絵本の部屋

鈴木まもる「鳥の巣研究所」別館

「ウミガメものがたり」

2016年05月17日 | その他の本

 

「ウミガメものがたり」 鈴木まもる作・絵

童心社 32p 1500円+税
2016年5月15日 

母ウミガメが砂浜にうめた卵からかえった子ガメたち。
砂の中からはいだして海にむかいます。
でもそこはゴールではなく、長い長い旅のはじまりなのです。
子ガメたちの旅は、大きな地球の豊かさや厳しさ、そして
自然の不思議さを知ることにつながる、命のものがたりなのです。

(初版オビより)

 

 とびら

 

だれも いない なつの すなはま。
うみの なかから なにかが やってきました。
ウミガメの おかあさんです。
(p2-3)

 

 

 

でた でた! でてきた でてきた。
うまれたばかりの 子ガメは 5センチくらいしか ありません。
(p6-7)

 

子ガメたちは だれにも おそわらず うみに むかいます。
(p8-9)

 

 

 

子ガメは まだ ふかく もぐることができません。
ういている かいそうなどの なかに かくれ、
おおきな さかなに みつからないようにするのです。
(p14-15) 

 

うみの なかには、たてに ながい さかなも いるし、
ひらべったい さかなも いるし、とげのある さかなも います。
そらを とぶ さかなも いるし、さかなではない いきものもいます。
(p20-21)

 

20ねんくらい いきると、ながさ1メートルいじょう、
おもさも 100キロいじょうになります。
そして また 10000キロ はなれた 日本に かえろうと
およぎはじめます。
(p28-29)

 

 裏表紙

(引用文は本文の一部です)

 

<制作ノート>

 子どもの頃、だれもいない海岸で、ウミガメの白骨化したのが
打ち上げられているのを見つけました。頭蓋骨も甲羅も全身真っ白で、
とても美しかったです。今だったらどうやってでも持って帰ったと思いますが、
子供だったので、残念ながら大きすぎて持ち帰ることはできませんでした。
でも、その光景は心の中の引き出しにしまわれました。 
 大人になって、水族館に行ったら、近所の砂浜で生まれた子ガメが
水槽でたくさん泳いでいました。生まれたばかりの子ガメと白骨化したウミガメ。
ぼくの心の中で2つのエピソードが出合いました。
 暗い夜の砂浜でウミガメのお母さんが卵を産んで、そこからかわいい子ガメたちが
はい出して大海原にむかう…というのは、ニュースや本などで、よく見慣れた光景です。
「あの小さな子ガメは、どこに行き、どんなものを食べて、どんな暮らしをして、
あんな大きなカメになるのだろう?」という疑問と、心の中にあった2つのエピソードが
まざりあって、この絵本を描きたくなりました。

 今回は内容的にいろいろな要素があるので、1見開き1場面では表現できないと思い、
コマ割りの画面を使ったり、大きな絵で見せたり…。
 長い長いウミガメの旅と、大きな地球と自然の神秘や不思議、
元気に生きていく生命のたくましさを感じてもらえると嬉しいです。

 新しい生命を産むために、太平洋を横断して産まれた砂浜に戻ってくるウミガメ。
南の島から鳥の巣を作るためにやってくる渡り鳥。どちらも、誰に教わるわけでもなく、
地球という大きな自然の中で、自分の本能の力を信じて長い長い旅をして、
自分の生きる場所を見つけて生きているんだと思います。

 

Amazon

ウミガメものがたり
鈴木 まもる
童心社 2016年

  


この記事をはてなブックマークに追加

「だっこ」

2016年02月06日 | その他の本

「だっこ」

鈴木まもる作・絵
小峰書店 24p 1000円+税
2016年2月12日

ムニュッとだっこ ギューッとだっこ ほんわりだっこ
だっこ だーいすき!

 

 とびら

 

p.2-3
パンダの かあさん パンダだっこ
かあさん ムニュッと パンダだっこ

 

p.4-5
ライオンの とうさん ライオンだっこ
とうさん ヨイショと ライオンだっこ

 

p.5-6
ラッコの かあさん ラッコだっこ
かあさん ヨッコラ ラッコだっこ 

 

  裏表紙

 


<制作ノート>

今回はいろいろな動物たちのだっこと、それをまねする親子の絵本。 

お母さんのおなかの中にいたあかちゃんは、
産まれて外の世界にでてきても、まだまだ不安なことばかり。
しっかりだっこして育てるのはどんな生物もおんなじです。
この時期しっかり だっこされて育てば、
あとは一人で、どこででも生きていけます。

でも、この時期そういう体験していないと、
その不安感はいつまでたっても満たされないし、
あとから お金や物では埋めることができないのではないでしょうか。

どんな動物も小さい赤ちゃんをペロペロなめて育てます。
人間もそれは同じだと思います。
ペロペロなめて、しっかりだっこしてあげてください。
この絵本を見て、いろいろな動物のだっこをまねして遊んでくれたら嬉しいです。 

今回、鳥の巣は出ていませんが、
最後に愛の巣が出てきます。

 

 

Amazon ↓

だっこ
鈴木まもる 作・絵
小峰書店 2016年

この記事をはてなブックマークに追加

「すすめ!ゆきのきゅうじょたい」

2015年11月10日 | のりもの絵本

「すすめ!ゆきのきゅうじょたい」

竹下文子・作 鈴木まもる・絵
金の星社 32p 1200円+税
2015年11月10日

ぼくたち きゅうじょたい
さむい ふゆでも げんきだよ
ゆきみちで トラックが こまってる
どうする?
ひつじの おうちが つぶれそうだって
どうする?
きゅうじょたい しゅつどうだ!
(カバーそでより) 

