空の現実

心象スケッチ

初詣いこうとおもってやめた

2017-01-03 15:29:46 | ニヒリズム
めんどくさい。

去年の2月ごろ京都にいってた。

そこで伏見稲荷神社とかいってたんだよな。







そこで願いがかなう石みたいなのがあって、
それを持ち上げて、
自分が思ったよりも軽かったら願いがかなうとかいう石だった。

実際に石を持ち上げてみた。

たぶんめちゃ重いんだろとおもってもったらやっぱりかとおもった。

それでこの意味がわかった。
これぐらいの努力でいけるやろとおもって実際の現実とむきあったときに、
それぐらいの努力でいける結果がでれば願いがかなうっていう当たり前の理屈を
再現させているだけのことだった。

たしかに同じ原理だ。

行政書士試験をとっぱする難易度が現実であって、
それがどれだけ重たいかが自分の実力であって、
自分の実力のほうが足りなければ、重くなる。

俺が受かるとしたら、この石のおかげなのか。

めちゃ重いと覚悟してもちあげたらやっぱり重かったが、

ま、そんな程度だろとおもった。
この石のおかげで俺は合格できるのだろうか。

それとも落ちてるのだろうか。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 年収400万の君は世界のト... | トップ | 加古 隆╱パリは燃えているか »
最近の画像もっと見る

あわせて読む