論文捏造

論文捏造・二重投稿・盗用の研究不正疑惑を追及。論文捏造反対!論文撤回、訂正も監視します。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

慈恵医大の懲りない面々

2012-02-01 | 東京慈恵医科大学 神経内科


慈恵医大の懲りない面々

Retraction Watch / 2011.10.02 04:27 / 推薦数 : 1

うっかりミスによるデータ数値の誤り

が数多くあり、

あなたの論文が撤回されたとします。

 

しかし論文そのものの結論に揺るぎがないのであれば、

データの誤りを訂正して

もう一度新しい論文として投稿し直すことに、何ら不正はありません。

撤回された論文は、もうこの世から消されたものと解釈でき、2重投稿にはあたらないからです。

 

2008年に6本の論文が撤回された慈恵医大神経内科のOka 氏は、

その後3本の論文を発表しました。

J Neural Transm 2011 Sep;118(9):1323

Reduced cardiac (123)I-MIBG uptake reflects cardiac sympathetic dysfunction in de novo Parkinson's disease

Oka H, Toyoda C, Yogo M, Mochio S

 

Eur J Neurol 2011 Feb;18(2):286

Cardiovascular dysautonomia in de novo Parkinson's disease without orthostatic hypotension

Oka H, Toyoda C, Yogo M, Mochio S

 

J Neurol 2010 Jun;257(6):969

Olfactory dysfunction and cardiovascular dysautonomia in Parkinson's disease

Oka H, Toyoda C, Yogo M, Mochio S

 

やはり3本ともパーキンソン病に関するものです。

6論文が撤回された後に、新たに臨床研究をやり直した結果を発表したものでしょうか?

そんな面倒なことはせず、撤回論文に少し手直しをして焼きなおしたものでしょうか?

 

すくなくとも

J Neural Transm

に掲載された論文は撤回論文の焼き直しのようです。

なぜなら、撤回論文中の図を再利用しているからです。


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【5】慈恵医大パーキンソン論... | トップ | 肺高血圧症と女性ホルモン【1】 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事