ネッタイムス・ブログ

戯れ言や与太話、何でも御座れ。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

橋下徹市長の発言が波紋を広げている

2013-05-15 00:55:34 | ニュース
既に御存知の方も多いと思うのだが、日本維新の会の共同代表で、大阪の橋下徹「機長」じゃなかった「市長」の発言が波紋を広げている。が、である。私がこの橋下市長の発言を初めて聞いた時、不謹慎の謗りを免れないかも知れないが、腹を抱えて大笑いしてしまった(笑)。
まぁ、私の個人的な見解は後で書くとして、橋下市長が何を発言したのかと言えば、橋下市長は13日、今月初旬に沖縄県にある米軍の普天間飛行場を訪問した際、同軍の司令官に「もっと風俗業を活用して欲しい」と、風俗業の利用を促した事を明らかにしたのである(笑)。

橋下市長は、旧日本軍の慰安婦に関する記者団との質疑の中で、「慰安婦制度じゃなくても風俗業は必要だと思う。法律の範囲内で認められている中で、性的なエネルギーを合法的に解消出来る場所は日本に有る訳だから、もっと真正面からそう言う所を活用して貰わないと、海兵隊の猛者の性的なエネルギーを、きちんとコントロール出来ないじゃないですか。建前論じゃなくて、もっと活用して欲しいと言った」と述べた(笑)。

更に橋下市長は、「司令官は凍り付いた様に苦笑いになって、禁止していると言った。行くなと通達を出しているし、これ以上この話は止め様と打ち切られた」と、自身の発言で司令官が凍り付いた事も語っている(笑)。
この司令官も、「米軍はオスプレイですが、橋下市長のお勧めはコスプレイですか?」とでも言えば良かったのに。
それに対して橋下市長は、「コスプレの中ではスチュワーデスが一番良いですよ」とでも言えば、機長として面目躍如である。

まぁ、冗談は置いといて橋下市長は、「兵士は自分の命を落とすかも判らない極限の状況まで追い込まれる様な仕事。エネルギーは有り余っている。何処かで発散する事はしっかり考えないといけない」とも述べたり、旧日本軍の従軍慰安婦制度に付いても容認すると発言している。

橋下市長の風俗業の活用を促す発言に付いて、米国の国防総省は13日、「問題解決の方法として検討するのは馬鹿げている」とコメント。
更に担当者は、「国防総省内で買春を禁じる法律が有る。提言は有り難いが我々は法と米政府の政策に従う」と述べている。

下村博文文部科学相は14日、橋下市長が慰安婦を容認する考えを示した事に付いて、「敢えて発言をする意味が有るのか?、党を代表する人の発言では無い」と批判し、「日本の有力政治家の発言に付いて世界で相当誤解されていると感じている中、非常にタイミングが悪い」と指摘した。
橋下市長が風俗業の利用を促した事に付いては、「その辺のオジサンでは無いですから、もう少し認識する必要があると思う」と述べた(笑)。
同じく自民党の石破茂幹事長は、「国政を担う党のトップなのだから、四方八方に配慮して発言しないと国益を損なう」と述べた。

橋下市長は14日、ツイッターで「米軍が、法律で認められた日本の風俗業を利用する事は何ら問題は無い」と、改めて主張している。
米国防総省の「馬鹿げている」との批判に付いては、「アメリカはずるい。アメリカは一貫して、公娼制度を否定する。しかし米軍基地の周囲で風俗業が盛んだった事も歴史の事実」とし、批判的な意見が多い事に付いては「日本国に於いて法律で認められた風俗業を否定する事は自由意思でその業を選んだ女性に対する差別だ」と反論した。

日本維新の会の石原慎太郎共同代表は14日、橋下市長の慰安婦発言に付いて、「軍と売春は付き物だ。それが歴史の原理だ。橋下氏の発言は好ましく無いが、間違った事は言っていない」と、同じ政党の仲間として当然ながら、橋下市長を擁護している。
ここまで、橋下市長の発言と、それに対する反応をざっと書いてみたのだが、風俗業の活用を促す発言は面白くて、流石は今も大阪に残る遊郭「飛田新地」の、顧問弁護士をしていた事もある橋下徹だって事で、笑わせて貰いました。

飛田新地が云々に付いて、きちんと書いておくと、飛田新地は遊郭では無く、一応「料亭街」と言うのが建前だから、橋下市長は「飛田新地料理組合」の顧問弁護士をしていた訳である。
そんな橋下市長だから、どうせなら米軍の司令官に「大阪の飛田新地を米軍の御用達にしてくれ」とでも宣伝すれば、飛田新地の関係者からは喜ばれ、拍手喝采だったかも知れないのに(笑)。

まぁ、あれだ。茶化して冗談ばかり書いていても仕方が無いので、真面目な事も書くと、下村大臣が言う通り、「その辺のオジサンでは無いですから、もう少し認識する必要があると思う」って事だな。
橋下市長の言う事は正論だと思うよ、フラストレーションが溜まる等の生理的な現象は、綺麗事では無いからね。
風俗業に行けば、性犯罪が無くなるとは言わぬが、風俗業に行って一発抜けば、多少なりともストレス発散にはなるからね。

判る人は判るだろうけど、男の場合は一発抜けば、賢者になって冷静な判断が出来ると言った利点も有るしねぇ(笑)、まぁ、そんな感じですよ。
今回の一件で改めて思うのだが、橋下市長と一緒に酒を飲んだら、政治ネタやら下ネタやらで面白そうだと感じる訳だが、それは私が「その辺のオジサン」だからそう思うのであって、政党の代表と言う立場、そして大都市の自治体のトップと言う立場を考えたら、やはり自身の発言には注意が必要だろうな。
まぁ、今回の件で個人的な見解を言えば、正論だと思うし、何だかんだ言って、笑わせて貰いました(笑)。では。

【ネッタイムス・東坊京門・作】
ジャンル:
モブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 在日朝鮮人認定に激怒する人達 | トップ | 飯島勲参与の訪朝と拉致問題 »

あわせて読む