eラーニングの現状と展望

ネットラーニングHD、ネットラーニング、WIWIW、Phoenix Consulting、各代表取締役 岸田徹

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

オープンユニバーシティのMBA人気上昇

2014-01-15 12:56:01 | The Open University
オープンユニバーシティのMBAの人気が、日本国内でも急上昇している。

理由は、いくつかある。とくに職場で実践しながら理論を学ぶという新しいかたちのMBAとして、その価値が強く認識され始めたことが第一だろう。ケーススタディ型のMBAにとってかわるともみられている。

一方、MOOCsが全世界に爆発的なひろがるにつれて、英語ネイティブでない人たちにとってのMOOCの価値も注目されるようになった。つまり、読んだり書いたりすることがベースなので、多少英語に自信がない人でも積極的に参加できるという点だ。

たしかに、ハーバードなど教室型のMBAでディスカッションが中心であれば、よほど英語に自信がなくては入学できない。

オープンユニバーシティのMBAの場合、大量に読み、SNSベースでディスカッションをおこない、職場で実践し、その結果を長文のレポートにする。ときには、ネットのライブの討議や1週間ほどのスクーリングもある。わたしのような英語が不得意な者でもチャレンジができている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

これからのMBA

2014-01-05 20:15:18 | The Open University
ケーススタディ型MBA、討論型MBAから、実践型MBAへ。

企業は、すべてちがう環境にあり、組織もちがう。どんなにすぐれた経営論であっても、個別企業にとって意味がまったくちがう。

個別企業の個別状況の中で、実践しながら最高の理論を学ぶMBAがこれからの主流となる。職場を離れずネットによる学習を駆使するMBAだ。

どういうケースでうまくいかないのかが重要なテーマとなる。

ーーと、ハーバード大学MBAの教授が言っている。もちろん、わたしもそう思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

英国国立オープン・ユニバーシティ

2013-12-18 21:33:18 | The Open University

英国国立オープン・ユニバーシティのMBAプログラムを受講中の方のインタビューがマイナビニュースに掲載されました。
http://news.mynavi.jp/ad/2014/career/school2014/openuniversity/

「OUMBAの良さは、オンライン受講の強みを活かして、学んだことを実践し職場に変化をもたらすことを重視したカリキュラムにもあります。」

まさに、キャリアを中断することなく、即実践に活かすことができる世界有数のMBAプログラムなのです。言語はすべて英語。修了する頃にはかなり高いレベルのビジネス英語力はもちろん、世界を舞台にビジネスを遂行する実務能力が確実に養われます。

今年度は受講生も急増。説明会も開催しておりますのでご興味のある方はぜひお問い合わせください。

英国国立オープン・ユニバーシティ 日本事務局
http://openuniversity.jp/
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MBAのスクーリング

2012-01-09 02:48:18 | The Open University
MBAのスクーリングをおえて、帰国中。フランクフルト空港にいます。

実際、生まれてはじめて英語で会話をしました。入国管理やホテルのチェックインで多少話をしたことはあっても、あとは全部日本語で通してきたので、これはまったくの初体験であり、チャレンジです。

チュータの指導で学生12人が、課題ごとにグループに分かれてディスカション。みんなが助けてくれたので、なんとか無事に終了。

学生は男女同数くらい。国際機関で働く2人や、コンサルタント、大企業社員、自営など多様です。わたし以外は英語自由自在です。ガーナから来た女性をはじめ、各国を移動して働いている人も多い。動機は収入の増加だと言いきる人が多かった。

わたしにとっては、英語にたいするためらいがかなりやわらいでいます。短期集中で、相応の英語力をつけようという意欲がたかまっています。

英語でMBAというのは、わたしにとってはかなりのチャレンジです。1日に3時間程度の学習が必要です。でも、学習の手応えがおおきいので、継続できそうに思われます。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

23時間かけてホテルに到着

2011-12-15 05:31:40 | The Open University
ミルトンケインズのホテルに到着。こちらの時間で午後8時でした。

日本時間では、午前5時です。徹夜状態です。

東京で家を出たのが午前6時過ぎですから、23時間も旅をし続けたことになります。ほとんど徹夜で。

ロンドンの気温は5度、曇りです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

MBA 基礎講座、提供開始!

