空の現実

心象スケッチ

憲法改正は9条のみ議論すべき。

2017-05-03 20:49:22 | 我が闘争
9条2項を削除する。この1点のみで終結させるべきである。

これ以外をいじくるのであれば、私は国民投票で反対票を投じる。



個人的に思うこととして天皇についても、いじるのは良くない。
象徴を元首に格上げするというのも、不必要。

元首は国民全員であるべきだと考える。国民主権であるならば、元首がいること自体がおかしい。
直接民主制の小規模自治体は町村総会で、全員が主権者として行動できる。

それを国全体に拡大すれば、

元首は国民全員であるべきではないか。

そうであれば、天皇は象徴として存続させるということ。

首相公選制が仮にできれば、元首は、首相となるだろう。

そうなったときに、天皇と、首相とどちらが元首かという議論になるだろう。

そのときも、国民主権であれば元首は国民全員であるべきという方向性でいくと、
元首であるべきなのは天皇よりもむしろ首相である。

であるから、元首というものを軽々しく天皇にあてはめるべきではなかろう。

現行法でいえば、天皇は元首ではないし、あくまで象徴でしかない時代の遺物のようなもんである。

時代の遺物であっても歴史的に価値がありそうな家系だから残してあげるべきじゃないの

ということで象徴として残してあげるということだ。

天皇を存在自体なくすことも可能性としてはあるだろう。

しかし、なくすまでしていいのか。大和朝廷がはじまってから何年たってるか知らぬが、

これだけ続いた家系を絶やすのは対外的に惜しい。
これまでどおり、外国相手に威信を示すために残すべきだろう。

天皇家を残していくというのは新潟でコウノトリを保護していくのと同じような意味がある
のではないか。逆に言えば、ぶっちゃけていえば、別になくてもかまわないぐらいのもんでしかない。
正直言えば、天皇がいようがいまいが、俺には関係ない。
天皇にいてほしいかいてほしくないかと聞かれたらどうでもいい。

そもそも、天皇がどういう経緯で日本の天皇になったのかを歴史的にも解明されていない。

本当は、朝鮮人、中国人の輩が縄文人を殺しながら征服した征服王朝であるとも考えられる。

そうであれば、なおさら天皇など残しているのはうざいだけじゃなかろうか。

天皇が何者なのかも明らかにしないこの国の支配層は、国民をなめてかかっている。

親しんでほしければまずDNAを明らかにして自分が弥生系統なのか縄文系統なのか

明らかにすべきだろう。もし、弥生なら、縄文でないなら、本当に朝鮮半島にでもかえれば

いいんじゃなかろうか。それぐらいのもんでしかない。


※私の個人的願望として、天皇家のY染色体系統は、縄文であってほしいということ。

弥生であったなら、古代にすでにこの国は弥生の中国朝鮮系統に支配されていたという

決定的証拠になる。すでに日本は古代から中国人に凌辱されつくした国だということになり、
我々はその卑しい制服された国民ということになるからだ。

天皇家の先祖が朝鮮人なら、朝鮮人は歓喜して喜ぶだろう。俺たちの先祖が縄文人

を屈服させて日本を作ったんだと誇らしげに語るに違いない。そうなってほしくないなー。



そういうわけで、今の日本で憲法改正で現実可能性があるものであり、なおかつ、

変えて一番この国がまともに変わる費用対効果が高いのが、9条2項削除のみ

であると結論づけるものである。

というのも、この国は、国民主権の意味がわかってるのかというぐらい国民軽視の姿勢が
ちらほら見える。

東北に電力を頼りながら、被災で放射能被害が出ても、東北でよかったねというのが本音である。

沖縄に基地を負担させながら、沖縄だからしかたないねというのが本音である。

原爆が広島長崎におちても、地方でよかったねというのが本音である。

沖縄戦があったとしても、沖縄だから捨て石にしたらいいというのが本音である。

本土決戦は、自分たちが死ぬからやめちゃいますというのが本音である。


地方を犠牲にして、天皇が生き延びればいい、天皇に近いエスタブリッシュメントが生き残ればいい。

そのために犠牲になるのはいつも地方である。沖縄である。福島である。

ふざけたこの国の態度をなおすためには、国民主権を明確にする。

そのためにも天皇は象徴以外のものであってはならない。

国家元首などというものにするから天皇中心で地方切り捨てが当たり前になる。

そういうわけで、天皇を国家元首にするような憲法改正は絶対に俺は認めない。

憲法改正案には反対票を投じる。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 意味もないけど仕方ない | トップ | 本気でやる気かよ。 »
最近の画像もっと見る

我が闘争」カテゴリの最新記事