……… 池 千之助   信州ありふれた写真 ………。

信州・長野県(主に北信・東信)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただき有難うございます。

夏の終わり……、旧軽井沢の銀座通りを……!(1話)

2016年09月19日 | まち歩き
  敬老の日は、小雨の一日になりました。九州の方では、台風16号が勢力を拡大しているようです。気を付けたいものです。


  で、今日の写真は、先々週の末に行きました、避暑地・軽井沢の様子です。


  軽井沢の夏シーズンの混雑は、イヤっと言う程存じているもので、かと言って余り閑散期でも困るし、ちょうどタイミングを見計らって行って見たのですが、まだまだ賑やかな軽井沢でした。



photo 1



  旧軽ロータリーの辺から銀座通りに入って行きました。


photo 2


 
  こちらは、旧軽井沢森の美術館と言って、面白いアートが見れる所です。HPでご覧くださいませ。


photo 3


photo 4


photo 5


photo 6



  旧軽銀座通りには、ご覧のように色んなお店が並んでいます。


  ウインドショッピングをしながら散策するだけでも、軽井沢の空気を満喫出来ると思います。


  尤も、私の主観的な思いですが……。




  そして、有名な写真屋さんも……!


  素敵なドレスを着飾ってお写真が撮れると云う軽井沢写真館です。



photo 7



  下手に説明を加えるより、HPをご覧になられた方が、ご理解いただけると思います。



  そして、旧軽銀座をもう少し歩いていくと、ちょっとした森の中に……、



photo 8



  軽井沢で一番古いと云われている教会:ショー記念礼拝堂です。


  もう、十数年前だと思いますが、ここの教会で、結婚式をお撮りしたことがありますが、真夏のシーズンの8月でしたので、挙式参列者の皆様は、殆んどが別荘族の方で、教会の周りの駐車場は全て外車だらけでした。


  そもそも、新郎新婦様は、白のベンツのオープンカーで乗って来られ、おまけに、美男美女のカップルで……!


  話を盛っている訳でも、大袈裟でもなく、これが事実でした。 国産車は、私が乗って行った青い鳥SSSと云う車でした。


  この時ばかりは、お金持ちになりた~~~~い! と、痛切に感じました。




  で、軽井沢も旧軽銀座からちょっと入ると、樹々に囲まれる雰囲気があるもので、それを撮ってみましたが、ちょっと自分のイメージと違ってしまいました。



photo 9




  また、改めて、これが「真の軽井沢ダ!」と云う写真をお見せしたいと思っていますが……?






  
『写真』 ジャンルのランキング
コメント (16)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信州・上田 「稲倉の棚田」... | トップ | 軽井沢 聖パウロ教会へも……... »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
軽井沢 (おにやんま)
2016-09-19 22:39:00
テレビでしか見たことがありません。
軽井沢、いい響きですね!!

一度行ってみたいです。
おにやんま様へ (池 千之助)
2016-09-20 00:11:16
おにやんまさん、こんばんは!
早々に、また、わざわざコメントありがとうございます。

軽井沢(karuizawa)は、ここ長野から高速道で行っても、
約1時間半くらいで行けるのですが、
撮影の仕事で行く時と、単純に遊びに行く場合とでは、
気分的に全く違います。

そちらかですと、ちょっと遠距離になりますが、
是非一度、軽井沢にお越し下さいませ。

百聞は一見にしかず……、と申しますように、
ご自分の肌でお感じになられる雰囲気は最高な所だと思います。

但し、真冬はもの凄い寒さが来まして、
雪でも降って道路に積もったら、日陰は一冬の期間、まったく解けないと言われるほど、
寒さが厳しいです。

間もなく秋の紅葉も、軽井沢は天下逸品だと
自分は思っています。

また、おにやんまさんの素敵な似顔絵イラスト、
楽しみにお伺いしたいと思います。
今般は、有難うございました。

今後も宜しくお願い致します。


Unknown ( カワjoh)
2016-09-20 10:02:59
池さま おはようございます。

トリックアートの世界 3年ほど前に入りました。
息子はまだ小学生だったので大喜びでした。
愛犬も入れましたよ。勿論抱っこでしたが(^^;
懐かしい (やっほ)
2016-09-20 10:46:49
そうですよね、混雑は嫌ですが、閑散としているのも寂しいものですよね。
旧軽の様子懐かしく拝見させて頂きました。

バブル期によくいきましたが、当時は行き交う人達の姿が色鮮やかだったと記憶しています。
夏の避暑期には東京原宿のお洒落な店が出店したり、
ファッションガールだの、アイドルだのが普通に通りを歩いていたりで、そんな意味で賑やかでした。
その当時が異常過ぎたのでしょうね。

でも相変わらずの賑やかさですね。
これから10月にかけてもいいですね。
車で秋の志賀高原、草津方面に抜けるのも・・・
行きたくなりました。
カワjohさまへ (池 千之助)
2016-09-20 11:14:16
カワjohさん、おはようございます。
わざわざコメントありがとうございます。

森の美術館、お入りになられたのですネ……!
色んなトリックアートが見られて、お子様は喜ばれたのでは……!

