空の現実

とうとうニートも年貢の納め時か?

3dsLL

2017-04-22 08:35:24 | ニヒリズム
原付で時速20キロ走行で3dsLLをわざと地面に落とす。

一部が破損していた。

ゲーム機は一応動いていいる。

普段時速40キロは出ている。

物理で習ったのは、たしか(1/2)mv^2が運動エネルギー。

倍の速度なら衝撃は4倍になる。

4倍の衝撃ならもっと大破していたかもしれない。

翌日にすれちがい通信で無線が反応した。

しかし、それ以後反応しなかった。

どういうことか。

道路上にあったのがトラックで踏みつぶされた。

それとも車がどこかにふっ飛ばした。

それともそもそも落ちていなくて、だれかとすれ違った。

落ちててまだ使用可能な3dsをだれかが持っていてすれ違った。

どういうことだろうか。

一生わかることはないだろう。そして盗まれたのか落としたのかすらわからない。

いままでもしかすると逮捕されて問題解決するかもしれないという淡い期待で
精神を保ってきた。しかしその心のつけを払うときが今だ。




「製造番号がわかっていようがなんだろうが、もう無理だー。

8年ぶりに殺人犯や強盗犯が逮捕されたり奇跡的なことが最近起こってるわけだが、
俺の場合は無理とおもう。そもそも警察自体が俺の事件を真剣にやってない。
これからもやってくれない。
仮に防犯カメラの映像があったとしても、おそらく捕まってないとおもう。
顔形体形が判明していても、捕まっていない犯人なんて腐るほどいる。
防犯カメラの映像があっても、逮捕されていないバイク泥棒もいる。

そもそも警察が逮捕起訴するまでにコストが100万以上かかるらしい。
1,2万のおもちゃを相手にするのは、行政の効率性からして問題と考えるのは
妥当な判断だ。もっと他に解決したらいい問題が腐るほどあるはず。
ぶっちゃけすでに警察の労力を2万以上使わせてる。
捜査させた。俺がそういう方向性にもっていったわけ。普通の人はそこまで
がめつくないからできないだろ。遺失届とかだして泣き寝入りだろ。
俺は違う。とことんがめつく警察に働かせたよ。それでもダメだった。」





そのツケを払うために、真アファメーションを作りだし、乗り越えることにしたのだ。
俺みたいな貧乏で人生の逆境のど真ん中にある人間に対して

こんなえぐい仕打ちが平気でなされた。しかし俺は乗り越える。それさえも。

真アファメーションにより悪い奴?を無視して邁進できるように精神をコントロールできる。

泣きっ面に蜂状態でも抜け出せる。


すげーだろ。俺すげーだろ。

まずゲームをやめたね。使える時間が増えたよ。そして、次に3dsLLをわざと自分で落とす。

そしてちょっと潰す。これでゲームに対する欲自体をつぶすのよ。計算づくです。
こんなもんトラウマにするに値しないことだって自分に自覚させるためにわざとするんですよ。

