空の現実

心象スケッチ

日本はなぜ中国を敵視するのか?

2017-06-20 14:11:02 | 我が闘争
白村江の戦い。防衛戦争。敗北。

元軍との対戦。防衛戦争。勝利。

豊臣秀吉の朝鮮出兵。侵略戦争。敗北。

日清戦争。勝利。

日華事変。敗北。

秀吉の朝鮮出兵で負けた腹いせに、明と険悪になった
日本は、琉球にあたりちらす。
そして島津の琉球侵攻。
琉球が中国を攻めたことなど一度もない。

日本人は歴史上4回以上ある。
この殺し合いをしてきたという歴史が中国に対する潜在的な敵視につながってるのか。

沖縄の大田昌秀氏は生前中国は脅威じゃないと言っていた。

歴史的に考えてもそうなるのかもしれない。

しかし日本人は絶えず戦争してきたから中国はなぜか脅威とみる。

そういう潜在意識の差が沖縄の基地問題につながっているような気はする。









ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 日本は韓国以下だ。 | トップ | 沖縄県元知事、太田昌秀さん... »
最近の画像もっと見る

我が闘争」カテゴリの最新記事