……… 池 千之助   信州ありふれた写真 ………。

信州・長野県(主に北信・東信)のイベントや風景写真など、気楽に載せています。
お立ち寄りいただき有難うございます。

信州・松代 地蔵峠をクラシック・カーが………!(2)

2016年12月07日 | イベント・コンサート
  今日は、いいお天気でした。blog用取材に行きたいのですが、中々思ったようにいかず、相変わらず雑務のデスク・ワークに追われている状況です。



  さて今日は、先日の続編「ラ・フェスタ・ミッレ・ミリア2016」の写真を載せたいと思います。



  先日の「信州松代ロイヤルホテル」での一休憩後、このロードレースは、松代の南部に位置します「地蔵峠」と云う山越えが走行ルートになっていて、そこの峠の山頂付近の一直線の道路を狙って、カメラをスタンバイして撮って来ました。


  
  まず先に、堺 正章さん、横山 剣さん、近藤真彦さんの走行をご覧いただきたいと思います。



photo 1


photo 2


photo 3



  で、ここからはこの「La Festa Mille Miglia 2016」のロードレースにエントリーしています車の中でも、1920~1930年代の約80~90年前の年式車を並べて見ます。



  車種は、BUGATTI、 BENTLEY、 AUSTIN、 BNC527、 RALLY NCP、 MG、 FIAT などの往年の名車が、信濃路を走行してくれました。



photo 4


photo 5


photo 6


photo 7


photo 8


photo 9


photo 10


photo 11


photo 12


photo 13


photo 14


photo 15



  と、一気に並べましたが、自分が注目したのは、各ドライバーさん達の荷物です。



  前段で申し上げました様に、このロードレースは、三泊四日の豪華な旅で、お二人分ですので荷物もそこそこの量になると思います。



  各クラシックカーを見ますと、普通の乗用車などと違って、そんなに荷物が積めるスペースがあると思えません。



  中には、リックサックのような大袋に荷物を入れ込んで、車の外部に固定しているケースも見れます。



  皆さん、色んな工夫を凝らして、ロードレースを楽しまれていらっしゃるのでしょうね………!







『写真』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クラシックカーが、信州・松... | トップ | 地元高校生の企画したイルミ... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (SATOくん)
2016-12-08 08:25:55
ラ・フェスタ・ミッレ・ミリア
もう一年経つんですね。
早いですね。
堺正章さんも頑張っておられますね!
SATOくんへ (池 千之助)
2016-12-08 10:38:44
SATOくん、こんにちは!
わざわざコメントありがとうございます。

毎年、このロードレースが地元に来てくれるので、
楽しみにしています。
一年に一度ですので、この機会を逃したら、
もい一年待たなくてはなりません。

堺 正章さん、古希になられたと思いますが、
ザ・スパイダース時代の頃からと、
殆んど体型も変わらず、スマート振りをご披露していらっしゃいました。
大したもんだと思います。

マッチさんは、何だかんだ言っても、根本的に、
芸能人のオーラが備わっているんでしょうね!
一般人の我々と、歩く姿が違います……!


スターたち (かなこ)
2016-12-08 10:40:23
池 千之助さん今日は。
オープンカーなので寒かったでしょうね。
皆さんお元気で何よりでした。

荷物はホテルに送るが今流のようです。
お天気が良くって良かったですね。
かなこさまへ (池 千之助)
2016-12-08 12:38:16
かなこさん、こんにちは!
いつもコメントありがとうございます。

かなこさんのおっしゃるように、
ドライバーさん達の荷物は、別便で送られるのでしょうね!
他人事ながら心配してしまいました。(笑)

それに、皆さんの車は年式が古いので、
日頃からメンテの整備はしっかりなさっていらっしゃると思いますが、
万が一に備えて、後からキャリアカーもついて行ったようです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

イベント・コンサート」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。