「すすめ!きゅうじょたい」に続く第2弾。
6人の元気な子どもたちが、はたらく車でみんなを助けます。 

 

とびら












裏表紙


<制作ノート>

今回は冬の雪世界。

我が家のへんはあまり雪は降りませんが、
昔行った冬山の、葉が落ちた山の寒い感じや、
北風のピューピュー冷たい感じ、
雪原の荒涼とした広さ、足先からジンジン冷たい感じなどなど……

雪世界の荒涼とした美しさ、
空から無数に降って来て、空の彼方に吸い上げられていきそうな雪、雪、雪……
そんな白い雪をどんな色で表現するか……

雪が降ってきて、どんどん どんどん降り続き、
真っ白な世界になって、
それが物語終盤、だんだん雪もやみだして、明るい夕方になり、
楽しい雪遊びから、元気にさよならの場面に自然につながるように
とっかえひっかえ絵を描き進めました。

前作同様、ショベルカー、ホイールローダー、ダンプ、高所作業車、
クレーン車、ヘリコプター、それにチェーンソーなどは、
乗ったり、やったりしたときの気持ちを思い出しながら描いたので、
子供たちも、そんな気持ちになってくれたらうれしいです。



作者ブログは→こちら (閑猫堂)

 


Amazon

すすめ! ゆきのきゅうじょたい
竹下文子・文
鈴木まもる・絵
金の星社 2015年



この記事をはてなブックマークに追加

「おはよう!しゅうしゅうしゃ」

2015年10月20日 | のりもの絵本

「おはよう!しゅうしゅうしゃ」

竹下文子・作 鈴木まもる・絵
偕成社 32p 1000円+税
2015年10月20日

あさ はやく、ビルの かどを まがって、
あおい くるまが やってきました。
ごみを あつめにきた しゅうしゅうしゃです。
ほどうに おかれた たくさんの ふくろを、
おじさんたちが つぎからつぎへと
しゅうしゅうしゃの なかへ。
グイーーーン バリバリバリ ゴーーー
いっぱいになった しゅうしゅうしゃは
どこへ いくのかな?
(カバーそでより) 

 

 

 とびら

 

 

p2-3
あさ はやく。
ひとも くるまも まだ ほとんど とおらない みちです。

 

 

p6-7
かどをまがって あおい くるまが やってきました。

 

 

 

 

p10-11
あんなに たくさんあった ごみが きれいに かたづきました。

 

 

 

 

P14-15
しゅうしゅうしゃの うんてんしゅさんは、まわりに きをつけながら
はしったり とまったり。

 

 

 

p25-26
むこうに おおきな えんとつのある たてものが みえてきました。

(以上、文章は本文の抜粋です)

 

 

p32

 

 

   裏表紙

 

 カバーそでカット

 

<制作ノート>

だいぶ以前から作ろうと思っていたゴミ収集車の絵本。

どうしても、ゴミ焼却場の内部とか、仕組みとか……
社会科的になりそう(それはそれで大切なことなのだけれど)な内容なのですが、
このシリーズは“人間の暮らしや営みの中の車”という世界なので、
Fネコさんが、ある地方都市のゴミ収集車の1日を、
朝から夕方まで、それぞれの地域を回るという設定にして、
おはなしを作ってくれました。

我が家のあたりは山なので、町中を走る収集車を見ることがありません。
2年ぐらい前から、東京などに行くたび、収集車やゴミを出してあるところ、
町中の雰囲気など、頭の中にため込んでいました。

一方、住んでいる町が小さいので、焼却場も近くにあり、
たまに粗大ゴミなど捨てに行ったりしているし、
規模が小さいぶん、全体の感じがつかみやすかったです。

前述の“人間の暮らしや営み”ということで、
例によって、事細かに人の動作や建物の看板などなど……
いろいろ描いたり、以前描いた本に登場した人たちも出てきたり……
コチョコチョ、コチョコチョ、
町中をさまようように描いていました。

人間が生きて暮らしている街を描くのは楽しいことです。

 

☆作者ブログは→こちら(閑猫堂)

 

Amazon

おはよう! しゅうしゅうしゃ
竹下文子・作
鈴木まもる・絵
偕成社 2015年

この記事をはてなブックマークに追加

「生きものたちのつくる巣 109」

2015年10月16日 | 鳥の本

「生きものたちのつくる巣 109」

鈴木まもる 文・絵
エクスナレッジ 160p 2200円+税
2015年10月

家をつくるのは人間だけではない。
巨大な鳥の巣から、小さな深海生物がつくる巣まで、
いろいろな生きものたちがつくるさまざまな巣
全109種類を美しいイラストで紹介。

鳥以外の生きものも巣をつくる。
にせの出入り口のある巣(アフリカツリスガラ)
青いものを集めるコレクター(アオアズマヤドリ)
巣の出来ぐあいをメスがチェック(キムネコウヨウジャク)
踏んで踏まれてなかよく暮らす巣(ハダカデバネズミ)
レタスのような形の巣(ヤマネ)

(初版オビより) 

 

 とびら(セアカカマドドリの巣)

 

 

シャカイハタオリの巣

 

 

 

ワニの巣

 

ビーバーの巣

 

 

ヤマネの巣

 

 

シロアリの巣

 

裏表紙(アカハナグマの巣)

 

   

オビつき

 

Amazon

生きものたちのつくる巣109
鈴木 まもる
エクスナレッジ 2015年

 

 


この記事をはてなブックマークに追加