空の現実

心象スケッチ

長谷川豊氏の発言と世間の反応にみる教訓とは?

2016-10-01 11:31:57 | 残念な国
口は禍のもと。ツイッターやブログでもそれが当てはまる。

確かに言論の自由はあるし、何をいってもいいわけだが、
大衆の反感を買うとすぐにおろされてしまう。

俺は別に長谷川さんが言ってることは否定しませんし、
おかしいとも思わないんですが、
大衆の反感を買ってしまったようですね。

そして視界から退けられてしまう。

まさに口は禍の元という感じですか。

Aという人がこういう考えだとして、Bという人は違うこうだといっても、

別にどちらも正解とは限らんわけだし、別に議論のネタになったら
いいだけじゃないの。
こんなことで引きづり降ろされて闇に消えていくんだね。

俺も何度か炎上させてやったことはあるけど、

まぁ、有名人がやると、影響は何倍も大きいからね。

さてどうなるんだろ。長谷川さんは再起不能になっちゃうのかな?



PS

長谷川豊さんのブログをちょっとみたけど、非常に秀逸なできにしあがってる。

問題の根本がみえていて、どうしたらいいかもわかってる様子。

確かに社会保障関係費が多すぎて、俺の世代とかもっと
若い世代に負担がきつくなりすぎている。

医療関係利権と、老人の利権をたたくと本当に瞬殺される世の中です。

僕も必要以上には病院にいかないようにしてます。

年間で病院にいくのは1回2回あるかないかというレベルです。

ちょっとしたことで病院にいってしまうのは日本人の悪い癖だと思いますね。
病院に行かずにバイクぶっ飛ばすだけでストレスぐらい解消して
ウツも改善するようなもんですから。
自分で工夫してやっていくにこしたことはないですよ。

だから適度に運動したり食べ過ぎないように注意したり、
自分で、できるかぎりのことはしなあかんとおもう。
これは当たり前のことやし。


俺も健康というカテゴリーで健康についても勉強を続けようとブログ記事も書いてきた。ウツとかも甘えやし。
現実を受け入れられへん病気が、ウツやし。
自分がアホなのも認められないのがウツやし。
人間なんてみんな弱い物やし。
それを認められへんからウツになるんやし。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 俺がニート無職を続ける理由 | トップ | 民法 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事