空の現実

禍福は糾える縄の如し

泥棒やろうたちをどうすべきか。

2010-09-30 12:10:39 | 日記
領海侵犯を平気でやらして、 黙認せざるをえなくさせて、 留めに入ると、なんくせをつけて、 戦争を起こさせて、実行支配にもちこむ。 こんな相手の術中にはまってはいけない。 どうすべきだろうか。 武力をもってあたって解決すべきか、 外交努力でもって、おさめるように要請していくべきか。 要は両方必要であろう。 武力を増強して中国海軍を凌駕する実力を備え、ひとたび戦闘となれば、 絶対に負けない実 . . . 本文を読む
コメント

南無阿弥陀仏

2010-09-29 22:05:50 | ニヒリズム
ありがとうございます。 ありがとうございます。 マックのただでもらったコーヒーおいしかったです。 ハイグレードでした。 ありがとうございます。 明日も飲みに行きます。 ただのコーヒーありがとうございます。 て、おれ、おいしいって宣伝してあげた。 おれ、いいことした。 うん、おれ、マックに恩返した。 うん、おれえらい? . . . 本文を読む
コメント

縛られる僕達

2010-09-29 07:27:59 | ニヒリズム
一般労働者には働くからお金がもらえるという システムをお上が用意しています。 そして、そのシステムの上では、働くということさえできない 人は生活保護にどっぷりつかるか、ニートになるかしかない のです。 そして、今、日本には、できうる仕事というものが少なく、 デフレまっしぐらです。その状況にあっては、このような 働くからお金がもらえるというシステムの上では、余計に デフレ、不景気が続きます。 . . . 本文を読む
コメント

願いは捨てた

2010-09-27 16:11:11 | ニヒリズム
全ての願いは捨てた。 俺は救われない。 そして、救われようとも思わない。 恵まれないアジア人の一人として、貧困にあえぎながら 生涯を終える。 その昔長屋ぐらしの浪人のように。 なぜかやる気も何もかもない。 株が紙切れになる瞬間。 何か生命の終わりのような寂しさだけがのこる。 そう個人でいえば、自己破産。 消費者金融がつぶれ、仕事は破産専門になる人も多くなるだろう。 それは、 . . . 本文を読む
コメント

諸行無常

2010-09-27 14:35:06 | ニヒリズム
あー、ウツ再発ちまつだ。 あー、もう人生おわった・・・・ 僕、何もかもやになった。 なんで、武富士つぶれたん。 なんで、・・・・ 応援してたのに。 悲しい。 資本主義国にあって、なぜに貸金が不要なんだ。 ていうか、俺30株もってたから、 どうしてくれんねん。 毎回配当楽しみやったのに、・・・ あー、まじで、30株でよかった。 まじで、よかった。 株なんてみんな買ったらだ . . . 本文を読む
コメント

お前ら全部首や

2010-09-25 23:38:11 | 我が闘争
何が、検察の判断やねん。 お前らの外交交渉が全然できてへんから、 仕事してへんからこんなことになったんやろ。 あほか、お前ら。 仙石、菅、前原、 お前ら全部首や。 もうやめろ。 鳩山が腹割って僕なら話あえたって?じゃぁ、お前変わりに 今から首相になれ。 まだましやろ。 ていうか、お前がすぐやめるからあかんのやろ。 まじで、ほんまに、もうちょっと長くしといたらよかったやんか。 . . . 本文を読む
コメント

今開戦すべきではない

2010-09-25 22:38:19 | 我が闘争
絶対的な目標として、有色人種同士で人口の減らしあいはやめろということ。 もう日本と中国は戦争すべきじゃない。 たとえ、領土を手放したとしてもだ。 あんな島くれてやるぐらいの腹でもいい。 とにかく開戦は控えるのだ。 それと、ぶっちゃけいうと、沖縄も中国は領有してくる可能性がある。 だから、共産主義国家に住みたくない人はとっとと本土に逃げてくるべきだろう。 今、世界は第3次世界大戦が起き . . . 本文を読む
コメント

日本の将来が心配

2010-09-25 20:27:31 | 我が闘争
隣の住人はやくざだった。 こんなガキのケンカみたいなこと繰り返して、 世界の笑いもの。 あのとき、サッチャーなら軍隊を率いて戦争をしたろう。 この国の極左の菅がサッチャーのように我が大日本国の栄誉と 誇りを掛けて戦えるか。 いや、できまい。 我が魂、この国の将来のためなら、捨ててもかまわない、 そんな人間実は多いはず。 なぜ、兵士として雇わない。 金がかかる。でも、その金を出すこと . . . 本文を読む
コメント

