パンクと釣り

オールドタックルでのバスを中心にした釣行記
ハードコアパンクバンドNERDとCARCASS GRINDERの活動

GW旅行記② 大台ケ原山

2017年05月19日 | 
高いタクシー代を払って何とか大台ケ原ビジターセンターについたころは雨まで降りだして何も見えない状態でした。

とりあえずこの日の宿である心・湯治館にチェックイン。

風呂にも入れてさっぱり。

食事もおいしかったです。近畿の米は非常においしい。

昨日に引き続きぐっすり眠りました。


翌朝起きてみると快晴!

それでは行ってみましょう。



まずは明るい森のなかの緩やかな遊歩道をのんびり歩きます。

しばらくするとやっと登りとなり稜線に出ると展望台が現れます。


展望台より雲海

昨日の雨のおかげか久々に雲海を見ることができました。

最高峰の日出ヶ岳に向かいます。

そして山頂からは360°の大展望!







海や大峰山などが見えないは残念ですが、雲海好きとしてはうれしい山頂となりました。

次は正木嶺へ向かいます。









笹原と白骨林のさわやかな風景が続きます。


一旦樹林帯に入り、大蛇嵓を目指します。


大蛇嵓

本来なら真正面に大峰山脈が横たわるのですが、この日はガスで見えませんでした。

しかし、これはこれでかなりかっこ良し!


うっすらとガスの中に岩峰が浮き上がります。


しばらくすると右側に大岸壁が出現!

ゆるーい笹原の散策路から突然迫力の岸壁と、なかなか楽しませてもらえました。


その後はシオカラ谷で一息入れます。


ここから先は原生林の中の急登となり、これをクリアするとスタート地点の駐車場に戻ります。

食事処で旨いくずもちを食べて大台ケ原山の山旅終了。

天気にも恵まれて良い旅となりました。

いやいや、大峰のついでぐらいの気持ちで訪れた山でしたがかなり良かったです。

日出ヶ岳や正木嶺辺りは木道が整備してあり天候が良ければ軽装でもOKなので登山者以外の人も是非立ち寄ってほしいですね。


こうして近畿の旅は無事終了して博多へともどりました。

いろんな景色と人々に出会えた良い旅だったといえましょう。

大満足で帰って来れました。


しかしGWはまだちょっと残っているのです。

というわけで九州のちょっぴり遠い山へと単身行ってまいりました。


志々岐山編へと続く。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GW旅行記①大峰山 | トップ | GW旅行記③ 志々岐山 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。