美肌のきになるあれこれ。

誰しも憧れる美肌。美肌になるためのノウハウを教えちゃいますっ!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美白ブログの今後

2013-05-22 14:08:32 | 日記
今後の美白ブログですが 実は風雲急を告げる出来事がありましたw
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美肌を取り戻す<美白成分>

2013-02-21 15:37:12 | 日記

健やかに土台を整え、しっかり潤して
守ってきてもできてしまったシミ。



まさに美肌の汚点ともいえそうな存在、
どうにかして取り除きたいですよね。


美白効果が高いといわれる成分の多くは
「チロシナーゼ」に働きかけるというもの。


シミ、シワの原因メラニン色素は
チロシナーゼという酵素が肌の中にあるアミノ酸の一種、
チロシンをメラニンに変換させる事で作られます。


チロシナーゼ酵素の働きを抑制できれば、
同時にメラニンの生成も抑えられるという訳ですね。


代表的な物は「ハイドロキノン」や「アルブチン」、「コウジ酸」等です。
いずれもチロシナーゼ酵素のはたらきを抑制して、美白へ導きます。


ハイドロキノンのその効果の高さは皮膚科でもお墨付き。
ヒドロキノンとも呼ばれます。


但しアルブチンに比べると肌への負担がいくらか大きいとの事なので
美肌の為には部位・お肌のコンディションによって使い分けたい所です。


コウジ酸はコウジ菌を扱う職業の方たち(杜氏さん等)の手が
白く美しかった事からその研究が進んだ美白成分です。
同様にチロシナーゼ酵素の活性、合成を阻害する事で美白へと導きます。


いずれも成分配合のスキンケア商品がたくさん出回っています。
美肌の仕上げは色ムラやくすみのない明るい肌。
ぜひ参考になさってくださいね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

19.美肌を取り戻す<抗酸化物質3>

2012-11-30 00:00:00 | 日記

抗酸化物質がいくつかに大別できる、というお話をした所で
その種類が豊富でおなじみの成分も多いのが「ポリフェノール類」。


以下ポリフェノール類と区別される抗酸化物質です。


<カテキン>
緑茶でおなじみカテキンには殺菌作用・血中コレステロールの低下→
高血圧予防などの効果があります。
美肌においてもその殺菌作用が注目されています。
含まれる食材はワインやお茶、リンゴ、ブルーベリーなど。


<タンニン>
カテキン同様、殺菌効果があります。
いわゆる渋味成分で、お茶、赤ワイン、柿、バナナなどに含まれるています。


<アントシアニン>
赤紫色をした植物に多く含まれている色素の成分。
ブルーベリーなどでおなじみですね。
肝機能の向上、疲れ目の解消などに効果的といわれています。
含まれる食材はムラサキイモや、ブルーベリーなど。


<ルチン>
ソバでおなじみルチンはビタミンPの一種。


<イソフラボン>
エストロゲンと同様の働きをしてくれます。
ホルモンバランスを整えてくれる事から
アンチエイジングに効果的と言われています。
大豆、またお豆腐や納豆などの大豆加工食品や
葛・葛粉に含まれています。


<クロロゲン酸>
コーヒーに含まれるクロロゲン酸には消化器、代謝性疾患を改善する作用があると言われています。


<エラグ酸>
美白化粧品でもおなじみ。
イチゴなどに含まれるポリフェノールです。


<リグナン>
ゴマに含まれています。
いわゆる「ゴマリグナン」ですね。


<クルクミン>
ウコンに多く含まれています。


その抗酸化作用から美肌力upは間違いなしの食物たち。


またこれらを含む食材はポリフェノール以外にも、
美肌に有効なビタミン類を多く含んでいます。
ぜひ積極的に取り入れたいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

18.美肌を取り戻す<抗酸化成分2>

2012-11-29 00:00:00 | 日記
<コエンザイムQ10>
別名ユビキノン・補酵素・ビタミンQとも呼ばれます。
その抗酸化作用から美肌によいといわれています。


余談ではありますがマウスでの実験で、
老人性難聴の予防に効果アリという結果が出たそうです。


こちらも高い抗酸化作用によるものとの事なので、
美肌にもその効果を発揮してくれそうですね。


<白金ナノコロイド>
プラチナ○○などの名称で健康食品や化粧品にも使われている白金ナノコロイド。
白金の触媒作用によって活性酸素を除去してくれるそうです。


<ピクノジェノール>
ポリフェノール類の抗酸化成分で、別名フラバンジェノールとも呼ばれます。
フランスの南西部に群生する松の樹皮より抽出されます。


最近の研究ではビタミンCやEより抗酸化作用が強いことが判明、
欧米では成人病予防や老化防止に大注目されているのだとか。


余談ではありますが、抗酸化成分は
その種類によっていくつかに大別できます。


「ポリフェノール」「カロテノイド」「セサミン」
「大豆サポニン」「アリシン」など。


いずれも活性酸素を取り除く効果を持っています。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

美肌を取り戻す<抗酸化成分1>

2012-11-28 10:37:44 | 日記
老化をはじめ、体への様々な悪影響の源となるのが「活性酸素」。
これはいわば体の「サビ」。


体内のたんぱく質や脂質、
DNAなどを酸化させてしまいます。


しかし悪影響と知りつつ我々が酸素を取り入れて
生きている以上は切っても切り離せない存在。


我々の体には対抗する機能も備わっているのですが、
カバーしきれなかったり、加齢によって機能そのものが
低下したりでなかなか除去しきれません。


この活性酸素を除去、
防ぐ手助けをしてくれるのが「抗酸化物質」です。


中でも「美肌成分」としてよく耳にする物を挙げてみました。
(ポリフェノール類は別記します)


<アスタキサンチン>-カロテン類
エビ・カニなどの甲殻類や鮭のその赤はアスタキサンチンの色。
カロテノイドの一種、色素物質です。


高い抗酸化作用を持ち、
紫外線や脂質の過酸化反応から
体を防御してくれるそう。


<α-リポ酸>
その抗酸化力はビタミンC、Eの400倍とも言われています。
また元気のなくなった抗酸化物質を再び活性化させ、
そのパワーを持続させてくれるそう。


最近話題のα-リポ酸の痩身効果については
実は今のところ信頼できるデータは上がっていないそうです。
少し残念ですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

◆関連リンク◆

副業ネットお金儲け副収入を得るならここ!