歯産管理 サイトウ歯科院長ブログ

患者さんのお口の健康を守る為に

第9回国際インプラント矯正学会in 神戸 インプラント矯正が熱い(3)

2017-07-12 18:12:51 | 日記

今回一番衝撃的だったのは特別公演2で公演されたUCLAのDr. Won Moonのスピーチで演題は「Non-surgical orthopedic corrections with micro-Implants:
Breaking the rules and expanding the boundaries」内容はMaxillary Skeletal Expanderという上顎骨拡大装置を使用して外科処置を行わずに上顎を拡大し歯を並べようというお話でした。通常、歯を並べるには顎のサイズが小さい場合どうしても歯を抜かなければならないケースが多くあります。よく、「歯を抜かない矯正治療」とか宣伝している歯科医師もいますが、顎が小さいのに無理に歯を並べると後で大きく後戻りしたり、歯の外側の骨が薄くなって将来的に歯周病になりやすくなったり色々とデメリットがあるので、顎の外科手術を行わない限り通常は歯を抜いた方がいい場合は歯を抜いて矯正治療を行うのが学会での常識です。しかし、Dr. Won Moonの開発した装置は大きな外科処置を行わずに顎のサイズを拡大するため本当の意味での「歯を抜かない矯正治療」が可能になります。しかもこの装置、日本でも認可が通って使用可能です。矯正治療の進歩を感じることができた1日でした。

この記事をはてなブックマークに追加

第9回国際インプラント矯正学会in 神戸 インプラント矯正が熱い(2)

2017-07-09 09:52:04 | 日記

今回の国際インプラント矯正学会では特別公演として何人か著名な先生に来ていただいていますがその中でももっとも実力があるのがドイツのDr. Benedict Wilmes先生です。今回の講演では「Palatal T ADs with exchangeable abutments in orthopedic and orthodontic treatment work」として口蓋(上顎の内側)に矯正用インプラントを使用して様々な治療を行った症例を多く見せていただきました。どの症例もしっかりとした理論に裏付けされておりシステムとして完成されているものばかりで単に固定源としてインプラントを矯正治療に応用するだけでなく、従来普通の矯正治療でできなかったことをインプラントを矯正治療に応用することによって治療範囲を広げ、しかも確実に結果を出しておられました。インプラント矯正治療の利点を改めて認識することになりました。



この記事をはてなブックマークに追加

第9回国際インプラント矯正学会in 神戸 インプラント矯正が熱い(1)

2017-07-03 15:36:41 | 日記

週末は地元関西で開かれた国際インプラント矯正学会に参加してきました。暑かったですが会場はインプラント矯正で熱かったです。インプラント矯正学会といっても何のことだかピンとこないと思いますが、歯列矯正治療を行うにあたって歯を動かすには基本的に歯と歯を引っ張りあって歯を動かします。なので歯を思った方向と距離に動かすにはかなり綿密な計算のもと、治療計画を立てるのですが、それでもなかなか思い通りに歯が動いてくれない、あるいいは動き過ぎてしまうなど、治療が複雑になりがちです。しかし、矯正用アンカースクリューと呼ばれる矯正治療用のインプラントは歯と違って動かない確実な固定源になる為、今までの矯正治療の常識を覆すことになりました。インプラント矯正治療によって、より治療期間を短く、より確実に矯正治療を進めることができるようになり、今まで以上に患者さんの負担は減る傾向にあります。当院でも10年ほど前からインプラント矯正は行なっておりますがより優れた矯正治療システムが毎年のように登場し当院でも順次採用し、治療システムを更新してまいります。今回の学会でもいくつか画期的な治療システムを学ぶことができ、とても有益な時間となりました。その内容についてはまた次回、、、


