……… 池 千之助   信州ありふれた写真 ………。

信州・長野県(主に北信・東信)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただき有難うございます。

志賀高原は、ツーリング・バイクがいっぱい………!

2016年10月13日 | 車・クルマ・くるま
  秋も徐々に深まっていますが、陽が短くなりましたネ! その分、昼間は太陽光が部屋に入って来てくれるので、何となくいい気分になります。


  ここ信州は、交通事故の死亡者が急増しているので、非常事態宣言がなされました。夜間の事故が多いとのことで、車のライトも対向車が来ない場合は、ハイビームにするようにとか……。で、横断歩道の歩行者には十分に気を付ける様にとのことです。


  私も、速度に十分注意して、運転に気を付けたいと思います。



  そんな中ですが、先頃、志賀高原に紅葉を見に行きましたが、あまりに紅葉景色がイマイチでしたので、横手山近辺の山並みを撮ったカーブの場所で、バイクの流し撮りを楽しんできました。


  ちょうどカーブ道ですので、左右からバイクが走行して来て、直ぐ目の前を通過しますので、堪(こた)えられません。



photo 1



  向こうに見えるのが横手山です。


  で、最初のバイクが来ました。



photo 2


photo 3


photo 4


photo 5


photo 6


photo 7


photo 8


photo 9


photo 10


photo 11



  BMW、DUCATI(ドゥカティ)、HONDA、YAMAHA、などのバイクが走行してきました。


  そして、ラストを飾ってくれたのは、あのハーレーダビットソンでした。



  手前みそですが、太陽光も十分にありましたので、ISO100で、上手く流し撮りが出来ました。



  写真右側から入り込んでくるバイクは、坂道の下りカーブですので、ライダーさんの体重移動でもう少し向こう側に倒れると思いましたが、皆さん紳士的な安全運転ですので、思っていたほどでもありませんでした。



  ライダーさんにピン合わせが出来、紅葉がイマイチだったのを忘れて、無我夢中で撮れました。



  被写体のバイクが3~5mくらいと近いので、カメラの振りも大きくなって、ピンもくるうと思っていましたが、まあまあで撮れました。


(追)記事の一部を訂正致しました。バイクに乗られている方は、ドライバーではなく、ライダーさんでした。









『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信州「志賀高原」の紅葉を……! | トップ | 十四夜の月?……。 聞いたこ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (みっく・じゃが)
2016-10-13 20:51:28
紅葉にはまだ早いのでしょうか?
バイクのオンパレードですね。
ハーレーがやはりカッコいいですね。
車を運転していて通り過ぎていくバイクは、皆さん紳士的な運転ばかりです。
コワッパとはやはり違うのでしょう。

いろいろなバイクを見せていただきました。
撮影目的外れてもタダでは置き無いですね (やっほ)
2016-10-13 21:09:48
池さんもツーリングで行かれたのですか?
photo 1に写っているバイクの向きが逆なので(笑)
ラストのハーレーはカッコよく撮れましたね。
photo 3の人がコーナー攻めをしている感じですが、
他の皆さん比較的模範安全運転ですね。
安全運転で文句ないところですが、池さんからすると
「もっと攻め込んでよ!」て思っていたに違いないと思ったのであります(笑)
みっく・じゃがさまへ (池 千之助)
2016-10-13 23:01:46
みっく・じゃがさん、こんばんは!
早々にコメントありがとうございます。

今年の紅葉はちょっと分かりません。
尤も、まだ志賀高原の一か所しか行っていませんが ……。(笑)

全般的に排気量の大きなバイクは、
紳士的な運転をなさっている方が殆んどだと思います。
みっく・じゃがさんのおっしゃる通りです。

私も、これだけのバイクを流し撮りしたのは初めてでした。
天気にも恵まれました。


やっほ様へ (池 千之助)
2016-10-13 23:27:32
やっほさん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます。

私は、高校生の時、親友をバイクの後ろに乗せていて、
事故ったもので、怪我をさせてしまいました。
ですので親からはバイク運転禁止を言い渡され、
それ以来大人になっても、バイクは運転していません。

その代わり、昔は16歳から軽自動車免許が取得出来たもので、そちらは、16歳の秋に取れました。
ですので、結果として、
当時の免許で、大型自動二輪は運転さえ出来れば乗れるのですが、
とてもとても……です。

写真1のバイクは、たまたま置かれていたバイクです。
自分は乗用車で動いています。

写真3のバイクは、ドゥカティと云うイタリアのメーカーだと思いますが、
この種のバイクに乗られている方達は、
相当のバイク好きマニアだと思われます。
今年、4月末でのカーフェスで、
このドゥカティの40代オーナーさんとお知り合いになりましたが、
彼もバイクをこよなく愛する若者でした。

やっほさんのおっしゃいますように、
もうちょっとスピード感があって、
撮っているヘアピンカーブを回って行って貰えたら
背景ももうちょっと流れていたかも知れません。

やはり、高級バイクのオーナーさん達は、
上品で紳士的な走行をなさっていました……!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。