遠方から有難うございました。

ここは、特にお若い方達に人気があるようで、
この日も女子高生などが大勢たむろしていました。

目の錯覚を利用した、オブジェなど、
考えた人は大したもんだと痛切に感じました。

そう言った知恵を持ちたいもんだと思います。
まあ、絶体に無理ですけど……!(笑)


やっほ様へ (池 千之助)
2016-09-20 11:34:06
やっほさん、おはようございます。
いつもコメントありがとうございます。

軽井沢へは何度もお越しになられたご様子で……。
有難うございました。

この日は、先々週の10日(土)でしたが、まだまだ賑やかでした。
もっとも、真夏の繁忙期に比べると、若干空きもあるような感じでした。

旧軽銀座の通りは、
今でも、モデルさんかアイドルか、美人素人さんか、分かりませんが
結構歩いていらっしゃいます。

正直、ここだけの話ですが、
通リの真ん中で、広い画を撮りながら、様子見で、
可愛い美人の女の子がファインダーごしに飛び込んできたら、
パッと、ズームで寄って、アップを撮りたいのですが、
そういった時は、いいチャンスがなく、
何気なく歩いていると、目のさめるような美人女子とすれ違ったり、
どうもタイミングが合いません。

それに、お巡りさんもそこそこ警備にあたっていらっしゃって、
「おじさん、おじさん、今、何撮ったの?」と、
職質でも受けたら困ります。

いい歳ですから……!(笑)

もう直ぐ、秋の紅葉になってくると思われます。
この長野近在のこれからの紅葉を、過去に撮った写真で、
ご案内したいと思っています。

Unknown (tane)
2016-09-20 12:44:11
池 千之助様

こんにちは池さん。

いいですね、軽井沢~っ。。。
なんか、響きがいいです。

イメージとしては、経済状況のいい方の第二のお住まいが、
たくさんあるんでしょうね。
行ったことは、ないですが、一度、散策だけでも
してみたい場所です。


taneさまへ (池 千之助)
2016-09-20 15:18:39
taneさん、こんにちは。
お忙しい中、コメントありがとうございます。

ひと頃は、避暑地・軽井沢と云われていましたが、
今は、避暑地もそうですが、観光客の多さに驚きます。

新幹線で、東京駅から軽井沢まで約1時間と云われ、
その駅のすぐそばに、プリンス・ショッピングモールがあり、
一時、アウトレットモールなんて言っていましたが、
高級ブランド品のお店もいっぱいあり、
とても全部のお店をのぞくことも出来ません。

多分、大駐車場も、季節によって土日は早くに満車状況になるようです。

taneさんのおっしゃるように、
別荘はちょっと奥に入りますと、軒並みに建っています。

悔しいかな……、
殆んどがわが家より敷地も建物も大きくて豪華な別荘です。

どんな仕事したら、こういった別荘に住めるのか、
教えて欲しいと常々思っています……!

この秋は、ここ急に寒さが来ましたので、
紅葉の素晴らしい景色が見られるのでは……、と、
期待しています。


はじめまして。 (niceshotpete)
2016-09-21 00:07:02
ご訪問ありがとうございます。
軽井沢の写真。懐かしく拝見しました。
もう30年以上も前に、よく軽井沢に行きました。
テニス部の合宿などで、塩沢周辺を我が物顔で闊歩してました。おでんち山荘とか、デフィーとか、ルート軽井沢とか、まだあるのかな?
旧軽のベルコモンズも懐かしいですね。
今は、随分変わってるのでしょうね。
時々お邪魔させていただきます。よろしくお願いします。
Unknown (懐メロ音楽・・・♪)
2016-09-21 06:09:03

池新之助さま(saki)

しばらくご無沙汰いたしまして申し訳ありません。
お久しぶりです なんとか回復いたしました

お写真だけはいつも見せていただいていました。

軽井沢も、とても懐かしいです・・・
家族と何度も遊びに行きました.

