空の現実

心象スケッチ

日本は肝心なところでバカになる

2017-07-17 10:56:54 | 我が闘争
ポツダム宣言受諾で、軍隊無条件降伏=軍隊没収されて日本は無条件降伏したと報道された。

軍隊をなくせばやはり、国としての機能が停止させられてしまう。

ポツダム宣言受諾はまずかった。

交渉能力は日本は非常に低かった。

現在の日本も相も変わらず交渉能力は低い。

ポツダム宣言受諾もサンフランシスコ講和条約も戦後の憲法制定も全部交渉能力が異常に低いことをあらわしている。

憲法9条を飲むあたりが頭が悪すぎる。憲法9条でどうやって国を維持していく気だったのだろうか。

高校生・大学生がつくったような憲法だ。本当に本土決戦をしておくべきだったと思うね。

こんなにも卑屈な戦後を迎えてよくいままでやってきたとおもう。

日本はそろそろまじめに、軍事力がなくても国が成立するのか一度考えてみることだ。

韓国の状況をみて軍事力がなければ平和も経済も成立しないことぐらいわかるだろう。

自衛隊が軍隊であるかどうかはどうでもいいが、軍事力はやはり必要不可欠。

憲法がどう書いてるかにかかわりなく基本は変わらない。

別にアメリカは日本が憲法を改正しようとも批判はしない。自分の国のことなのだから
自分で決めるべきだろう。

トランプはアメリカファースト。日本のことなど守る気などさらさらないはずだ。

自分の国を守る気がないなら、日本という国をやめたらいいんじゃないか。











ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 国は軍事力なしに成立するか? | トップ | 戦前の日本と戦後の日本 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む