この記事をはてなブックマークに追加

情報格差

2017-05-07 22:17:13 | ブログ

久々のブログ更新です。最近当院に歯ぎしりや噛み締めが原因でお口のトラブルが生じ、来院される患者さんが増えてきたような気がします。ためしに、他の先生に聞いてみたのですがやはりそういった患者さんが増えている実感があるそうです。歯ぎしりや噛み締めがあると歯が極端に削れている、あるいはあごの骨が隆起しているいる、舌の側面がギザギザになっているなどの症状が認められるのですが、患者さんの自覚症状はほとんどないので歯ぎしりや噛み締めが原因で歯を失っていくという事実はなかなか理解し難いようです。その結果、説明してもなかなか治療につながらず放置されている方が多いようです。また、歯ぎしりや噛み締めが原因で歯が痛くなったり、歯周病が悪化したり、詰め物が取れたり、顎が痛くなったり、歯の側面が崩壊してきたりしても、症状が引けばまあそのままにしている患者さんも多くおられます。通常、患者さんの多くはお口の健康についての知識があまりなく、CMで虫歯や歯周病の怖いというイメージだけを植えつけられて意味のない高価なデンタルリンスや歯磨き粉を使用させられていることが多いでしょう。歯医者と一般の方との情報があまりにも乖離していてなかなか治療内容を説明することが困難になっています。しかし、不思議なことに患者さんの中には歯科医療の一般的な知識説明するとすんなり理解され、賢明な治療内容を選ばれる方もおられます。なにが違うのかはっきりとはわかりませんがインターネットや書籍、テレビなどから多くの情報が得られるようになっていますが、その中からより真実に近い情報を選び取るスキルの差が人によってかなりあるようです。自分自身、歯科医療の勉強をしていていつも圧倒的な情報量に圧倒されます。まるで高い山を手探りで登るような感じでなかなかこれが正解かどうかわかりませんがプロとして正しいルートを登れるようにしないと患者さんを巻き込んで遭難してしまいますから、絶え間ない努力が必要だと改めて感じる今日この頃です。ちなみに歯ぎしりや噛み締めに対する治療は噛み合わせの診断ののちにマウスピース、歯の調整、補綴(被せ物による調整)、歯列矯正治療などが世界的に見ても一般的な治療となります。

この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2017-01-01 00:00:58 | 日記
by small science
あけましておめでとうございます 昨年、腸内フローラと呼ばれる腸内部の細菌群とからだの健康との関係についてのテレビ番組や記事を多く見ました。同じように口の中にも口腔内細菌フローラが存在し、それらとお口の健康は密接な関係があることは歯科関係者に中では良く知られています。しかし。歯磨き粉、デンタルリンスなどに含まれる強力な殺菌剤は無作為に口腔内の常在菌を死滅させ耐性菌の繁殖を助長させる可能性さえあるのに一般の方はそれらを何の疑問も持たずに毎日使用されていることが多々あります。口腔内細菌フローラの働きは全部解明されていませんが、もしかしたらお口の健康を助けてくれている菌も多く存在するかもしれません。それらを守りつつ汚れを取るにはやはり丁寧な歯磨きと定期的な歯石除去が最も安全で効果的な方法です。今年もご自身でお口の健康を守っていきましょう。そのお手伝いをサイトウ歯科はさせていただきます。本年も宜しくお願い致します。

この記事をはてなブックマークに追加

アメリカインプラント学会 2016 ニューオリンズ 4(最終)

2016-11-18 11:07:18 | 日記

ニューオリンズでの学会も最終になります 最終日は総会でアソシエイトフェロー(専門医)、フェロー(指導医)の試験に合格した先生の認定式が行われ、午後にはパーティが開催されます。
今回愛知インプラントセンターから見事3人の先生方がアソシエイトフェローを授与され、そのうち二人の先生はアメリカインプラント学会マキシコース日本支部一期生で、日本のコースからとアソシエイトフェローを取得された初めての先生方となります。日本先生が海外で活躍することは日本のインプラント治療技術の向上につながります。ぜひ多くの先生にも頑張ってインターナショナルに活躍していただきたいと思います。それと今回、大阪で開業されていたフェローの先生が亡くなられ学会でもお悔やみのスライドに提示されていました。違うグループの先生ですが日本のインプラント技術の向上のため献身的に頑張られていた先生でこの場を借りてご冥福をお祈りいたします。