2011-02-25 14:17:37 | The Open University

以下、ネットラーニングのメールマガジンからの引用です。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 《 提供開始!  》
     MBAのエッセンスを短期間で!MBA 基礎講座
              ―Postgraduate Certificate in Business Administration ―
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

英国国立オープン・ユニバーシティ ビジネススクールでは、MBAのコア理論を1年間で学ぶ、MBA 基礎講座の提供を開始します。

キャリアを中断することなく、実践力と英語力を向上でき、修了時には Postgraduate Certificate も授与されるので、MBAのエッセンスを短期間で学びたい、という方に最適です。

-------------------------------------
【コース概要】

・Unit 1  Exploring management
・Unit 2  Managing people and organizations
・Unit 3  Managing financial resources and performance
・Unit 4  Managing marketing
・Unit 5  Managing operations
・Unit 6  Managing projects and change

【評価方法】
小課題(TMAs :Tutor - marked assignments) 7つ、最終課題、コース末テスト

【出願に関して】

■ 出願期間: ~2011年3月31日(春期締め切り)
■ 開講時期: 春期(5月)、秋期(11月)
■ 費用: 約80万円(為替および年度により変動します)
  (内訳)・入学金:¥52,500 (税込)
      ・学費:£4,890(英ポンド)
      ・国内サポート費:¥79,300(税込)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オープンユニバーシティ、人事担当者向け説明会

2010-11-05 14:58:12 | The Open University

以下、ネットラーニングのメールマガジンからの引用です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

   英国国立オープン・ユニバーシティMBAプログラム

      人事担当者様向けプログラム説明会

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本説明会では、オープン・ユニバーシティ ビジネススクールより講師を招き、プログラムの特長企業での活用方法や活用事例をご紹介いたします。ビジネス環境のさらなる変化に備え、ぜひご出席ください。

本学の専門家自らによる、貴重な説明会です。先着20名となりますのでぜひお早めにお申し込みください。 

※説明会は英語で行われますが、日本語によるサポートがあります。

◎日時   2010年 12月8日(水) 16:00~17:30 (開場 15:30)

◎場所   株式会社ネットラーニング 会議室

◎定員   20名 ※先着順

◎参加費  無料

◎講師   Dr Devendra Kodwani 氏

---------------------------------------------------------

  英国マンチェスター・ビジネススクールでPhDを取得。インドの the Indian Institute of Management, Ahmedabad、クジャラート大学、Tolani Institute of Management Studies を歴任。
  また、世界各国の大学カンファレンスに招待され講義を行うなど、グローバルに活躍中。2004年にオープン・ユニバーシティ ビジネススクールのファイナンシャル・マネジメントセンターに着任、MBAのファイナンス関連のコース制作にも携わる。

---------------------------------------------------------

 ▼詳細・お申込はこちら↓

http://www.netlearning.co.jp/hojin/seminar/ad_73.asp

 みなさまのご参加を心よりお待ち申し上げます。

 ■──────────────────────────────

    働きながら学べる世界トップクラスの国際MBA

──────────────────────────────■

 有望な社員を幹部候補として育てたい、さらなるビジネスのグローバル化を前に、グローバル人材を育成したい、海外MBAに派遣したいけれど、MBAを取得して辞めてしまうのでは困る、今すぐに組織に変革をもたらしたい・・・

 ネットラーニングはそれぞれの課題を解決するリーダー・幹部候補育成プログラムとして、英国国立大学オープン・ユニバーシティのMBAプログラムを推薦いたします。本プログラムは、3つの国際認定を持つ世界でも最高レベルのプログラムです。

遠隔教育なので、キャリアを続けながら自宅で受講でき、豊富なグループ学習により、グローバルな人材ネットワークの構築も期待できます。また、各受講者の実務を課題として取り込み、理論に対する理解を深める構成により、学習内容を即実務に活かすことができ、組織の活性化にもつながります。

 ▼カリキュラム

http://openuniversity.jp/mba_program/curriculum/

 ネットラーニングは、英国最大の国立大学オープン・ユニバーシティと提携し、同ビジネススクールMBAプログラムの2010年秋期生の募集を開始しております。国際的に権威ある3つの認定を受けたMBAプログラムは世界的にも大変希少であり、ネットラーニングは国内唯一の公認パートナーです。

 ▼英国国立オープン・ユニバーシティ 日本事務局Webサイトhttp://openuniversity.jp/

▼募集要項

http://openuniversity.jp/mba_program/admission/

 オープン・ユニバーシティ ビジネススクールは、世界をリードするトップクラスのビジネススクールの一つです。革新的で、実践ベース、クオリティの高い学位教育を遠隔教育をベースに行っています。1983年の開学時より、2万人を超すMBA修了生を送り出し、現在、世界約75ヶ国で学ばれています。

 ネットラーニングは、国内最大手のeラーニングカンパニーとして約3,300社(校)に教育研修プログラムを提供してきたノウハウを活かし、日本における総合事務局としてプログラムの紹介をしながら、入学に関わるすべての手続き、および在学中や修了後においても受講者をサポートいたします。

 このプログラムの提供を通じて、グローバルに通用する人材の育成に寄与したいと考えております。

 **************************************************************

  オープン・ユニバーシティ【 MBAプログラムの5大特長 】

**************************************************************

 

(1) 3つの国際認定という最高品質

(2) 働きながら学位を取得

(3) その人の実務をベースとする実践的カリキュラム

(4) 世界に通用するビジネス英語力の飛躍的な向上

(5) 世界最大級のMBAネットワーク

 

▼詳細はこちら↓

http://openuniversity.jp/mba_program/

 

その他、本プログラムに関するお問合せはこちらまで↓

 =-=-=-お問い合わせ先=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

 株式会社ネットラーニング

 英国国立オープン・ユニバーシティ 日本事務局

 contactus_oumba@nl-hd.com

 http://www.openuniversity.jp/

 TEL:0120-91-6532  FAX:03-5338-7422

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

FREE MBA CLASSES ONLINE

2010-10-29 09:51:04 | The Open University

THE LONDON SCHOOL OF BUSINESS AND FINANCE OFFERS EVERYONE FREE MBA CLASSES ONLINE



The London School of Business and Finance (LSBF) today announced its new course which will make accessing high quality MBA course material just a mouse click away. At no cost, students with a computer anywhere in the world can sign up to the lessons. Accredited by the University of Wales, they only pay once they decide go forward for formal accreditation (examination).

プレスリリース:http://www.lsbf.org.uk/globalmba/globalmba


THE LONDON SCHOOL OF BUSINESS は、ロンドン大学とは別の大学ですが、
ロンドン大学は、歴史的にそのように成立してきた大学ですね。イギリスには、そのような発想があるのだと思います。

 

  元々卒業試験だけを行い、合格すればロンドン大学卒業資格を与えたので、多くの大学から受験され、また独学のほか予備校もどんどん成立しました。その後、ロンドン大学そのものも、単なる卒業試験機関ではなく、自らも教育を実施するように変遷してきました。 

ロンドン大学は、庶民の大学として、オックスフォードやケンブリッジとちがう道を歩み、多数の卒業生をうみだしてきました。 

OU(オープンユニバーシティ)は、ケンブリッジ、オックスフォードのような高度の教育を、ロンドン大学のように多数の学生に提供することを基本コンセプトにしています。 

梅田さんの『ウェブで学ぶ』という本にくわしく書かれているように、現在、オープン・エデュケーションの大きな波が世界を覆い、無料の講義や教材があふれています。この波の弱点は、やはり、自学自習の難しさであり、学習サポートがないことの困難さです。

学ぶ意思さえあれば、世界中に、最高レベルの大学の講義や教材が大量に公開されています。しかし、本当にそれを活用できる人たちは、強い学習能力をもったきわめて少数に限られています。

オープンエデュケーションの現状は、どうすれば、学外にひろくその教材を活用してもらうことができるのか、つぎのステップへの模索中というところです。 

今回 THE LONDON SCHOOL OF BUSINESS で注目されるのは、有料で学位をとる試験を受けることができるというインセンティブです。

これまでのオープンエデュケーションから一歩踏み出しており注目されます。あるいは、学習そのものは無料で、学位は有料という仕組みは、最近のネットビジネスの流れにものっています。 

ところで、梅田さんは、この本のなかで、オープンエデュケーションのなかにオープンユニバーシティもいれています。

しかし、教材や講義録などを用意し、あとは自分で学習してくださいというオールドラーニングのオープンエデュケーションと、徹底的に自学自習の学習プロセスをネットでサポートするニューラーニングとはまったく違います。 

OUを知れば知るほど、学習プロセスのサポートにいかに深いノウハウを蓄積しているのか、その素晴らしさに感嘆します。

OUとネットラーニングの提携は、われわれがその学習サポートを学ぶことができるという点でも、わがグループにとってラーニングデザインをさらに発展させるためにきわめて貴重な意味をもっています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ファイナンスのエキスパートが来日します!

2010-10-26 21:23:49 | The Open University
以下、株式会社パーソネル総研のブログ(http://blog.goo.ne.jp/personnel_2009/e/372e1c180ed06a3cd390da71c85aa75a)からの引用です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

皆様こんにちは。 (株)パーソネル総研の山岸です。
今週も一週間が始まりました! 週末は土曜日は快晴、日曜日は夕方から雨というお天気でしたが、今日も雨は降ったりやんだりといった予報です。 

さて、弊社パーソネル総研のグループ会社(株)ネットラーニングでは、英国国立オープン・ユニバーシティ(※)と提携し、世界トップクラスの国際MBAプログラムの提供を開始しています。

(※)オープン・ユニバーシティとは…
英国国立のトップクラスの大学で、さまざまな学術分野において国際的に認知された学位を取得することができます。約40年前の1969年に設立され、世界で初めて遠隔教育を中心とした高等教育に成功しました。 (現在、25ヶ国でパートナーシップを展開、75ヶ国、22万5千人以上の学生に約100の学位取得コースを提供しています(2009年データ)。

そして、12月上旬にオープン・ユニバーシティから講師を招いてワークショップを開催することが決定しました!!

講師は、オープン・ユニバーシティ ビジネススクール経済学講師の、Dr Devendra Kodwaniです。Dr. Kodwaniは、イギリスのマンチェスター・ビジネススクールでPhDを取得しています。
また、インドのthe Indian Institute of Management , Ahmedabad、グジャラート大学、Tolani Institute of Management Studiesで勤めた経験がありまた、世界各国の大学カンファレンスに招待され講義を行うなど、グローバルに活躍されています

オープン・ユニバーシティとBBCが共同で運営するOpen2.netで、Dr. Kodwaniの考えなどに触れることができます。 ぜひご参照ください。
 ・A brief history of... business collapses
 ・Airlines face the Prisoner’s Dilemma

 
  お問合せはこちら
   ☆お問合せフォームから資料を請求すると、優先的に詳細をご案内させて頂けるとのこと

講義内容のリクエストも受付中!ぜひ、ご興味のある方は上記フォームよりお問合せください!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オープンユニバーシティ学長インタビュー

2010-09-17 14:16:34 | The Open University
オーップンユニバーシティ・ビジネススクールの学長インタビューの記事が掲載されました。

以下をごらんください。
http://jp.ibtimes.com/articles/10066/20100917/60494.htm

なお、一部を以下に引用します。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「多国籍企業がグローバルに展開する中にあって、各国のビジネスマネジメントのみならず、世界各国の規制やビジネス環境の違いを理解し、効果的に組織を運営していくのに本大学のMBAプログラムによるビジネスマネジメントスキル取得の重要さがますます増している。日本経済は過去30年で飛躍的な変化を遂げてきた。日本企業の卓越したチームワーク・組織マネジメント力が培った技であったと高く評価している。しかし今後ますますビジネスがグローバル化する中で、日本で世界スタンダードのMBAを取得したビジネスパーソンが増えることで、より日本のビジネスマネジメントが世界経済の発展に貢献できるポテンシャルが大きくなるだろう」

「一国の文化や企業風土を乗り越えて、多種多様な国々の人々が協力してビジネスマネジメントを行っていく必要がある。また先のパキスタンで生じた大洪水のように、世界規模で生じる深刻な災害への対応策としても、一国ではなく世界各国、さまざまなステークホルダーが協力して、より迅速に問題解決への対応策を実践することが求められる時代に突入している。世界各国でグローバル・スタンダードなビジネスマネジメント・スキルの養われた人材が輩出されることで、発展途上国でのビジネス成長率の向上や効果的かつ迅速な問題解決が可能となることが期待される。
これからはアメリカ中心のビジネスではなく、世界がひとつになってビジネス経営に取り組んでいく時代だ」
コメント
この記事をはてなブックマークに追加