論文捏造

論文捏造・二重投稿・盗用の研究不正疑惑を追及。論文捏造反対!論文撤回、訂正も監視します。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

山中伸弥氏の論文画像類似事案(捏造指摘ではない)

2013-08-08 | 山中伸弥(ノーベル賞)

Fig.3Aの画像の疑義の件:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/life/1364040890/240

Fig.7Bのグラフの疑義の件:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/life/1364040890/511

山中伸弥氏のEMBO J誌論文に関する2ch書き込みまとめ

 

続報:

朝日新聞: 山中教授が会見「論文内容は正しい」 元画像はなく謝罪

時事ドットコム:山中教授、不正否定=共著者ノート確認できず-14年前の論文・京大

産経新聞: 【山中教授論文】14年前の論文にネットで疑義 「内容に問題なし」も一部データ散逸で陳謝

NHKニュース:Reading:京大・山中教授が自身の論文巡り会見 

EMBO J誌2000年の論文のFig.3AやFig.7Bのデータは、中国からの留学生が作製し、山中氏は関与しておらず、彼女の生データは保存されていなかったということでしょうか?

14年前の論文なので、生データが残っていなくても、合理的な保存期間(通常論文出版後約5年)を過ぎていますので、仕方がないのかもしれません。


山中伸弥氏の論文画像類似事案(捏造指摘ではない)  (Twitter: @JuuichiJigen

捏造、不正論文 総合スレネオ2 のコメント240で指摘された、
山中伸弥氏の論文(EMBO J. 2000;19:5533-41.)の実験画像類似事案について。 

240 :名無しゲノムのクローンさん:2013/03/30(土) 16:25:14.15=New= 
●EMBO J. 2000;19(20):5533-41. 
www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/11032820 
Fig. 3A。+/-の上のバンドと-/-のバンド。完全一致はしない。 

511 :名無しゲノムのクローンさん:2013/04/06(土) 00:05:20.32>>507 
だまされてはいけない 
>>240のFig.3Aの上には「+/+」「+/-」「-/-」という文字が並んでいる 
高解像の図でこの文字を拡大してみると良い 
3つの「+」のカタチはidenticalではないことが明確にわかるはず 
この画像は同じはずの文字がこれだけ異なってしまうような何らかの作業を経て作られている 

>>506の作業を「+」について行っても、差分は検出されるだろう 
つまり、>>506はシロであることの証拠には全くならない 

ところで、Fig.7Bの右の棒グラフのエラーバーはどれも似たような長さだな 
偶然なんだろうが 

 

↓ 上記指摘の解説図1

 

↓ 上記指摘の解説図2




以上の説明図で示されたように、山中伸弥氏の筆頭著者および責任著者であるEMBO J誌の論文(EMBO J. 2000;19:5533-41.)のFigure 3A の真ん中のレーン(+/-)の上部のバンド画像(700bp)と、 右端のレーン(-/-)の上部のバンド画像(700bp)との間において、 

互いにバンドの輪郭や周りのノイズに、高い類似性が認められます。 

しかし、完全には一致しません。 
ただし、このような高い類似性が起こる確率は、極めて低く、この二つのバンド画像は、ある同一の画像を複製して得られた可能性が高いと推測されます。 

ドット単位で見て完全には画像が一致しない理由は色々あると思います。 
例えば、 

紙媒体の論文原稿あるいは出版物をスキャンしデジタルデータに変換したときに、二つのバンド画像のノイズに差が生まれた可能性とか、 

複製された画像(高解像度画像)を、論文投稿用に低解像度でJPEG圧縮したときに、二つのバンド画像のノイズに差が生まれた可能性とか、 

あるいは、画像編集ソフトで、意図的に二つのバンド画像が完全一致しないように細工がほどこされた可能性などです 

(また、バンド周囲の薄いノイズの一致性は低いですが、濃淡が薄い部分は、スキャン操作あるいはJPEG圧縮などの何らかの影響を受けやすいためと推測されます。その証拠に、ゲル画像の長方形の境界線周囲や、+/+, +/-, -/-, 700, 175, といった文字の周囲にもノイズが認められ、それぞれの+, -, 0 といった同じ文字同士でさえも完全に一致しません。そこで、赤線枠内の画像を拡大後、コントラストを+80上げると、二つのバンド画像の類似性がより際立ってくるのがわかります。)


これらの疑惑は、生データ(実験ノート、JPEG圧縮前の高解像度のゲル画像(フルスキャン画像)など)により解消されます。



 その他、この論文(EMBO J. 2000 Oct 16;19(20):5533-41.)のFigure 7B の右側の棒グラフの各グループのエラーバー(標準偏差)について、大きさがほとんど同じであり、不自然すぎるという指摘も上がっています。

この疑惑についても、生データの提示により解消されます。(なお、このFig.7Bのグラフの全てのエラーバーの値が同じである件に関しては、単に、エクセルなどの計算式が間違っていた(うっかりミス、honest error)可能性もありますね。)

 

↓ 2chの捏造、不正論文 総合スレネオ2のコメント511における指摘

511 :名無しゲノムのクローンさん:2013/04/06(土) 00:05:20.32>>507 
だまされてはいけない 
>>240のFig.3Aの上には「+/+」「+/-」「-/-」という文字が並んでいる 
高解像の図でこの文字を拡大してみると良い 
3つの「+」のカタチはidenticalではないことが明確にわかるはず 
この画像は同じはずの文字がこれだけ異なってしまうような何らかの作業を経て作られている 

>>506の作業を「+」について行っても、差分は検出されるだろう 
つまり、>>506はシロであることの証拠には全くならない 

ところで、Fig.7Bの右の棒グラフのエラーバーはどれも似たような長さだな 
偶然なんだろうが 


 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山中伸弥  2ch書き込みまとめ | トップ | 小保方晴子 STAP細胞 (ニュ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ヒトiPS細胞(Cellの論文)のテラトーマ (Unknown)
2014-03-30 10:06:55
ヒトiPS細胞(Cellの論文)のテラトーマは、マウスiPS細胞のテラトーマのようである(疑惑があります)。ただし、画像の使い回しではなく、元の試料の使い回しの様です。検証可能ですか。ヒトiPS細胞のテラトーマとマウスiPS細胞のテラトーマとは見た目が、通常、大分違います。最初のヒトiPS細胞(Cellの論文)のテラトーマだけ、マウスのようです。ヒトテラトーマ形成は時間もかかり、作成効率も低いので、先陣争いの際に焦ったようです。絶対必要なデータですから。直後、Tさんは正直に、できなかったと理研で公言していました。でも、どなたも質問しませんでした。不思議ですね。
Unknown (Unknown)
2014-04-29 00:02:28
日本の科学者は信用できん、まさかノーベル賞の山中氏じゃなくて小保方のグルがやってたとは。実用化何て所詮無理。神の領域を冒してはいけないってことだよ。税金何千億使ってろくな研究していない。それより、インフルエンザのタミフルを発明したやつの方がはるかにノーベル賞もんだよ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています