天使の寝顔

夫と離婚し二人目の子を出産。
幼い息子と娘を持つシングルマザーになりました。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

*27* 自己破産

2008年08月08日 | 浮気・借金
その頃、夫は自分の借金について、メールで私に相談してきた。

夫はほとんど家に帰ってこないので、直接顔を合わせることもなく、肝心なことも全てメールでやり取りしていたのだが。

内容はこうだった。
「借金払えそうにないから、自己破産しようと思うんだけど、どう思う?」

私は、「できるんならそうしたほうがいいんじゃない?」と言った。
でも、夫は以前の話し合いの時、借金は全部で100万くらいと言ってたから、その金額では自己破産はできないだろうと思った。

それから、夫は司法書士に相談したらしく、案の定自己破産は無理と言われたと言ってきた。
そして、債務整理でおおまかに計算すると、月に7~8万という金額で3年間で払い終えなければならないと言われたらしい。

私はそれはおかしいな、と思った。

債務整理を司法書士に依頼する時は、債務先1件につきいくらという計算で報酬が決まることが多いらしく、小額で一括で返済できそうなものや、
金利が低いものは債務整理に含めるとかえってお金がかかってしまう場合があるので、私は自分なりに計算しようと思い、夫に、
正確には一体いくら借金があるのか、何箇所から借り入れしているのか、そしてそのひとつひとつの金額を教えてくれるよう頼んだ。

しばらくすると夫から、その明細がメールで送られてきた。

あるわあるわ・・・11件のローン会社に合計350万円余り、借金があった。

この大嘘つき・・・本当に最低な男だな。

あの時あの話し合いの、あの状況ですら、まだ大嘘ついてたんだな。
信じられん。

あの時「精神的にもおかしい」と自分で言って、話し合い中ずっとうなだれてたけど、あれも嘘なんじゃない?
役者だよね。

もう夫の何もかもを、信じることができなかった。

けれど借金を放っておくわけにはいかない。

借金の催促は、家にまで担当の人が直接くるまでになっていた。
夫が催促の電話を無視し続けるのため、連絡が取れないからだ。

さらには、夫に連絡を乞う、仰々しい電報まで家に届く始末。

でも月7~8万の支払いはキツイな・・・。
まだ温真小さいし、私も働けない。

それに私は、少なくとも3年くらいは、育児に専念したいと考えていたし、そうするために今までずっと一生懸命働き続けてきた。

赤ちゃんは生後6ヶ月から保育園に預けることができるそうだけど、とんでもない。
絶対にイヤ。 そんなに小さいうちから、預けるなんて。
温真にだけは、寂しい思いをさせたくはない。

私はその気持ちを夫にメールで伝えた。

夫はもう一度、自己破産できるかどうか、司法書士に相談すると言った。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« *26* 寄るだけ | トップ | *28* 夫婦の保証 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。