憲法改正で日本を滅ぼそうとしている。

このままじゃ、本当に日本が無くなってしまう。
みんなに伝えて下さい。
「期日前に行かず、油性ペンで当日投票する!」

選挙ハイジャックに対抗するために。

2017年10月16日 21時10分12秒 | 日記
長年積み重ねてきた日本人の富が急激に消失している。
さらに、自由・権利までをも奪われようとしている。
日本人は、物事を良いように解釈する癖を持っている。我々は善意で解釈する。
マスコミは、この癖を利用して耳触りの良い話で世論誘導する。
たとえば、非常事態法だ。
非常事態法の対象は、武力攻撃、内乱、暴動、テロ、大規模な災害などのほか、鳥インフルエンザやAIDSなど疫病もある。措置には警察・軍隊など公務員の動員、公共財の徴発、法律に優位する政令の発布、令状によらない逮捕・家宅捜索などを許す事の他、報道や集会の自由など自由権の制限である。
いずれの非常事態も人為的に起こすことが可能だから、簡単に日本人の自由を奪い奴隷化することができる。

安倍の背後にいるのは、大英帝国と日本の悪の枢軸である。
このような暴挙が何の躊躇もなくできるのも、「選挙ハイジャック」が可能であることに起因している。


http://ri4jp.web.fc2.com/page41.htmlから転載)


<不正選挙の手口>
1.投票率を下げる
投票に来ない人の投票用紙と予備票を利用して入れ換える。
投票用紙は、有権者数と予備分を含めた枚数を用意することになるので、
仮に、全ての有権者が投票に来ると困ることになる。
それは、入れ換えるための投票用紙が予備分のみとなってしまうからだ。

2.期日前投票に誘導する
期日前投票は選管で投票するが、夜間、第3者の監視があるわけではないので、入れ替えが可能だ。

3.鉛筆で投票させる
投票用紙はポリプロピレン(静電気ではマイナスに帯電)、鉛筆はカーボン(静電気ではプラスに帯電)である。
この関係をプラス-プラスの関係にすれば、白票(無効票)にできる。
さらに、プラス-マイナスの関係にすれば、改ざんできる。

4.マスコミで世論誘導する。
マスコミは誘導装置である。世論調査や政党支持率など、世論誘導が簡単にできる。

<不正選挙に対抗するには>
1.絶対、投票に行く。
2.当日投票する。
3.油性ペンを持参し、正しく、丁寧に書く。
4.装飾や印などは絶対書かない。(無効票になってしまい、彼らに有利になる。)
5.マスコミを決して信用せず、自身で調べ、考え、行動することが必須だ。

急いで対抗策を広く周知する必要がある。
下図のようなポスターをいくつか用意した。
ぜひ、ポスター掲載サイトを参照いただき、掲示にご協力いただきたい。
なお、いずれのポスターもPDF文書ファイルである。コンビニでプリントする際は、格安の文書プリントを利用できる。



<では、誰に投票すれば良いか。>

第48回衆議院議員選挙は、自由党は党としての候補者を立てないこととなった。
概ね以下の優先順位で投票すれば良いだろう。

****** 小選挙区 ******
1.以下の「自由党」が予定していた議員

 小沢 一郎
 広野 ただし
 真白 リョウ
 岡島 一正
 鈴木 まりこ
 佐藤 公治
 末次 精一
 玉城 デニー
 ひだか 剛
 村上 史好

2.「立憲民主党」
3.党方針で「民主党」から「希望の党」に移籍した議員か、無所属となった議員
4.「社民党」
5.「共産党」(共産党は裏自民党であり決して信用してはいけないが、表面上は市民の味方を演じているので、それを利用する。)

****** 比例区 ******
1.「立憲民主党」
2.「社民党」
3.「共産党」
ジャンル:
きいて!きいて!
この記事についてブログを書く
« 共謀罪のターゲットは、国民。 | トップ | 「小池百合子」と「日本の悪... »
最近の画像もっと見る

日記」カテゴリの最新記事