そんでこんなもん盗むやつが仮にいたとしてもバカだと認識するためですよ。

俺はこんなガラクタはわざとバイクで走行しながら落とせるんだぜ。

という感じでね。後続の車にぶつかったら修理代100万の恐れもあるからビビりながら

がんばって落として衝撃実験したよ。トラウマにしないために。乗り越えるために。

物の執着をたつために。執着をたつために犠牲にできることならゲーム機だって破損させる
ぐらいの覚悟ありますー。

一番恐れるべきは真実は自分が落としてただけのバカだったということ。

そして落ちた3dsは車が引いて押し出されてどこかにふっとばされた。

それが真実だということが一番恐れていることだった。自業自得じゃないかと。

それから逃げるために犯人を作り出してなんとかみつけようとした。

本当に犯人はいるかもしれない。しかしいないかもしれない。

確実に確かな真実は、3dsはもはや帰ってこないということ。

そして悪いことをしたやつがいたとしても、罰せられるわけでもないということ。


ぶっちゃけていうと、あのdsはそもそも姉のものだった。

俺が借りて紛失したのだった。つまり、俺の財産ではそもそもない。

つまり、俺の財産という枠組みではこの生涯でほとんど損してない。

しかも自分の金でかったものじゃなかった。姉の金だった。

つまりは実は僕の範疇ではほとんど無傷。自分でつくった財産失ったら
ショックだろ。300万ためた。株で0になった。

ショックだろ。自分でつくった財産ですらない。

そんなもんがなくなっても本当はたいした傷じゃない。





教訓

盗まれたらもう終わりだよ。

盗まれたくなかったら盗まれる前に気を付けて行動せよ。


テレビドラマみたいに自首してくるやつなんていない。





あの3dsは、仮に落としたとしても、拾ってネコババしてるやつが必ずいる。

3dsを落としたとしても衝撃実験の結果、大破は免れていたはず。

道路で拾ったやつがいて、ネコババしたはず。遺失物横領だ。

一人のバカが拾ってしまうことで、交番に届けてくれる善良な人がいたとしても、

そいつのせいでその機会はなくなった。

落としたとしても、誰にも拾われなかった可能性は低い。道路上で物が落ちてても、
車に踏みつけられて大破する可能性も低い。その前に通行人がいたら拾う。

道路にあったとしても、歩道に移動させてくれたりすることもあるだろう。

ということで、落としてたらほとんどネコババされたと考えるしかない。

そして、盗まれたのか遺失物横領されたのかの2択に絞られることになる。

公訴時効は3年過ぎるから遺失物横領で逮捕されることはもうほとんどなくなった。

窃盗の場合は7年だからまだ可能性はあるが、それも犯人が見つかることはないだろう。

遺失物横領の場合も逮捕はないし、物がみつかることもない。
窃盗の場合も同様。と考えるほかない。
運が悪かった。まず落としたとしたら自分がバカだった。それが致命的。
盗まれたとしても、スキをみせた俺がバカだった。

どちらの可能性にしても、管理能力が低かったと認めるしかない。

そしてハイエナばかりの世の中に出された物は食われちゃいました。

物の所有権は確かに僕にある。しかし、それが勝手に無主物だと誤解して

手に入れたら遺失物横領。犯人がだれかにあげたら即時取得されて民法192条で、

保護されるかもしれない。公訴時効が遺失物横領ならもうすぐ切れる。

即時取得されてしまえば、所有権はだれかに移るから俺がその物の所有権者だといえなくなる。

ただ民法上の不法行為の損害賠償請求権はあるわけだが、犯人がだれかわからないのだから

こんな権利はあってないようなもんだ。遺失物横領を逮捕する場合などほとんどないだろう。

3dsにGPSもないし、しょせんはおもちゃでしかないのが致命的。

結局一番悪いのは自分だとおもう。管理能力が乏しかった。仮に置き引きにあったとしても、

スキをみせて盗ませてしまったのは俺だ。遺失物横領だとしても、落としたのはそもそも
あほな俺だ。そもそもお尻のポケットに入れながらバイクに乗ること自体があほだった。

拾った物をネコババしてしまうのもまぁ、自尊心のない稚拙な精神年齢の人間には仕方ないこと
である。警察に届けるということをしない。してくれない。

そうだとしても、一番悪かったのは俺だ。世の中人間のできたものばかりじゃない。

一歩出ればハイエナの群れなのに、そこでちゃんと管理しなかった俺が悪い。

俺の身から出た錆だ。

しかしこの経験で犯罪被害者の気持ちは当事者としてよくわかる。

この経験を糧に飛躍とするか、自滅の材料とするかは、私の意識次第だろう。

ゴールを目指して前進をやめない俺は当然これを飛躍の糧とする。





































ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 悔しー | トップ | 洗脳 »
最近の画像もっと見る

ニヒリズム」カテゴリの最新記事