骨で聴く異世界

耳を使わずに「聴く」世界を旅します。耳をふさいでいても聴こえる世界です。

高過庵・空飛ぶ泥舟を骨で聴く

2017-05-20 17:13:51 | 骨で聴く癒しの世界
東大名誉教授の建築家・藤森照信氏の奇抜な建築と出会いました。
藤森氏は長野県茅野市の出身で、その奇抜なデザインの建築物もその地元にあります。

不思議な傾斜角の神長官守矢史料館は、古代から諏訪大社上社の神官だった守矢家の敷地にあります。



諏訪大社は有名ですが、現在の姿になる以前からの地元神や、その後も続いた諏訪神社の鹿の頭部を供える「御頭祭」の展示も行われています。史料館というイメージが一切ない建物です。

茶室「空飛ぶ泥舟」は目がテンになります。





茶室「高過庵」は、なんだか昔読んだ絵本に出てきそうな印象を持ちました。



一見の価値ある場所ですが、諏訪地方を訪れる一般の観光客にはあまり知られいません。
史料館の人に聞くと、大勢訪れる人といえば、内外の建築関係の人だとのこと。

それでも史料館の諏訪の隠れた歴史とセットで、摩訶不思議な空間を堪能してほしい場所です。




『国内旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 驚神社を骨で聴く | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。