少しずつですが、私も好きな音楽を載せて生きたいと思っております。

どうぞまた宜しく御願いいたします。

     saki

niceshotpete様へ (池 千之助)
2016-09-21 07:50:40
おはようございます。
こちらこそ、コメントまで入れていただきありがとうございます。
早速、読登させていただきました。

塩沢湖近辺は、当時、テニス・コートがあちらこちらにあり、
夏合宿などで、学生さんで賑わっていましたネ。
その近在の民宿も、人手が足りなくて、大変だったようでした。

昨今、あちらへは滅多に行きませんので、分かりませんが、
塩沢湖は、「タリアセン」と言って、凄くキレイに整備されて、
観光の目玉にもなっています。
30年前でしたら、新たな装いになっていたかも……?

でも、お写真だけで旧軽のベルコモをご存知とは驚きました。
記事では、何も解説していませんが、結構軽井沢通だと思いました。

ベルコモも今は、1Fは中のお店もガラっと変わって、
昔のようなお洒落っぽい感じから、極一般的なお店になっているような、
そんな感じです。
尤も、中の通路は元のままで、裏の通リへ抜けられ、
軽井沢らしい落ち着いた雰囲気も味わえると思います。

わざわざコメントありがとうございます。
今後も宜しくお願い致します。

Unknown (saki)
2016-09-21 07:54:16
千之助さんへ

すみません

>載せて生きたい
の字が間違えていました

載せていきたい です

確認もしないでごめんなさいね・・・

     saki
sakiさまへ (池 千之助)
2016-09-21 07:58:22
sakiさん、おはようございます。
わざわざコメントありがとうございます。

ご心配しておりましたが、またこうして交流させていただけるとは、
凄く嬉しい気持ちでいっぱいです。

私も、仕事の撮影時は、中軽井沢の方でしたので、
旧軽の方へは、年に2~3度くらいだと思うのですが、
滅多に行かないのが現況です。

本当は、先に白糸の滝へ行って、その下りで旧軽に寄った……、
そんな感じでした。

これからも、sakiさんのお好きな音楽を楽しみに、
お伺いさせていただきますので、
今後も宜しくお願い致します。


sakiさまへ (池 千之助)
2016-09-21 08:04:08
重ねてコメントありがとうございます。

いえいえ、私なんぞコメントを確認してお送りしても、
ちょくちょく間違えていますヨ。(笑)

日本語は雰囲気で読みますので、
間違いはご愛きょうだと思っています。
お気になさらずに!

ご丁寧に有難うございました。

遅いコメントですが。 (niceshotpete)
2016-10-01 19:25:52
卒業後は、ほとんど軽井沢に行ってませんので、けっして通ではないですが。
ちょうど、コミック雑誌に「軽井沢シンドローム」の連載が始まった頃で、当時の情緒溢れる軽井沢の雰囲気を見事に描いた漫画でした。後半は絵もやたらマンガチックになって、ストーリーも支離滅裂になって読む気もしなくなりましたが。
 1年生の初めての合宿で、中軽井沢の駅に降り立った時の真夏なのにひんやりした空気、忘れられません。
 まだ、横川で長い時間停車して、先頭車両を2台にしてパワーアップしないと、碓氷峠を超えられなかったような記憶が・・・。
 長期の合宿で、洗濯当番になった者は旧軽のコインランドリーに行き洗濯が終わるまでの短い時間を旧軽の喫茶店などで過ごすことができました。
ロータリーから油屋さんまでの道を行ったり来たり。
すみません。一人よがりのコメントで。
ただ、懐かしく、懐かしく・・・。
niceshotpete様へ (池 千之助)
2016-10-01 20:25:33
peteさん、こんばんは!
重ねてコメントわざわざありがとうございます。
恐れ入ります。
遅いとか、そういうの全く気にしませんし、逆に有り難いと思っています。

いっぱいの想い出話し、楽しく拝見させていただきました。
碓氷峠超えの電車は今は廃止され、もうありませんが、
私も思い出すのは、東京へ行くには必ずこの碓氷峠のトンネルでした。
汽車の時代でしたので、窓を開けておくと、
煙が車両の中に入り込むので、
必ず窓を閉めた記憶があります。

私も懐かしい想い出です。

軽井沢へ初めて行ったのは、高一の冬だったような記憶があります。
例の塩沢湖(現=タリアセン)へ友人達とスケートに行ったのがそれだと思います。

そして、その翌年の夏、軽井沢プリンスホテルのガーデンで、
ブロードサイドフォーと云う黒澤明さんの息子さんのフォークバンドや、
森山良子さんが出演したライブを見に行って、
軽井沢がその時から好きになりました。

その時は、まさかその23年後に、
中軽井沢のホテルへ仕事で25年近く通うとは夢にも思いませんでした。

peteさんも、恐らく学生さんの頃、
テニスの合宿で行かれて、それから軽井沢に興味を
お持ちになられたのでは……?
そんな感じがしております。

旧軽など、あの雰囲気は何とも言えませんネ!

また、peteさんの想い出話し、お聞かせくださいませ!


コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。