なんのためにいきてるのか日本人

2010-09-25 18:46:52 | ニヒリズム
日本人よ。 戦前の日本人はどこにいった。 あの中国と戦争していた日本人。 戦争すること事態が間違いじゃない。 しないほうがいいにきまってる。 でも、ときとして、泥棒がはいってきたら、正当防衛するように 戦わなければならないときがきっとある。 明治、大正、昭和ときて、豊かさだけを求めた平成の時代。 生きる意味、価値、誇り全てを失って得たものはなんだったのか。 喪失感。 今日ほど日 . . . 本文を読む
コメント

ああがっかり

2010-09-24 22:11:17 | 我が闘争
なぜ、この国の腰抜けどもは、途上国であるはずの 中国などに、隷属的姿勢を見せて、 服従してしまうのか。 明治、大正、昭和の頃の日本人のほうが、僕は気概と 誇りを失っていなかった。 なのに、なんたるぶざまな醜態。 自国の領海を侵犯されて、そのくせまともな取調べもせず 法治国家の体裁さえゆるがしてしまった。 それが、許せない。 何をびくついてるのだ。 こんな前歴をのこしてしまった。 これ . . . 本文を読む
コメント

国民乞食化計画

2010-09-24 09:37:41 | 我が闘争
武田教授のブログみた。 子供手当とか高速無料、 エコポイントは国民を乞食にしようとするものでけしからんと。 確かにそうかもしれんけど、僕は、違った見方してる。 乞食とかそういうのは、古い。 戦前の発想。 現代は組織より個人の時代。 個人に、自立してもらうために、国が援助することが大事な時代。 だから、乞食化政策も必要、とおもってる。 ただ、教授のいうことも正論であって、本来自分の . . . 本文を読む
コメント

いい加減ってどれぐらいかと・・・・・

2010-09-21 20:36:26 | 日記
去年の勉強方法とか精神状態とか今年と比べて、 反省した面もあって、わざとたるんで、こんつまんようにしてきた。 ストレス解消するために、いろんなことためした。 人生論とか宗教とか、自分の支えになるものを主として精神的な支柱が できてきた。 これは、今後いきていくなかで、真の財産となる。 安易に薬にたよったり、現実逃避することはなくなった。 酒や薬物に頼らないで、精神論を確立して、自分軸をも . . . 本文を読む
コメント

シンドラーのリストみた。

2010-09-20 13:37:35 | ニヒリズム
何かどうでもいいんですけど、 自由とか人権とかかなり大事なことだとおもってます。 この映画からもそれがよみとれました。 観る価値ありましたね。 とにかく、この休日という窮屈などんよりとした日々が 少しマシになったのです。 お金をすべてとおじて、なぜ、1000人ぐらいの人間を救う のかと。いうことです。 そして、そんな人は、稀な存在でしたでしょう。 それが、ある種、時代が間違っていても、 . . . 本文を読む
コメント

我が闘争②

2010-09-18 15:54:22 | 我が闘争
田中角栄が、政権をになっていたとき、日本列島改造で、 多くの貧民百姓たちが、 救われた。 土地もあがっていったから、経済全体に等しく益が及んだのだ。 土地が上がる、転売益がでる。その益で、家を買う。 設計士と建築士、デベロッパーが儲かる。 と、すべて好循環が続いていた。 しかし、それが、バブル崩壊して、その後土地の転売に懲罰的な 課税がされた。それは、不況になった今でも、なんら変えられて . . . 本文を読む
コメント

我が闘争①

2010-09-18 14:53:19 | 我が闘争
僕は、ニートの鬱々とした現実の前にふるえながら、 この国を変えようと決心した。 そして、このブログで、多くの支持者を集めたい。 まず、端的にいって、この国がおかれている惨めな現実と 既得権益者たちの改革への抵抗はぬぐいようがない事実である。 一人当たりの所得、いったいいくらまで落ちたら気が済むのか。 第1次大戦のドイツぐらい落ち込んでいると思っている。 そのとき、ヒトラーが台頭して、失 . . . 本文を読む
コメント