netton女王さまのメモメモ日記 -2-

日常の喜怒哀楽をおもしろおかしくnetton女王さまの性格そのままに・・・

花の命は短くて

2017-05-12 | 私が出会ったいい言葉
「花の命は短くて 苦しきことのみ多かりき」
これ  で全文なんですね!!
作家 林芙美子といえば「放浪記」が浮かびますが、氏が好んで書いたという短詩の「苦しきことのみ多かりき」に抵抗を感じてプロフィールを探ってみました。

自由奔放に生きた人と思いきや・・・47歳という若くしてこの世を去った身心共の放浪者だったのでしょうか?



我が家のベランダを賑わしてくれた
ペラルゴニウムでしたが・・・




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雑草という名前の草花はない! | トップ | 16年間ありがとう!! »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
林芙美子 (moscat)
2017-05-13 04:54:55
「海が見えた。海が見える。五年振りに見る尾道の海はなつかしい」、中学生の時ですから今から50年少し前の5月5日子供の日に両親・弟・妹の5人で尾道へ旅行した時に千光寺公園の文学の小道で見かけた石碑に刻まれていました。
東京単身赴任時代には森光子さん主演の放浪記の舞台を見に行った事もあります。
有名なでんぐり返しのシーンではまだしっかりとでんぐり返しをされていました。
林芙美子が尾道の実家に帰ったシーンも有り、瀬戸内海の砂浜に佇んでいた事も思い出します。
JR尾道駅前にも林芙美子が座り込んで遠くを見つめる姿の像が有ります。
尾道には行かれた事有りますか?
坂が多い小さな街ですがいいところです。

ペラルゴニウム、短い命だったのですね。
記憶 (netton)
2017-05-18 20:10:38
moscatさん
コメントありがとうございます。
すごいですねぇ 50年前の記憶!!
舞台らしきものを殆ど観ないnettonさんですが、森光子さんには会いたかったなぁ~!

ゴールデンポークカツカレーは美味しかったですか?
nettonさんは時々レトルトカレーで作りますよ。
お味は保証できませんが・・・

コメントを投稿

私が出会ったいい言葉」カテゴリの最新記事