | 生後4カ月半~/風・鈴
風愛ちゃん、無事に退院しました。


電話で手術が無事に終わって、すべて問題がなかったことを伝えてもらっていましたが

やっぱりどんな状態か、顔を見るまでは不安でしたね。


一日ぶりに再会した風愛ちゃんですが



大喜びすることもなく、

かといって凹んでいたり、しんどそうにしているわけでもなく


めっちゃ普通に歩いて、診察室にやってきました。


獣医師さんから、再度行った検査結果と、手術内容説明があり

風愛ちゃんのお腹から摘出した、卵巣や卵管などの実物も見せてもらいました。


めっちゃ小さかったです。



そして、今後の注意点としては、シャンプーは抜糸まで控える以外は

「散歩も今日から行ってOKですし、エリザベスカラーや腹帯も必要ないでしょう」との話。

「いつもと同じ生活をさせて大丈夫ですよ」と。


ええええっ???


鈴ちゃんの時はあんなに大変だったので、ちょっと拍子抜け。


「縫っているところも3重になっていて、体内では溶ける糸で二重構造で縫っています。

そして、一番外側の外気に触れる皮膚だけをしっかりとした糸で縫っていますから、運動しても破れることはないはずです」とのこと。


風愛ちゃんの手術跡を見てみると、めっちゃ小さくてビックリしました。


これは、この獣医師さんの手術がめっちゃ上手なんだ。この先生にお願いして本当に良かったと、実感したのでした。


だって、風愛ちゃんの手術跡って、ほんの2cmほど。




ちょっと、風愛ちゃんお腹を見せてね。

わかるかしら、ほんのこれだけなんです。




私の爪の太さ分ぐらいしかなくって、ほんの小さな傷になっています。




これを見た時、この獣医師さんの腕に関心すると同時に、大阪時代に手術した鈴ちゃんには、つらい思いをさせちゃったな・・と思いました。

開腹の後も10cmほどあったし、縫い目からずっと、汁は出てるし

約1カ月の腹帯生活。


不自由だったよね。


風愛もその覚悟をしていたけれど、もうすでにいつもどおりの風愛ちゃん。




すでに元気でよかったです。














コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ふあ手術 ママもいっしょに 病院へ

2017-03-29 10:25:20 | 生後4カ月半~/風・鈴
ご心配をおかけしてすみませんです。


私は以前、耳石がズレて、目玉が振り子のようになる目眩症になったことがあるのですが

大阪時代は、自分のパソコンデスクの前に、その時に教えてもらった目眩体操の方法を貼っていて


気が付いた時に、その体操をやっていたものでした。





前回の目眩症の時は、耳石のズレがはっきりとわかって

「今、外れた」「今、戻った」と感じるものでした。



しかし、今回の目眩症は、それがほとんどわからないのです。



受診した医師の説明では、今回は耳石のズレという話ではなく

「耳石に信号を送る伝達物質が間違って送られている

その部分が傷ついていて正しい情報が伝わらない状態」だとのこと。


なので治癒・・・その傷ついたところが修復するまでは、動かさないこと。




そして、修復したら、しっかり動かして「目眩体操」をするように、言われました。


良性の目眩にも、いろんなタイプがあるんだなーと実感しているところです。


また、更年期障害に関連して、ホットフラッシュも頻繁で、その時におこる目眩もあって

ややこしい感じです。



とはいえ、いつまでも寝ていても、体力が落ちるだけなので


今日から、日常生活を復活させようと思っています。

もちろん、無理をせず休憩しながら・・・・。


ホットフラッシュの前兆や目眩の前兆があれば、座ってじっとして落ち着くまで待つ・・・を徹底して

過ごそうと思っています。



さて、風愛ちゃんですが

不妊手術のために、動物病院に連れていきました。


もちろん、車の運転はパパ。

「お前は、家で寝ていたらいい」と言われたけれど、やっぱりついていっちゃいました。




いつもの元気な風愛たんです。


体重は11.22kgになっていました。


不妊手術は、一泊2日で翌日の朝、お迎えに行くことになりました。





診察台の上で、ブルブル震えていた風愛たん。





心配いらないからね。


頑張るんだよ。



風愛たんが頑張っている間、ママも病気を早く治して

帰ってきたらちゃんとお世話するからね。



鈴の時は、手術後

開腹の傷が一か月もくっつかず大変だった。

ずっと腹帯をつけた生活たったね。


風愛ちゃんの腹帯とかも、作っておいた方がいいかな?


うーん、それは退院後に考えよっと。









コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

健康じゃ ないと何にも できませぬ

2017-03-28 12:33:15 | 【番外編】

今回、風ママが発症した疾患は
「良性頭位性目眩症」。

頭の位置が動くと、それに伴って眼球が動くのですが、その信号が過剰に送られ

頭の位置が止まった後も、まだまだ動き続けているという情報となって、眼球を動かす神経に伝わり

ヘッドバンギングしたように、動いてしまう病気です。



良性ということは、その傷ついて間違った情報を送る神経系統が修復可能なことを示しており

そのためには、頭を動かさないこと。


なので、修復されるまで、目眩による事故や吐き気をさけるためにも、じっと寝ておくことが大事なんだそう。


発症したのが木曜の夜で、吐いて吐いて、じっとしていてもヘッドバンギング状態で動くことができず

疲れ果てて寝ました。


金曜に風パパに脳神経科に連れてってもらい受診。


この病気を告げられお薬をいただき対処方法を教えていただきました。



3日間、ほぼ寝たきりで、昨日から少し起きたりしていますが


目眩も、頭を動かしたときに、船酔い程度になり

そのまま頭を固定して、じっとしているとやがて止まるようになりました。



私が寝室のベッドで寝ていると、誰かが私の布団の上に乗って添い寝。


誰だろう??と思うけれど、頭を上げてみることができないので

風愛??鈴?? どっちだろう??


と思っていました。


そうだ、頭は動かせないけれど、手は動く。


手を伸ばして、スマホでパチリ。


それを見ると・・・・。




添い寝しているのは鈴ちゃんでしたね。


じゃあ、風愛ちゃんはどこ??


スマホの向きを変えて、テキトーにバシャバシャ撮って、見てみると・・・・。



あっ、いました。

ママのベッドのそばで、寝ていますね。







そのままゆっくり、寝ていてね。


受診した医師の話によると、頭を動かさないように気をつけて、安静にしていると

平均して一週間ぐらいで治るらしい。


動かすと悪化するらしいので、完治するまで頑張って安静にしてようと思います。



いろんな予定をキャンセルしまくっているけれど

やっぱり健康じゃないと何もできないですね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

3日間 寝て起きたら 雪国か?

2017-03-27 09:59:26 | 愛犬風(ふう)と鈴(りん)の日常
まだ完治はしていませんが、3日間ずっと寝ていました。

今朝起きたら、庭が雪でびっくりしました。









コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

病床で しばらくブログ 休みます

2017-03-25 07:55:18 | 【番外編】
動くと眼玉がぐるぐるする病気が再発。

数日、安静に寝ることが必要でしばらく

ブログ休みます
コメント (9)
この記事をはてなブックマークに追加