「TPP・憲法改正」で日本を滅ぼそうとしている

鉛筆で投票すれば、改ざんされてしまいます。
以下を、みんなに伝えてください。
「油性ペンを持参し、当日投票しよう!」

日本発の世界恐慌に備えよ!

2016-10-16 21:33:01 | 情報
支配者と奴隷で構成される社会、それがワンワールドだ。
イギリスは階級社会、王を頂点にしたピラミッド構造である。
中間層は下位層を支配し、自らをに上位層の仲間だと思っている。しかし、ピラミッドの頂点以外は、全て奴隷だ。
「奴隷」というと、どういうイメージを持つだろうか?
「鉄の鎖でつながれている。」といったイメージを持つのではないだろうか?
しかし、「鉄の鎖」は不要だ。
1.お金
2.宗教
3.思想・イデオロギー
4.麻薬
5.博打・ギャンブル
6.情報・教育
7.司法

-その構造-
下図は、「大英帝国」と「日本の悪の枢軸」を図解したものである。

皆さんは、「天皇」に対して、「良いイメージ」を持っているのではないだろうか。

ところで、現在、金融緩和を行っているが、どういうオペレーションか、お分かりだろうか?



日本銀行は、各金融機関・政府から国債を引き受け、その代わりに日本銀行券を渡す。(日本銀行券とは、我々が日常使っている紙幣である。)
日本銀行券は無利子だが、国債は有利子。その利子負担を、国民が負っている。
国民が貧しくなればなるほど、国債を発行することになるから、その利子負担が国民をさらに圧迫する。
日本銀行株の55%を政府が所有し、残り45%を天皇家・英国金融マフィアが所有する。
国民が貧しくなればなるほど、肥え太るのが「天皇」である。
国債発行総額が約1000兆円。その1年分の利払いだけで、政府税収の43%を占める。(出典
国民から搾取しているのは、他ならない「天皇」であることが分かるだろう。
本来、「通貨の発行権」は、政府が持つべきであり、それを歪めている元凶が天皇だ。

次は英国の官報からの抜粋である。



昭和天皇について書かれている部分を拡大したものが以下である。昭和天皇は、正規兵の英国陸軍元帥(Field-Marshal)と書かれている。


「K.G.」は「Knight of the Garter」の意味であり、明治以降の天皇は英国の騎士であって、英国のために働いている。
(出典)ガーター騎士・レディースのリスト(List of Knights and Ladies of the Garter)

大英帝国は、日本を奪おうとしている。

日本の経済力を急落させ日本円の価値を暴落させれば、お金というツールを使って日本の膨大な資産を容易に奪えることになる。

2015年1月14日新年恒例「歌会始の儀」、平成天皇の歌。
「夕やみのせまる田に入り 稔りたる稲の根本に 鎌をあてがふ」
(出典)朝日新聞デジタル記事

数限りない「日本人への裏切り」、「最大の売国奴」、それが天皇だ。
ジャンル:
超常現象
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本発の世界恐慌に備えよ! | トップ | 広島長崎原爆の真犯人は天皇 »

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL