シミサン走る~マラソン~僕らは今も自由のままだ~

ランニングトレイル吉田拓郎 市民ランナーの日常~平々凡々~日記

黙って~吉田拓郎 Part82 Bob Dylan The Times They Are A Changin' 1964

2016年10月14日 09時55分26秒 | 吉田拓郎

 さまよう人たちよ、回りに集まれ
水かさが増していることに気づくんだ
そしてもうすぐ骨まで浸み込む
もしあなたにまだ助かる時間が残されているなら
泳ぎ始めたほうがいい
さもないと石のように沈んでしまう
時代は変わっていく

ペンで予言する作家や批評家たちよ
目を見開くんだ
チャンスは二度と来ない
そして車輪をくるくる回そうとすぐに話すな
その名前を言ってくれる人はいない。
敗者が後で勝つように
時代は変わっていく

上院議員よ下院議員よ
呼ばれても気をつけて下さい
入口に立ってホールをふさがないで
傷ついたものが立ち往生しないように
外では激しい争いが起こっている
まもなく窓は揺さぶられ、
壁は叩かれる
時代は変わっていく

国中の父親よ母親よ
自分が理解できないことを非難するな
あなたの息子や娘は
あなたの支配の及ばぬところにいる
あなたの来た道は瞬く間に古びている
どうか手を貸せないのなら新しいものを邪魔しないで
時代は変わっていく

ラインは引かれ
コースは決められる
今、遅いものももう通り過ぎてしまう
今の移り変わりが早くなるように
秩序は瞬く間に色あせる
そして今、先頭を行くものはあとで最後尾になる
時代は変わっていく


                 1963「時代は変わる」より




Lonesome Death of Hattie Carroll (Live 1965) - Elston Gunn

 

ウイリアム ザンジンガーは哀れなハッティ・キャロルを殺した
ダイヤモンドの指輪をはめた指でステッキを振り回し
ボルティモアホテルの社交界の集まりで
警官が呼ばれ、彼の武器は取り上げられ
拘置所に連行された
そしてウイリアム・ザンジンガーは第一級殺人で起訴された
しかし、屈辱を理論づけし、すべての恐怖を非難する人よ
涙ぬぐう布から顔を上げなさい
今は涙しているときではない

ウイリアム・ザンジンガーは24歳
600エーカーのタバコ農場を持ち、
裕福な両親に保護され扶養されている
メリーランド州の高官とも親交があり
彼は自分のやったことに肩をすくめて見せ
宣誓し、あざけり、口汚く怒鳴りつけ、
そして数分後に保釈され、外を歩いていた
しかし、屈辱を理論づけし、すべての恐怖を非難する人よ
涙ぬぐう布から顔を上げなさい
今は涙しているときではない

ハッティ・キャロルはキッチンのメイドだった
彼女は51歳で、10人の子持ちだった
彼女は皿を運び、食べ残しを下げた
かって一度もそのテーブルに座ったことがなく
そのテーブルの人たちに話しかけたこともなく
テーブルの上の食べ物をかたづけ
すべての灰皿を空にし
一撃で殺された、ステッキで殴打され横たわった
それは大きく空を切り、その部屋で打ち下ろされた
すべての優しさを破壊する決断と審判がなされた
そして、彼女はウイリアム・ザンジンガーに何かをしたわけではなかった
しかし、屈辱を理論づけし、すべての恐怖を非難する人よ
涙ぬぐう布から顔を上げなさい
今は涙しているときではない

栄誉ある法廷で、裁判官は槌を打ち鳴らした
すべてが公平であることを、法廷が正義であることを示し
そして、書物の綴りが抜かれたり差し替えられたりすることがないことを
高貴な者であっても同等に取り扱われることを
一度でも警官に追われ捕まった者は
法律の段階には、上層も下層もなく、
何の理由もなく人を殺す者を睨みつけ
何の警告もなく、衝動でことを起こす者を
そして裁判官は法衣にかけ、もっとも深い見識をもって語った
刑罰と悔い改めを厳しく言い渡した。
ウイリアム・ザンジンガーに6ヶ月の判決を

おおしかし、屈辱を理屈づけし、恐怖を非難する人よ
涙ぬぐう布に顔をふかく埋めよ
今こそ涙するときだ



                 1963「時代は変わる」より


『うれしい』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 3回目のハセツネ  | トップ | 初期伊万里 憧れ! »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おめでとうございます^^ (mikima)
2016-10-17 07:16:22
自分のブログを見て・・・え~?!「準ちゃんが吉田拓郎に与えた多大なる影響」の作曲って ボブ・ディランだったの?・・・なんて言う歌なんだろう(^_^;)
Unknown (mikima)
2016-10-17 07:42:51
ハッティキャロルの淋しい死

って歌だったのね。
本当に~びっくりです。 (シミサン)
2016-10-17 16:50:51
拓郎を通じて~ボブディランを聞きましたが~作詞の内容が解らず~訳詩を見ても解らず~~あまり聞いてこなかったんですが~~ただ、受賞を聞いて作詞家として詩人として評価されたことはすぐにわかりました。

今の若い人は何もわからないそうですね!?

拓郎も憧れたボブ~ディラン そして私も憧れた、拓郎!
その楽曲の中に~ボブディランが居たねぇ~~西洋拓郎~ディラン~~和性ボブディラン~拓郎 となるのでしょう~この機にボブ ディランの詩を見て行きたいと思います。 しばらく~ボブ ディラン!!

村上春樹より嬉しいかも~~次は拓郎!!(笑)!!
繋がってる^o^ (mikima)
2016-10-19 08:59:23
この詩?を歌に乗せようと思えたなって思いますね。
コンサートの時、ボブ・ディランの話が出て、そして、お友達との話の時も、シャングリラのレコーディングの話でボブ・ディランの話が出ましたね。なんか、あるんですね〜😊

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL