ロシア日記

~ペルミより愛を込めて~
日本語教師と雪のダローガと足跡

~サンクトペテルブルグ~
雪の上の足跡

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ロシアの店員

2017年02月24日 | 日記
  ロシアのスーパーマーケットも愛想の悪い店員を見つけることには事欠きません。スーパーマーケットはペルミ時代から私のなるべく行きたくない場所の一つです。サンクトペテルブルグに来た当初も家の近くのスーパーマーケットを訪ねると感じの悪い女の子の店員が列に並んでよそ見をしていた私に対して順番が来た合図として、買い物かごをレジの台の上にドンドン叩いて番が来たことを知らせてきたことがあります。私はよそ見をしていたので、一瞬何事かと非常に驚き振り返ると彼女が怒りの形相で私を睨めつけてきていることがわかりました。なんて恐い女の子だろうと思いました。けれどその後その近くのスーパーマッケットに通うたびに、挨拶とありがとうを言い続けていたら彼女がある日笑ってくれたのです。高額紙幣を出した際のおつりも外国人の私がちゃんとわかるように札を一枚ずつ数えて親切な対応をしてくれるようになったのです。
  私の尊敬するラジオパーソナリティの女性が誹謗中傷してくるリスナーには愛で返すと言っていました。そうすると相手の悪意が吹っ飛び愛が返ってくるそうです。

写真は雨に揺れる夜のカザンスキー聖堂です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロシアの人々 | トップ | 3月の雪。 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (reishin)
2017-03-07 12:36:41
あ~この写真の景色・・いまや懐かしい。
さきほどもGoogleMAPで界隈を見て感傷にひたっていたぞえ!
人がよいけど、愛想笑いはしない・・ってかんじかね?!たしかに仏頂面のひとが多いよなw

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。