この記事をはてなブックマークに追加

アメリカインプラント学会 2016 ニューオリンズ 3

2016-11-11 18:16:50 | 日記

前置きが長くなりましたがここからアメリカインプラント学会です 日本と比べて学会会場は色彩が豊かでアカデミックでありながら堅苦しくない感じで楽しみながら勉強できるといった雰囲気です。上記の写真はロマリンダ大学で行なわれているインプラントのライブで録画でないところが臨場感があってなかなか興味深く見学することができました。また会場の中には日本では見たこともないような器具や装置が多く展示されています。逆に治療器具や治療方法が結果が良好でなくて廃れてなくなっているものもあります。その両方の意味でこういった生の情報を収集することはいい治療をするためには欠かせませんね。

この記事をはてなブックマークに追加

11月8日はいい歯の日 なぜ歯科のインプラントだけは危険? 

2016-11-09 12:11:56 | 日記

11月8日はいい歯の日です NHKでもそれに合わせて報道がありましたがタイトルを見て驚きました。タイトルは「インプラント治療後3年以上 40%余にあごの骨の病気や炎症」!? またインプラントのネガティブキャンペーンです。歯周病学会の調査報告ですがにわかには信じがたいデータです。ちなみに当院では20年以上インプラントが骨に異常がなく機能している患者さんもおられますし、専門医の更新などで学会に提出するすべての症例は3年以上骨に問題がおきいないことが条件です。歯周病に罹患している患者さんや噛み合わせが悪い患者さん、検診や歯磨きをしない患者さん、など他に問題がある状態でインプラント治療だけを施せはそうなるかもしれませんがそうでなければこんなに問題は起きるものではありません。逆にそうであればインプラント以外の治療方法を選択しても壊れてしまう確率は高いでしょう。また、インプラント治療は腫瘍等で顎の骨を失った患者さんに対して健康保健治療で治療を行うことを厚生労働省が認めています(国のお墨付きの治療方法!)。それに人工股関節や白内障のレンズなど体に埋め込む機器はすべてインプラントですが歯科のインプラントのみを危険と報道しています。確かにインプラント治療が向いている患者さんとそうでない患者さんがいますが単にインプラント治療が悪いように報道しているメディアはインプラント治療が有効な患者さんに対して他の治療法を選ぶことによって起きる不利益についてはどう考えているのでしょう?現在、日本の歯科治療は先進国よりかなり遅れていますがこのままでは、アジアにおいても歯科治療の発展途上国になってしまいそうで心配です

この記事をはてなブックマークに追加

アメリカインプラント学会 2016 ニューオリンズ 2

2016-11-08 18:10:28 | 日記

ひきづづきニューオリンズの紹介です ニューオリンズはメキシコ湾に面しミシシッピー川の河口に位置する港町で今も外輪船でクルーズすることができます。またかつてのフランス植民地時代の雰囲気を残すフレンチクオーターと呼ばれる地域がありこの季節はハロウィンとブードゥー教のお祭りで、いたるところで仮装した人々を見ることができます。また2005年にハリケーンカトリーヌによるって陸地の8割が水没するという未曾有の水害を受けたのは有名ですが元々このあたりは湿地帯で水害が昔から多いため墓地は地下に埋めるのではなく地上に埋葬室を設け、その中に葬る形を取っています。ちなみに最後のお菓子の写真は1862年よりフレンチクオーターにあるカフェデュモンド(Café du Monde)の名物ベニエで生地を油で揚げたドーナッツのような食べ物で美味しいのですが小麦に油に砂糖ですから食べ過ぎると太りそうです(笑)

この記事をはてなブックマークに追加

アメリカインプラント学会 2016 ニューオリンズ 1

2016-11-04 15:32:47 | 日記

先週末はアメリカインプラント学会のミーティングに参加するためニューオリンズまで行ってきました。ニューオリンズを訪れるのは初めてで、カトリーヌの影響で大洪水で被災した街でジャズが有名という以外は何も知りませんでした。実際に行ってみると空港ではいきなり生演奏が聞こえ、さすがにジャズの神様ルイアームストロングの育った音楽の街という雰囲気でした。街並みは古いですが活気はあり、食事はアメリカらしくボリュームたっぷりのハンバーガーが美味しかったです

この記事をはてなブックマークに追加