空の現実

心象スケッチ

戦争は時として必要なこともある。

2017-05-14 16:40:20 | 我が闘争
 歴史上戦争はいつもあったし、植民地が解放されるときは、

戦争を普通はする。インドネシアの独立も戦争で勝ち取った。

戦争が完全に間違いであるとは到底言えない。

インドネシアは戦争ではじめて独立を勝ち取った。

世界の国々も最終的に銃を手にとって独立を勝ち取ったのだ。

戦争が完全に悪で絶対にやってはいけない場合ばかりじゃない。

正しい戦争も当然ある。

こんな簡単な理屈もわからない人が多い。


正当性があるならやってもいいのだ。


ボクサーが殴る。正当性があるからいいのだ。

医者がメスを使う。正当性があるからいいのだ。


全くそれと同じことであり、戦争といっても、正当性がある場合は正しい行いになる。


釈迦が何を言おうがキリストが何をいおうが、これは完全無欠の真理である。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武田邦彦 | トップ | ベーシックインカムは無理筋 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む