空の現実

心象スケッチ

祖父母の世代が死んでいって・・・

2017-07-16 00:29:21 | ニヒリズム
祖父母の世代が去年最後の一人が死んであの世にいきました。

その世代も次々にあの世にいくことでしょう。

思うに人間いつか死ぬのだから、別に短命であろうが長命であろうがどうでもいいのではないかと。

本土決戦をしたほうがよかったのかしないほうがよかったのかという議論があるわけだが、

ほんとに別にやっててもよかったと思うね。

どうせ長生きしても本当に苦しそうに死んでいきます。

下手に延命治療するともう苦しいのが長引くんです。

戦争であっさりと死ぬほうが楽かもしれません。


ヒトラーTシャツを堀江貴文が着ていて批判があったようですが、

ヒトラーが悪だと決めるのはただの妄想だとおもってます。

ヒトラーは必要悪として生まれてしまったのでしょう。

ヒトラーに罪はないのかもしれません。

ヒトラーと東条英機が世界の覇権を握ったほうが世界中マシになってたかもしれない。

ヒトラーと日本人たちが、暴れまわったのも世界中の富が分配されてないだろという

怒りでしょう。富の偏在の問題なんて現在の世界でも解決されずに続いているのです。


ドイツやイタリア、日本は、出生率が連合国側の人間よりも極端に低くなっています。

負け組だからです。日独が負けたために富の偏在の問題の解決がされなかったのです。

いまだに白人の富の独占。ユダヤの独占。は続いてます。


ヒトラーがユダヤを抹殺したくなるのも当然だったのです。富の偏在を引き起こしてきたのがユダヤだったからです。

結局ユダヤの台頭を許したために、中東問題に発展しました。イスラエルが勝手に建国されたために

エジプトとシリアやイランなど周りの国がぶちぎれて今も問題解決してません。

結局日本が本土決戦でもしてアメリカを壊滅させて世界の覇権を大日本帝国が握るぐらいのことを

実現しなかったために、富の偏在からいまだにテロが頻発することになってなんら世界はよくなってません。


あのとき俺の祖父母の世代が沖縄に続いて1000万人死んでくれてくれていたら、ベトナム戦争だって

朝鮮戦争だって起こってないのです。

共産革命もロシアで止まっていたはずなんです。

沖縄の米軍基地問題も起こってません。当然アメリカは撤退させられていたでしょう。

この責任は重大だと考えます。

まぁでもアメリカを日本が本気で潰してたら、共産主義と戦う戦力が削られていたことでしょう。

アメリカが日本を潰してしまったことで自分たちが、共産主義と戦争することになってしまった。

日本が血を流して共産主義から守っていた領土獲得の成果も全部無駄にして結局北朝鮮をアメリカが作り出してしまった。

日本が本土決戦して血を流さなかったことで、朝鮮やベトナムで血を流すことになってしまった。

台湾も中国の一部にはなりたくないと言い続けます。

本当は、蒋介石は台湾に逃げずに、日本と和睦して共産主義と戦うべきだった。

蒋介石や日本やアメリカは、結局共産主義勢力拡大のために、戦わなくてもいいのに戦ってしまっただけだった。

今でもノーベル平和賞受賞した中国人は、自由も人権もなくガンになるまで監禁されてガンになって追い出されて死ぬだけの人生です。

まぁ現実、現時点においては、日本は自分の国の今ある領土をまずは自分で守れるような国にならないと話にならん。

アメリカに頼り切るような態度ではあかんと思うね。本当は核シェルター作ったりいろいろすることあるんちゃうかな。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 対米隷属 | トップ | トランプの敵は何か »
最近の画像もっと見る

ニヒリズム」カテゴリの最新記事